【楽天】NBAスター選手のプレミアムグッズがゲットできる『Rakuten SPORTS ZONE』がオープン

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション、以下「NBA」)とのグローバルにおけるマーケティングパートナーとして日本国内のNBA人気を盛り上げるべく、2017年12月13日(水)、プロスポーツグッズストア『Rakuten SPORTS ZONE(楽天スポーツゾーン)』をオープンし、NBAスター選手の直筆サイン入りアイテムなどのプレミアグッズの販売を開始する。

オープンに先立ち10月にはNBAと複数年のパートナーシップ契約を締結済み

楽天は、NBAスター選手の直筆サイン入りアイテムなどのプレミアグッズの販売を行うプロスポーツグッズストア『Rakuten SPORTS ZONE』をオープンした。同社は、これに先んじて、2017年10月、NBAと複数年のパートナーシップ契約を締結し、グローバルにおけるマーケティングパートナーになっている。

この提携は、楽天が、海外のスポーツクラブ・リーグを支援するとともに、海外における楽天のブランディングや海外市場のマーケティングに活用することを企図していることが背景にあることは明らかだろう。

アメリカ国内でファン層の厚いNBAと提携することで、同国のプロバスケットボールのカルチャーを同社のマーケティングにダイレクトに取り込めるだけでなく、その後押しをし、かつ日本国内の既存のファン層ばかりでなく、新たなファンの獲得にも寄与しそうだ。

『NBA ZONE』のラインアップ拡充にも寄与

また、今回の『Rakuten SPORTS ZONE』のオープンに際し、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」内に、「楽天市場」の出店店舗が取り扱うNBAグッズを集約して掲載する特設ページ『NBA ZONE』を合わせて開設している。

『Rakuten SPORTS ZONE』のオープンは、この『NBA ZONE』掲載商品のラインアップ拡充施策の一環ともいえる。日本国内ではこれまでほとんど取り扱いがない往年のスター選手のNBAプレミアムグッズなどを、楽天自らが『Rakuten SPORTS ZONE』として仕入れ、『NBA ZONE』内で販売することで、日本のNBAファンに大きく訴求できることになる。

日米のスポーツカルチャー発展に貢献

アイテムやグッズの詳細をみてみると、Upper Deck社が取り扱う、全世界でも数量が限られたNBAスター選手の直筆サイン入りアイテム(シリアルナンバー入り)や、本場アメリカの老舗スポーツアパレルメーカーであるMitchell&Ness Nostalgia社が取り扱う80~90年代のスター選手の復刻ユニフォームといったNBAファンならずとも大いに興味をそそられる品が目白押しだ。また、楽天によれば、商品ラインアップについて順次拡大予定とのことだ。

楽天の持つ巨大な集客力を背景に、NBAおよびバスケットボール業界全体の活性化が図れ、日米のスポーツ・文化のさらなる発展に寄与する今回の『Rakuten SPORTS ZONE』のオープン。NBAファンやスポーツファンのみならず新しいファン層の開拓も期待でき、楽天とNBAの相乗効果でユーザーの心をつかみ、さらにマーケットの中でセグメントを押さえていくことだろう。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録