Column プレスリリース

 
2017年12月04日(月)08時00分

物流業界にLINEで並べる『順番待ち』を導入開始  ~トラック待機問題の緩和・解消を図る~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
スマートフォンアプリ開発・コンサルティングを手掛ける、株式会社ブレイブテクノロジーは、トラック待機問題の緩和・解消を図るため、2017年12月4日よりLINEを利用した『順番待ち for トラック』の運用を開始します。このサービスをアサヒロジスティクス株式会社が保有する東京共配センターへの導入を皮切りに、順次導入センターを拡大していきます。

トラック待機問題とは、物流センター内でスムーズな荷下ろしや積み込みが出来ないためにドライバーに長時間の待機が発生する問題として社会的な課題となっています。原因の一つとして、物流センターに到着した順番で入出庫の対応が行われていることが挙げられます。
そのため、ドライバーによっては順番を確保するために営業時間前や前夜に物流センターに到着し、トラック車内で待機しているという状況も発生しています。

本サービスの元となる『順番待ち』は、全国7,100万人(※1)が利用するLINEを利用して行列に並べる順番待ち解消のサービスとして2017年6月に販売を開始しました。順番が近づくとLINEにメッセージが届くため利便性が高く、既に飲食店等への導入が進んでいます。このサービスを物流業界向けにカスタマイズし提供します。

ドライバーは、入出庫受付場所で専用の整理券を発券するか、物流センターのLINE@アカウント『順番待ち for トラック』と友だちになり目的の物流センターを選択してLINEとの対話に答えるだけで現在の順番待ち台数を確認したり、順番に並ぶことができます。
日時指定予約にも対応し、物流センター側はトラックバースの種類やバース数に応じて時間毎の予約可能枠数を設定するだけで、ドライバーは自分の到着時刻を想定しLINEから事前に予約を入れることが可能となります。


■主な特徴
* 積荷タイプ(温度帯)や車格を業態に合わせて設定することができます。
* 日時指定予約にも対応し、ドライバーの時間やバースを有効的に利用できます。
* プッシュ通知のメッセージ内容は自由に設定することが可能です。
* 日々の待ち時間統計データを閲覧でき、受付業務の改善にも活用可能です。
* 複数の場所に同時に並ぶことはできないようになっています。


■会社概要
《開発元》
商号    : 株式会社ブレイブテクノロジー
本社    : 大阪府大阪市北区東天満2-9-4 千代田ビル東館6F
東京オフィス: 東京都港区赤坂2-16-6 BIZMARKS赤坂1F
代表者   : 代表取締役 磯本 悟
設立    : 2011年8月
資本金   : 1,000万円
従業員数  : 9名
事業内容  : スマートフォンアプリ開発・コンサルティング

《導入先》
商号  : アサヒロジスティクス株式会社
本社  : 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目10−17
      シーノ大宮サウスウィング16階
代表者 : 代表取締役社長 横塚 元樹
設立  : 1955年
資本金 : 7,800万円
従業員数: 4,000名
Twitter
facebook
メールマガジン
メルマガ会員登録になれば
EC業界の最新情報を毎日簡単に入手可能です!
編集部が押さえるべきニュースをピックアップ配信。