「カゴ落ち」低減にも威力 チャット決済サービス『BOTCHAN PAYMENT』と決済代行サービス『ROBOT PAYMENT』が連携開始

ECのミカタ編集部

株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文、以下wevnal)が提供する「BOTCHAN PAYMENT(ボッチャン ペイメント)」は、株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也)の提供する「ROBOT PAYMENT(ロボット ペイメント)」とAPI連携を開始した。

チャットボット決済導入でCVR向上を目指せる

wevnal社が提供する、決済機能も兼ね備えたチャットボットサービス「BOTCHAN PAYMENT」は、ROBOT PAYMENT社の提供する決済代行サービス「ROBOT PAYMENT」とAPI連携を開始した。wevnalは、今回の連携により、「ROBOT PAYMENT」を導入しているEC事業者が、よりスムーズに「BOTCHAN PAYMENT」を実装することが可能となったとしている。

ROBOT PAYMENT × BOTCHAN PAYMENT

◆ROBOT PAYMENT

「ROBOT PAYMENT」とは、これまで10,000社以上の導入実績を持つ決済代行サービスだ。業界最安水準の決済手数料によって、大幅なコストダウンを実現できる。また、導入手続きも手間が少なく、最短1週間での導入も可能だ。大手企業からスタートアップまで幅広い業種や企業規模に対応しており、業界最高水準の使いやすさを誇る。

◆BOTCHAN PAYMENT

「BOTCHAN PAYMENT」とは、ウェブ接客ツールであるチャットボットに決済機能が融合したチャットボット決済サービスだ。「チャット形式のUI」「詳細なデータ解析」「低コストですぐに実装」の3つのポイントから、エントリーフォームの最適化を図り、CVRの向上に貢献する。

「カゴ落ち」低減にも威力

今回の連携に際し、wevnalでは、次のように述べている。

「従来のECサイトに設置されている入力フォームでは、実に約70%のユーザーが情報の入力途中で離脱しています。その課題に対し、ユーザーが普段の生活のなかで慣れ親しんでいるチャット形式の入力フォームを設置することで、ユーザーの『カゴ落ち』を防ぎ、売り上げを向上させることが可能です」

EC事業を成功に導く上で、いわゆる「カゴ落ち」を回避させることは重要な要素だ。そこにおいて、多様な決済に対応することもポイントとなってくる。今回、チャット決済サービス「BOTCHAN PAYMENT」が決済代行サービス「ROBOT PAYMENT」とAPI連携したことで、EC事業者がよりスムーズに「BOTCHAN PAYMENT」を実装することが可能となり、「カゴ落ち」の低減やCVR向上に威力を発揮することとなりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事