停滞期を打破して売り上げ4倍を実現したAmazon専門コンサルティングに迫る。

柏木まなみ [PR]

EC事業者にとって、Amazonは必ず押さえておきたいプラットフォームのひとつだ。しかし、「これから始めようと思うけれど、何をすればいいのかわからない」「長年出品しているけれど、売り上げが思うように伸びない」と悩むEC事業者は多いだろう。

アグザルファ株式会社は、国内初でAmazonコンサルティングを開始したパイオニア企業だ。

Amazonに出品するEC事業者のサポートを10年近く行い、サポートしたEC事業者が「検索結果No.1」や「売れ筋ランキングNo.1」の獲得はもちろん、「Amazonランキング大賞」や「Amazonマケプレアワード」といったAmazonの数々の賞も受賞するなど、多くの実績を上げている。

今回は、同社の「Amazon専門コンサルティングサービス」を利用する株式会社ウィニーズ・ホールディングスに「サービスを利用するメリット」を伺った。

取材に参加したのは、株式会社ウィニーズ・ホールディングス 代表取締役社長の尾田 雅史氏と、カーパーツ事業部の大石 太子氏。アグザルファ株式会社 シニアコンサルタントの佐藤 麻澄氏と、広報マネージャーの鈴木 奈津子氏。この4名の対談の様子をお届けする。

「何をすればいいのかわからない」の状況を打破するために

カー用品の専門店「fcl.」Amazonストアページhttps://amzn.to/35lYuS5

ーーまず、株式会社ウィニーズ・ホールディングス(以下、ウィニーズ・ホールディングス)について詳しく教えてください。

ウィニーズ・ホールディングス 尾田氏:弊社は1996年に創業し、2007年からEC事業をスタートさせた企業です。カー用品の専門店「fcl.」、木製家具ブランド「人と木」、日本のモノとコトをあつめたセレクトショップ「monokoto store」を運営しています。

「Amazon専門コンサルティングサービス」を利用しているのは、2009年頃から運営をスタートした「fcl.」です。車をカスタムするのが好きな人に向けて、車やバイクに取り付けるHIDライトやLEDライトを扱っています。現在は、おかげさまで Amazonだけで月に2,000〜3,000万円ほどを売り上げています。

ーー「Amazon専門コンサルティングサービス」を利用する前は、どのような課題を抱えられていたのでしょうか?

ウィニーズ・ホールディングス 尾田氏:2013年にAmazonへの出品をスタートさせてから、知識がないなかで模索しながら、なんとなく数字が伸びている状態でした。

しかし、2016年頃からパッタリと伸びが止まってしまい、停滞に悩まされていたのです。現状を打破したいけれど、そもそも何をやったらいいのかわからない。知り合いにAmazonに関する知識をもっている人はいないし、インターネットを探しても情報は見当たりません。動きたいけど動くための策がなく、行き止まりにぶつかる感覚でした。

そんな中「何か打つ術はないか」とインターネットで調べていたところ、Amazon専門でコンサルティングをしているアグザルファさんがあると知ったのです。

アグザルファ 佐藤氏:2017年5月に弊社のセミナーに参加されて、7月に契約してくださりましたよね。

ウィニーズ・ホールディングス 尾田氏:そうですね。セミナーで話を聞くなかでAmazonに対する深い知識・知見をお持ちだと感じたので、停滞している状況を打ち破ってくれるかもしれないと思いました。

あとは、セミナー後にアグザルファさんの担当者と話をしたとき、「広告など費用のかかる対策だけではなく、あくまでも事業者の利益を考慮したサポートを行っている」と聞きまして。EC事業者に寄り添ってくれるスタンスで、頼れる存在だと安心できたことも契約した理由のひとつです。

「Amazon専門コンサルティングサービス」の利用で、売り上げが3〜4倍に!

