24時間受け取り可能な「ERYBOX」実証実験開始【ヤマダ電機】

ECのミカタ編集部

株式会社ヤマダ電機は、サイブリッジグループ株式会社(本社:東京都新宿区/代表:水口翼)傘下の ERY JAPAN LLCと協同でヤマダ電機の通販サイト「ヤマダウェブコム」で注文した商品を宅配ロッカー「ERYBOX(エリーボックス)」で受取ることを可能にするサービスの実証実験を開始した。
対象となるのは、YAMADAホールセール江東新砂店だ。

お店の店頭で24時間受け取り可能、再配達問題も解消へ

今回の実証実験では、ERY JAPAN が提供する宅配ロッカー「ERYBOX」を YAMADA ホールセール江東新砂店の店頭に設置する。

顧客がヤマダ電機のネット通販サイトであるヤマダウェブコムで、家電などの商品注文時に宅配ボックスで受取ることを選択すると、店頭の「ERYBOX」からいつでも好きな時間に商品を受け取ることができるというシステムだ。

運送会社の佐川急便の再配達の指定を「ERYBOX」にすることもできるので、顧客の商品受け取りの利便性を高めるだけでなく、再配達による宅配員のストレス、再配達にかかるCO2の排出発生の削減にもつながることが期待される。

ネット通販事業につきもの?「ラストワンマイル問題」

顧客のもとへ確実に商品を届けることがネット通販事業の責務であるが、宅配ボックスがないことによる再配達問題などを含む「ラストワンマイル問題」が課題のひとつとなっている。

ヤマダ電機のネット通販、ヤマダウェブコムは、全国の各店舗を配達拠点とすることで配達の利便性を追求してきた。
ネット商品を店舗の店頭で受け取れる「お店 de 受け取り」のサービスは、すでに2016年から展開されていたが、これまでは店舗の営業時間内しか受け取れないというデメリットがあった。

今回の宅配ボックス「ERYBOX」の設置により、顧客は24時間好きなときに商品を受け取ることができる。

自宅に宅配ボックスがない、設置することができないという場合でも、ヤマダ電機の商品に限るが、近くのヤマダ電機の店頭で受け取ることが可能となることは、顧客のロイヤリティを高め、宅配クライシスの解決に貢献することになるだろう。実証実験の結果に期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事