EC購入商品にガッカリした経験があるのは〇% ジャストシステムが『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2019年総集編【トレンドトピック版】』を公表

ECのミカタ編集部

株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の17歳から69歳の男女1,100名を対象に『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を、2012年7月から毎月1回実施している。

今回、そのときどきのトレンドに焦点を当てて調査を行っている設問について、2019年1月から12月までの調査データをまとめて分析し、その内容を『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2019年総集編 【トレンドトピック版】』 として公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

調査概要

調査名:モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査
調査期間:2019年1月~2019年12月、毎月1回実施
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳から69歳までを5歳ごとに、男女それぞれ50名ずつ割り付けて回収(合計1,100名)。
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

ファッショントレンドの情報源としてインスタがGoogleを抜く

2019年6月度調査において、スマートフォンユーザーに、流行ファッションの情報収集をするサービスについて、「Google」「Facebook」「Twitter」「Instagram」「YouTube」「そのほかのサービス」の中から選んでもらったところ、「Instagram」が最も多く(29.4%)、次いで「Google」(28.3%)、「そのほかのサービス」(23.8%)となった。

男女別に見てみると、男性は「Google」が最も多く(35.8%)、次いで「Instagram」(21.0%)だったのに対し、女性は「Instagram」(35.7%)、「そのほかのサービス」(27.3%)という順だった。

「購入商品にがっかりした経験がある」は約7割

2019年7月度調査において、商品やサービスの購入や利用を検討する際、インターネット上の口コミを「ほぼ毎回参考にする」と答えた人は21.3%、「ときどき参考にする」人は50.1%だった。

「ほぼ毎回参考にする」人の割合を年代別に見てみると、10代(24.0%)、20代(29.5%)、30代(24.5%)、40代(22.0%)、50代(16.5%)、60代(12.5%)でした。20代の割合が最も高く、約3割がほぼ毎回、口コミを参考にしていた。

また「インターネット上の口コミ情報を参考にする※1」人のうち、購入した商品やサービスが「口コミの評価ほどではなく、がっかりした経験がある※2」と答えた人の割合は68.5%だった。

※1 「ほぼ毎回参考にする」「ときどき参考にする」と答えた人。
※2 「頻繁にある」「ときどきある」と答えた人。

8割以上が閲覧履歴を元にした広告に「不快」

2019年12月度調査において、スマートフォンユーザーに、スマートフォンの使用中、自身のWeb閲覧履歴などを元に、カスタマイズされた広告配信がされていると感じたことがあるかを聞いたところ、「感じたことがある※1」と答えた人は74.2%だった。

「感じたことがある」人のうち、Web閲覧履歴を元にした広告配信について、「便利と感じる」人は9.4%、「便利と感じるが、不快に感じることもある」人は37.3%、「便利とは感じないし、不快に感じることが多い」人は25.4%、「不快なのでやめてほしい」と答えた人は24.9%だった。

※1 「頻繁に感じる」「ときどき感じることがある」と答えた人。

23.7%が定額制音楽配信サービスの利用経験あり

2019年2月度調査において、10代から50代までのスマートフォンユーザーのうち、「定額制音楽配信サービスを利用している※1」人の割合は23.7%で、2015年7月度調査(16.5%)と比べると、7.1ポイント増加していた。

また「有料で利用している」人の割合は2019年2月度調査では12.8%で、2015年度7月度調査(7.8%)から5ポイント増加した。2019年2月度調査において、最も利用されている定額制音楽配信サービスは、「Prime Music (Amazon社)」(23.2%)だった。

※1「定額制音楽配信サービスを有料で利用している」「無料(トライアルなど)で利用している」人。

「情報銀行」を3人に1人が認知

2019年11月度調査において、消費者が自身の行動履歴や購買履歴といった個人情報を提供(預託)し、それを第三者である企業などが活用する「情報銀行」を「知っている※1」と回答した人は31.5%、すでに「利用(登録)している」人は7.2%だった。

なお情報銀行が本格的に開始される前の2018年11月度調査では、「知っている※1」と答えた人の割合は26.0%だったので、この1年間で認知度は5.5ポイント増加したことになる。

※1 「利用(登録)している」「利用していないが、他の人に説明できるくらい知っている」「利用していないし、他の人に説明できるほどではないが、知っている」と答えた人の合計。

まとめ

このように今回もEC市場をはじめとしたインターネットとモバイルあるいはソーシャルメディアなどに関連した各トピックの最新トレンドが明らかにされた。特にファッション分野では、これまでのように検索エンジンでトレンドを調べるのではなく、直接、SNSであるインスタグラムで調べるユーザーが多くなっていることが明らかとなった。

またリスティング広告など各種のネット上のペイドメディアに関しては、引き続き不快だと感じる人が大多数に上っており、パーソナライズされたマーケティング・プロモーション施策が進化する中で、よりコンシューマー目線になるよう工夫が必要だと示唆されていると言えるだろう。波乱が続く2020年だが、新たにどのようなトレンドが形成されていくのが、その動向にも注目となりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事