ファッションの情報源はGoogleよりインスタ!視覚的効果を狙ったコンテンツに注目

ECのミカタ編集部

株式会社ジャストシステム(本社:東京都新宿区/代表:関灘恭太郎)は、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度)」の結果を発表した。
本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象としている。

インスタで検索する時代に

近年、10代を中心に情報収集はInstagramを活用するようになってきているが、今回の調査ではファッションの情報源としてついにインスタがGoogleを抜くという結果になった。

ファッションの情報源としてインスタを使うと答えたのが29.4%であるのに対し、Googleをつかうという回答は28.3%。

2016年同月の調査ではGoogleが39.8%、インスタが17.1%だったことを考えると、インスタの伸び率がかなり高いことが伺える。

特に10代・20代を中心に利用率は高まっているようだ。

同時に、10代・20代の間ではSNSで映えるレジャースポッ卜を探すのにインスタを利用するという声も増えている。

Googleをつかうという回答が2016年の48.1%から34.9%と減少したのに対し、インスタを利用するという回答は5.7%から19.3%と3倍以上の増加を見せた。

10代を中心に動画への関心が高まる

スマートフォンで暇つぶしに利用するのは何かという問いに対し、男女ともにYouTubeがトップになった。

次いで男性はGoogle、女性はTwitterという結果に。

ストリーミング配信でゲームを楽しむ「クラウドゲーム」に関しても、全体の認知率は半数には及ばないものの、認知しているうちの56.0%が10代と、若者を中心に動画コンテンツへの関心が高まっていることもわかった。

今後のネット広告、アプローチの仕方も大きく変わっていきそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事