売上げアップを目指す!運営代行委託のコツ

和久井槙

ECサイト事業者様の最大の目標と言えば、もちろん売上げを上げることだと思います。しかしそれは同時に、最も皆さんの頭を悩ませる課題でもあるのではないでしょうか。そんな時、頼りになるパートナー企業がいれば安心だと思いませんか?今回は、ECサイトを支える運営代行会社について、委託する際のポイントも交えて解説いたします!

運営代行会社はどんなことができる?

「物流倉庫」や「コールセンター」と違って、「運営代行」という言葉は多少曖昧なイメージを受けるかもしれません。運営代行会社には、実際どのようなことを依託できるのか見てみましょう。

①ECサイト・LP制作、バナー制作
お客様に購入したいと思わせるには、ただ商品を掲載するだけでは足りません。見やすいページデザイン、魅力的なキャッチコピー、商品の良さが伝わる画像、お客様が知りたい情報が詰め込まれた商品解説などが合わさってこそ、お客様を引きつけることができるのです。

運営代行会社はサイト制作を兼ねているケースがほとんどですので、新しくEC事業を始める場合や、現状のサイトをリニューアルしたい場合にも相談ができます。


②集客、広告運用代行
ECサイト自体や商品が魅力的でも、まずそれをお客様に見てもらわなければいけません。商品や自社の存在をなるべく多くの人に認知してもらい、興味を引き出して購入に至らせるのです。しかし、自社では集客手段が限られてしまう、または手間がかかって上手く運用できない……というパターンが良くあるようです。

そのような場合でも、運営代行会社に集客を委託することで解決できます。独自のプロモーション手段を持っていたり、広告運用に加えて分析まで行なってくれたりと、自社だけでは対応できなかった領域までカバーしてくれるでしょう。


③コンサルティング
大きな目標を達成するには、長期的な戦略立案が欠かせません。ですが、EC担当者様だけでは、今後どのような施策を行えば良いのか苦慮することもあるでしょう。何から手を付けるべきか、本当にこの施策が最善なのか、など不安もあります。

そのような時は、コンサルティングを得意とする運営代行会社があるので、そちらに相談してみてはいかがでしょうか。コンサルティングだけでも、あるいは実務も併せて委託することもできます。自社の取り扱いに近い商材の実績があれば、より安心ですね。 

課題と目標を考えてみる

業務を委託するには、まず現状を把握することが重要です。加えて、自社がどうなりたいのか、目標を明確にしなければなりません。現状と目標のギャップをはっきりさせることで、どのような施策が必要なのかが見えてくるのです。逆に言うと、ここが明確になっていないと、思ったような提案を受けられない可能性もあるのでご注意ください。

とは言え、それほど構える必要もないのでご安心くださいね。現状把握には、まず課題がどこにあるのかを調べてみましょう。単純に社内の人手が足りていないのか、サイトの訪問者数が低いのか、それとも訪問されても購入までに至らないのかによって、打てる対策は変わってきます。

次に目標の設定ですが、一番分かりやすいのは売上目標を設定することでしょう。その場合も、金額だけでなく、その目標金額に至るまでの期間も一緒に考えてみてください。例えば月商100万円のECサイトを、来月2倍にしたいのか、1年後に1,000万円にしたいのか、というように。その他の目標では、コンバージョン率や会員数などが挙げられます。

いかがでしたでしょうか。運営代行で委託できる業務範囲は幅広く、また会社によって得意分野も異なってきます。そのため、単なる見積もりだけではなく、運営代行会社それぞれの実績や提案を深く聞いてみる姿勢が必要です。ECのミカタでは、ご希望や現状を詳しくヒアリングした上で、条件に合う運営代行会社をお探しいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから!
https://goo.gl/1cxZzA

著者

和久井槙 (Maki Wakui)

人と話すのが好き!ECサイトさんのどんなお悩みにも、一緒に解決の道をお探しします。

https://www.ecnomikata.com/consultation/

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/company_blog/14343/