Amazon専門コンサルティングサービス
詳細はこちら:https://ecnomikata.com/docrequest/service/203584/59/

ーー「Amazon専門コンサルティングサービス」の内容について、詳しく教えてください。

アグザルファ 鈴木氏:弊社のサービスには、「運用代行プラン」「コンサルティングプラン」と2種類のプランがあります。

「運用代行プラン」は、Amazon内SEOの強化、売上・競合分析、商品ページの最適化、商品登録、販促対策をはじめ、変化の早いAmazonシステムを最新情報へ反映、広告運用の最適化など、戦略立案から施策実行まで、すべて弊社側でスピード感をもって進めていきます。Amazonの運用にリソースを割けなかったり、そもそも運用の知識がなかったりするEC事業者様にご利用いただくことが多いですね。

一方で「コンサルティングプラン」は、その名の通り、コンサルティングが中心です。作業自体はご契約者様で進めていただき、弊社は施策や改善点などをコンサルティングしていきます。自分たちの手で進めることで運用の経験を積みながら、知識を蓄積したいと考えるEC事業者様にご利用いただいています。

株式会社ウィニーズ・ホールディングス 代表取締役社長 尾田 雅史氏

ウィニーズ・ホールディングス 大石氏:弊社が利用しているのは「運用代行プラン」です。商品登録などはまずは自分たちで行い、広告運用や売上分析、販促対策施策の提案などについてはアグザルファさんにお願いをしています。自分たちで対応した商品登録などは、後ほど佐藤さんに確認してもらい、フィードバックをいただいて改善を進めていきます。

また、Amazonの運用に関して、相談したいことがあったら担当の佐藤さんにご連絡し、回答いただいたアドバイスを参考にしながらも一緒に今後の戦略を考えたりもしています。Amazonの最新情報が出たときは、すぐに共有してくれるのでとても助かっています。

ーー「Amazon専門コンサルティングサービス」の利用が決まったとき、まず何から行うのでしょうか?

アグザルファ株式会社 シニアコンサルタント 佐藤 麻澄氏

アグザルファ 佐藤氏:ご契約者様によりけりですが、まずはAmazonでの各種設定について全体的に見直しを行います。システムが複雑になっている部分もあり、配送関係や決済関係などの基本事項なども含めて、様々な箇所で設定を見直し、幅広く改善を進めていきます。

ほかにも、売れる商品ページへの改善をするため、土台部分を固めていきます。具体的には、Amazon内SEOの最適化に向けて、商品情報の充実化を図ったり、Amazonに適した商品画像へ差し替えたり、バリエーションの整理を行うことをはじめ、多岐に渡ります。

広告運用されているご契約者様は、現状の広告費に対して効果が見合っているかを含め、最適な設定に変更することもあります。

ウィニーズ・ホールディングス 大石氏:弊社もまずは、商品ページ内の情報の充実化や、商品画像のズーム機能の有効化対策など、商品ページの最適化を行いました。そして、カート獲得を維持するための対策をしたのち、「売り上げに対して広告費がどれだけ占めているか」を算出し、効果を最大化できる広告プランを考えました。こうして佐藤さんの力を借りながら進めたことで、サービスを利用する前と比べ、今では売り上げが3〜4倍も伸びています。

そして、広告運用を代行してもらうことで、Amazonの運用にかけていた時間が減りました。負担が減った分、Amazon以外の店舗に力を入れたり、商品ページを作り込んだり、売り上げを伸ばすためのほかの作業に時間を使えています。

【Amazon専門コンサルティングサービスが気になる方はこちら】

一番の理解者が寄り添ってくれる心強さ。サービスのメリット

株式会社ウィニーズ・ホールディングス カーパーツ事業部 大石 太子氏

ーーサービスを利用して感じるメリットは何ですか?

ウィニーズ・ホールディングス 大石氏:メリットは3つあります。1つ目は、アグザルファさんがAmazonに関する多くの情報を持っているうえ、情報共有が早いところです。まだ公式がリリースしていない情報でも、佐藤さんがすぐに教えてくれるので、思わず「Amazonより先に情報をくれるのはどうしてですか?」と言ってしまいました。

新機能や仕様変更の情報は、公式からの発表がないこともあり、自社で集めるのが大変です。もし運用に大きく関わる内容だった場合、情報のキャッチが遅れると、機会損失になりかねません。EC事業者は、常にアンテナを張り巡らせなければなりません。

その点において佐藤さんは、運用のアドバイスと合わせて、Amazonの最新情報をすぐにご連絡してくれるのでいつも助かっています。

アグザルファ株式会社 広報マネージャー 鈴木 奈津子氏

アグザルファ 鈴木氏:情報量は、弊社の強みのひとつです。2011年より長年にわたりAmazonコンサルティングのパイオニア企業として日々Amazonのシステムを研究し、多くの成功事例を蓄積しているからこそ、情報量と経験値はどこにも負けていないと自負しています。

多くのご契約者様と日々やりとりを行っているため、弊社コンサルタントにさまざまな情報が集まってくるし、集まった情報は社内ですぐさま共有するなど早期に対策に活かしています。また、Amazonの新機能や仕様変更などがあれば、即座に社内で検証チームを立ち上げる。そして、検証を進めていき、仕様の確認が取れ、有効な手段だと判断すれば、ご契約者様の運営にすぐ反映して差別化に繋げているのです。

ーーメリットの2つ目は何ですか?

