「Amazon Business」がインドでもサービス開始。グローバルなBtoBの次に目指すものは?

ECのミカタ編集部

 法人・個人事業主向け購買サイト「Amazon Business」がインドにおいてもサービスをスタートすると発表があった。9月に日本でもスタートしたばかりのこのサービス。アメリカ、ドイツ、イギリス、日本に次いで5カ国目の出店となる。

 「Amazon Business」はBtoB事業として、テクノロジー&サービス企業やメーカー、大学や各種学校、オフィスなど、中小企業(SMB)からグローバル企業などのあらゆる形態、規模の調達ニーズに応える。

 最近改正されたGST(インドの物品サービス税)では、すべての商品とサービスは、農産物や食品は0%、ジュエリーや大型家電などは28%といった税率区分

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。