Instagramの「Shop Now」、20代を中心に認知。スマホはECサイトにとって無視できない存在に

ECのミカタ編集部

株式会社ジャストシステム(本社:東京都新宿区/代表:関灘恭太郎)は、『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年9月度)』の結果を発表。

本調査は、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、17歳~69歳の男女1,100名を対象に実施された。

約3割が「ECサイトのSNSアカウントをフォロー」

現在、ECサイトのSNSアカウントについて「複数をフォローしている」人は19.5%、「1つだけフォローしている」人は8.4%。

あわせて27.9%の人がECサイトのSNSアカウントを1つ以上フォローしており、これは2017年6月度調査(22.1%)と比べて5.8ポイント増加している。

ECサイトのSNSアカウントをフォローしている人の割合を年代別に見てみると、10代は33.0%、20代は38.0%、30代は30.5%、40代は25.0%、50代は21.5%、60代は22.0%。

この数字は「複数フォローしている」「1つだけフォローしている」の合計。若年層の方がフォローする傾向が強いようだ。

3人に1人が、「ECサイトのInstagramアカウントをフォロー」

「ECサイトのSNSアカウントを1つ以上フォローしている」と答えた人のうち、ECサイトが運用する「Instagram」アカウントをフォロー中の人は35.8%で、2017年6月度調査の25.4%から10.4ポイント増加。

年代別に見ると、10代は48.5%、20代は51.3%、30代は37.7%、40代は36.0%、50代は25.6%、60代は6.8%。
10代と20代は、2人に1人がフォローをしているという結果に。

20代のユーザーは大半が新機能「Shop Nowを認知」

「Instagram」に最近追加された新機能、「Shop Now」は、流れてくるタイムラインから商品ページに直接移動できるショッピング機能。

「Instagram」利用者のうち、「Shop Now」を使って商品を購入した人は6.8%。「知っているが、本機能を使って商品を購入したことがない」人は24.4%で、認知率は31.2%となった。

年代別の認知率は、10代が40.6%、20代が46.3%、30代が26.6%、40代が34.5%、50代が5.5%、60代が19.1%。

20代ともなると、半数近い人が「Shop Now」を認知していた。

書籍の購入もスマホで。

雑誌やコミックなどを含む書籍を購入する際、一番頻繁に利用する方法として最も多くの人が挙げたのは「書店」(44.5%)、次いで「インターネット通販」(33.1%)、「スマートフォンアプリ」(9.0%)。

近年のスマートフォンは画面も大きいものが増え、通勤時間などに片手で読めることからも、今後も需要は増え続けていくだろう。

スマホひとつですべてが叶う時代がくる

20代世代の半数に認知されている、Shop Now。数年後Instagramが購買プラットフォームになるかもしれない。
世代によっては自分自身の価値観と差異があるため、中々需要を感じきれないところもあるだろうが、若い世代の購買活動を把握することは未来の購買活動がどうなるかを分析するかと近しい。

その分析の中で辿り着いた発見には大きな価値があるのではないか。

自社サイトのマーケティング、販路開拓を考える際に、スマホ関連のサービスを意識することの重要性がわかる調査結果だったのではないか。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事