BASE、「税率変更予約機能」提供へ。消費税増税に向けた措置

ECのミカタ編集部

BASE株式会社(本社:東京都港区/代表:鶴岡裕太)は、2019年10月1日から実施される消費税率の引上げと軽減税率制度への対応として、ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を利用されているショップオーナー向けに、「税率変更予約機能」を2019年9月中の期間限定で提供を開始した。

軽減税率に適応

2019年10月1日以降、消費税が現行の8%から10%に引き上げられる。

増税による生活必需品などの購入に対する負担を減らすため、例外としてアルコールや外食をのぞいた飲食料品、週2回以上発行される定期購読の新聞などの対象品目に限り、消費税8%のまま据え置きとする「軽減税率」が適用される。

消費者にとってはありがたい措置だが、販売事業者にとっては商品によってかかる税率が異なることになり、事前に準備しておかないと混乱を招くことが予測される。

「BASE」では、ショップオーナーが自身のネットショップで販売する商品に対し、消費税の造影と軽減税率の適応準備がスムーズにできるよう、「税率変更予約機能」を提供する。

「税率変更予約機能」概要

提供期間は9月2日から9月30日の期間限定。
対象は「BASE」を利用しているショップオーナーに限られる。

予約可能な設定としては、
・ネットショップの税率変更予約
・商品の価格、税率変更予約
に対応している。

「お母さんも使える」がコンセプトだからこその手厚いサービス

ネットショップ作成サービス「BASE」のコンセプトは、「お母さんも使える」。

コンセプトどおり、誰でも手軽にネットショップが作成できるサービスとして人気を博している。

誰でも使えるようにするため、期間限定とはいえ今回のような機能提供はショップオーナーにとってもまさにかゆいところに手が届く、というものだろう。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事