モバイルキャンペーン施策を3つの柱でサポート Adjustが新マーケ自動化ツール『コントロールセンター』を発表

ECのミカタ編集部

adjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長 兼 共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル、)は、Adjustの新製品「コントロールセンター」を発表した。

Adjust製品3つの柱

グローバルに展開するB2B SaaS企業であるadjust社は、Adjustの新製品「コントロールセンター」を発表した。Adjust Automateに属する同製品は、モバイルマーケターのキャンペーン管理を劇的に簡素化・効率化するという。

Adjust製品は3つの柱から成り立っている。アトリビューションとアナリティクスに焦点を当てたMeasure(計測)、アドフラウドとサイバーセキュリティへのソリューションを包括したProtect(保護)、マーケティングの効率化を目的としたコントロールセンターやオーディエンスビルダーが属するAutomate(自動化)だ。これら3つの製品ラインが、Adjustが導入されている32,000ものアプリに、よりシンプル、スマートで安全なマーケティングを提供する。

肥大化するモバイルキャンペーン施策を支援

デジタル業界で圧倒的な存在感を持つモバイルだが、eMarketerの予測によると、マーケターは2020年に史上最高の2,860億ドルをモバイル広告に投入すると言われているという。しかしモバイル広告の規模が成長するにつれて、その管理方法がますます複雑化していることも事実だ。ユーザー獲得マネージャーとデジタルマーケターに対してAdjustが実施した新規調査によると、下記の事実が明らかになったという。

調査対象の81%のマーケターが、2020年にマーケティング、または広告のオートメーションツールへの投資予算を増やす計画があると回答。マーケターは、約14の異なるネットワークにおいて、平均19の広告キャンペーンを同時に実施している。この数字は、今日のマーケティングが広範かつ複雑であることを示しているとしている。マーケターが最も苦労しているのは、異なるソースのデータを統合してアクションをとること、入札価格と予算を個別にアップデートすること、キャンペーンを正確に管理することだ。

Adjustのコントロールセンターは、そのようなマーケターの課題を解決するために開発された。アプリ、パートナー、ネットワークの情報を1つに統合する管理画面を使用することで、マーケターは全てのアプリとキャンペーンデータを確認し、それに基づいて意思決定を行うことができる。

コントロールセンターは、クライアント向けの個別パッケージとして提供され、既存の管理画面と連携が可能とのことだ。また、より複雑なマーケティングを展開する広告主様向けには、カスタム設定ができるEnterpriseバージョンが用意される。

クリエイティブな戦略をとれるマーケターが成功する

今回の公表に際してAdjust CTO兼共同創設者 ポール・H・ミュラー (Paul H. Müller)氏は次のように述べている。

「今日のマーケティングにおいて、モバイルは最も洗練された技術的なチャネルのひとつです。しかし、その多くをマーケターのマニュアル作業に頼っているのが現状です。我々の調査によると、マーケターは毎日250以上の入札価格と予算を調整していることがわかりました。キャンペーンがそれほど広範でなくても、複雑化していくおそれがあります。

今回Adjustがお届けするコントロールセンターは、マーケターが日々繰り返し行うマニュアル作業を軽減させることで、これまでの枠にとらわれない、よりクリエイティブなマーケティング活動ができるようにします。さらに、コントロールセンターはモバイルマーケティング業界を均一化させる可能性も秘めており、1人で管理できるキャンペーン数が格段に増え、少人数のチームでも他社の大きなマーケティング部門とも競合できるようになります。このツールが普及することで、予算の投入額が問題ではなく、よりクリエイティブな戦略を実施するマーケターが成功を収めるという構図にシフトしていくでしょう」

ECでの購買デバイスとしてパソコンからスマートフォンなどのモバイル機器の比重が大きくなっている。それに合わせてモバイル上での施策も重要度が増している。一方でそこでの施策のボリュームも肥大化し、一人のマーケターにかかる負担も大きくなっている。今回の新製品はまさにこうした課題に正面から対応するもので、悩める多くの担当者とより成果をめざす事業体にとっては、課題解決のための有力な選択肢となるのではないだろうか。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事