ウィニーズ・ホールディングス 大石氏:2つ目は、丁寧にサポートし続けてくれることです。契約当初から担当してくれている佐藤さんが、弊社の状況を深く理解したうえでサポートしてくれているので、安心感があります。弊社が目指すところも乗り越えるべき課題も、すべて把握している「理解者」がずっと隣にいてくれるのは心強いです。

私がAmazonの担当になった当初は、EC未経験で、インターネットに関する知識もほぼありませんでした。その状況下で、佐藤さんは初心者が理解できるよう、数字も交えてわかりやすく説明してくれました。毎回納得できたし、自分のなかに確実に知識が溜まってきた実感があります。

アグザルファ 佐藤氏:うれしいお言葉をありがとうございます。

ーーメリットの3つ目は何ですか?

ウィニーズ・ホールディングス 大石氏:アグザルファさんにAmazonの運用を依頼してから成果がしっかりと出ていることです。Amazonでの売り上げが3〜4倍伸びたのも、Amazon内SEO向上に向けた商品ページの最適化やカート獲得率の向上に向けた基本的な対策の実施、広告運用の改善など全般的に見直していただいたことが大きかったと思います。

ウィニーズ・ホールディングス 尾田氏:弊社は「売り上げ目標を達成したら成果報酬」という体系で契約しておりますが、契約書上の成果報酬とは別で、毎月社内で設定している売り上げ目標も佐藤さんと共有しております。成果報酬基準については、弊社のなかで考えていた「このくらい売り上げられたらいいよね」という売り上げ目標があるのですが、佐藤さんが「いや、もっと上を目指しましょう」とさらに高い基準を提案してくれるのです。成果報酬という枠に捉われず、一緒に高みを目指してくれて「本当に事業者の利益拡大を追い求めてくれているんだな」と感じます。

アグザルファ 佐藤氏:社内規定に基づいてにはなりますが、高い目標をご提案できるのはウィニーズ・ホールディングス様であれば成長が著しく、もっと上にいけると判断しているためです。弊社が成果報酬をいただくには、低い目標を設定したほうが確実。しかし、低い山を楽に登るのではなく、手を取りながら高い山に登ったほうが気持ちいいじゃないですか。これからもシビアな目標設定をして、ウィニーズ・ホールディングス様とともに高みを目指していきたいです。

【Amazon専門コンサルティングサービスが気になる方はこちら】

Amazonの運用で悩むなら、まずは気軽に相談してほしい

ーー今後、「Amazon専門コンサルティングサービス」を利用して、どんなことを実現させていきたいですか?

ウィニーズ・ホールディングス 大石氏:「Amazon専門コンサルティングサービス」を利用する前と比べて、売り上げのベースが確実に上がっているので、これからも伸ばし続けたいです。そして、Amazonでの「fcl.」の認知を拡大するとともに、アウトドア用品を扱う新ブランドのAmazon展開にも挑戦していきたいと思っています。

アグザルファ 鈴木氏:これからも、ともに歩んでいけたらうれしいです。弊社としては、昔のウィニーズ・ホールディングス様のように、Amazonの運用で悩んでいるEC事業者様をどんどんサポートしていきたいですね。

Amazonだけに出品している場合でも、複数のプラットフォームを運営している場合でも、これからAmazonを始める場合でも、長年運用して売り上げが伸び悩んでいる場合でも、お力になれるのではないかと思います。

また今回、ECのミカタから弊社にお問い合わせいただくと先着10社様限定で初期費用無料でご案内させていただきますので、商材のカテゴリ問わず、悩み相談のようなイメージで、お気軽に問い合わせていただけたら幸いです。

Amazonのお悩み相談はこちらから


記者プロフィール

柏木まなみ

1994年生まれのフリーライター・編集者。ビジネス系のテーマを中心にインタビューしています。“働く人”のウラ側にあるストーリーや、商品に込められた担当者の思いを伝えていきたい。人生のBGMはサザンオールスターズです。

柏木まなみ の執筆記事