メルカリ利用規約違反行為で4名の逮捕者〜取り締まり強化へ

ECのミカタ編集部

株式会社メルカリ(東京都港区、以下メルカリ)は利用規約に違反する行為に対して取り締まりを行ってきたが、初の逮捕者が出るなどしたため、より一層対策を強化し規約違反行為の抑止に努めていくと発表した。

 ついに逮捕者が出てしまった。今月6日までに、メルカリのアカウントを不正に作成しインターネット上で販売していた者4名が、山口県警、島根県警、鹿児島県警の3県警の共同捜査において、私電磁的記録不正作出・同供用罪の疑いで逮捕されたと発表した。この件に関してメルカリも当初より情報の照会等を通じて捜査に協力してきたという。そして逮捕という結果に至った。

 なぜメルカリのアカウントが売れるのか?というと、違反行為などで永久利用停止などのペナルティを受けてメルカリが使えなくなったユーザーが再びメルカリでの売買を行うために購入するためだ。

 他にも、複数のアカウントで自己取引を成立させ、それをクレジットカードで支払いを完了させ、シ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/14902/