KDDIグループ贅沢体験サイト「ルクサ」に見る今年のクリスマストレンドとは

石郷“145”マナブ

 楽天スーパーSALEに奔走している人も少なくないだろうが、12月に入りいよいよクリスマスも近づいてきた。今年におけるクリスマスのトレンドはいかがなものなのだろうか?先日、株式会社ルクサ、株式会社ゼネラル・オイスター、Laline JAPAN 株式会社で開催された「クリスマストレンド発表会」に潜入。ルクサによるトレンド説明から今年の傾向を占った。

 冒頭、挙げた「ルクサ」はお得に贅沢体験ができる提案型プレミアム・タイムセールサイトのこと。最大90%オフのお得な価格で、期間限定の特別価格で、高級レストランや歌舞伎のチケット、グルメ・家電・コスメなど多岐にわたるジャンルを掲載していて、同サイトの会員は200万人を突破したといい、その好調ぶりを伺わせる。

ユーザーの性質とクリスマスの実態

 特に、同サイトでは、高級指向の強いユーザーを獲得できており、女性が全体の65%を占め、男女問わず30代以上で88%を占めている。4人に一人が世帯年収1200万円以上という状況だ。そこで、ルクサ会員を対象に調査(調査期間:2017年10月31日(火)~11月6日(月) 条件:1年以内にレストラン、コスメカテゴリで購買があるルクサ会員)を行い、これをもってクリスマスに関するトレンド分析を行ったのだ。

 まずは

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ

キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ の執筆記事