AOKIブランドが企業HPとECサイトを統合 Amazon Payにも対応し利便性向上をはかる

株式会社AOKI(代表取締役社長:諏訪健治)が展開する『ORIHICA』は「オンラインショップ」及び「ブランドサイト」を統合し、ユーザーが利用しやすい環境を整え「ORIHICA公式サイト」としてリニューアルした。

サイト統合と機能追加を実施

これまでORIHICAの「オンラインショップ」と「ブランドサイト」は別々のサイトで運営していた。その両サイトだが2019年5月29日(水)より「ORIHICA公式サイト」として統合リニューアルをとげた。

同社では今回のリニューアルで、商品や店舗が検索しやすくなり、商品のサイズ絞込み機能も新たに取り入れたとしている。さらに、ORIHICAオンラインショップの買いものでもORIHICAのポイント利用・付与が可能となっている。

Amazon Payにも対応

同社ではORIHICA公式サイト統合リニューアル概要について、次のようにまとめている。

◆商品や在庫のある店舗を検索しやすい環境に

これまでブランドサイトで気になる商品があった際は、オンラインショップに移る必要があったが、サイト統合により、一つのサイトで検索から購入まで完了することができるようになった。さらに、商品の店舗在庫を確認し、購入可能な店舗情報を見ることができる。

◆オンラインショップでORIHICAポイントの利用・付与が可能に

ORIHICA公式サイトで会員連携を行うことによりオンラインショップ利用時でもORIHICAポイントの利用、付与が可能になった。

◆その他オンラインショップでの便利な機能を追加

ユーザー自身のサイズで在庫がある商品のみ表示する、商品絞込み機能の追加。
決済ではAmazonアカウント連携による「Amazon Pay」の支払いが可能となった。商品受け取り後に支払いができる「後払い決済」など消費者のニーズに合わせた機能が追加された。

紳士服市場の地殻変動にどう対応するか

前述にもあるとおり、ブランドサイトとECサイトを統合することで、気になるアイテムの購入がスムーズになり、またオンラインショップの決済方法では「Amazon Pay」や「後払い決済」が利用できるようになった。

同社では今後もORIHICAサイトを通して顧客が利用しやすい環境を整え、満足度向上を図っていくとしている。昨今、リアル店舗をメインに展開する紳士服大手は、軒並み経営上の試練に見舞われている。

背景には、労働生産人口の減少に伴う市場の縮小や、既存の紳士服チャネル以外のスポーツブランドなどが「動きやすさ」を前面に出した高機能スーツを相次いで投入するなど、業界そのものの地殻変動があるとの指摘もある。

消費者のニーズが変化する中、紳士服分野の老舗であるAOKIは、サイトの統合を通して新たな価値を訴求できるか、大いに注目となりそうだ。

 ECノウハウ