インターワイヤード、「高価格帯日用品」に関するアンケート結果を発表

インターワイヤード株式会社は、自社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「高価格帯日用品」に関するアンケート調査を実施し、日用品の購入基準や購入傾向、満足度や購入チャネルなどについてまとめました。調査は2017年10月6日~10月27日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,951人から回答を得ています。
<詳細はこちらをご覧ください>
DIMSDRVIVE 「高価格帯日用品」に関するアンケート

<トピックス>
● 自分で買うもの1位は「歯ブラシ」。柔軟剤の購入率は男女差48.0%。
● 日用品は「お店で商品やPOPを見て」選んでいる
● ちょっと高いものを選ぶのは「シャンプー・リンス」と「整髪料」
● 高いものを購入して満足したもの1位は「剃刀シェーバー・替刃」
● いつもより高いものを買う機会は「減った」が「増えた」を上回る
● 「良いものには高いお金を払っても良いと思うようになってきたから」買う機会が増えた
● 高価格帯日用品の購入。男性はうれしい日や給料日に。女性は購入して気分をあげる。
● 安いと不安になるのは「歯磨き粉」・・・33.1%
● トイレットペーパーやシャンプー・リンス、剃刀シェーバーなど。満足した日用品について
-------------------------------------------------------------
●●調査概要●●
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2017年10月6日~10月27日
有効回答数: DIMSDRIVEモニター 3,951人

●●調査項目●●
■日用品の購入について
■日用品の購入基準
■買い物の傾向は・・・安い? or 高い?
■その満足度は?
■どこで購入する?
■いつもより高いものを買う機会は増えた?
■高価格帯日用品を買う機会が増えた理由は?
■高価格帯日用品を買うときの気分は?
■安いと不安になる商品は・・・
■高くても満足した日用品について(自由回答)
-------------------------------------------------------------
●ネットリサーチのDIMSDRIVE
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、
インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、
マーケティングのトータルソリューションサービスです。
広告効果測定やライフスタイル分析、従業員満足度調査(ES調査)、
コンプライアンス従業員意識調査など、目的に応じた調査でお客様の戦略立案をサポートしています。
本アンケートは、DIMSDRIVEの公開調査「タイムリーリサーチ」の企画調査です。


●インターワイヤード株式会社
<所在地>東京都品川区南大井5-19-8
<TEL>03-5764-3281
<代表者>斉藤 義弘
<事業内容>Webマーケティングリサーチサイト「DIMSDRIVE」運営

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録