BtoCとの併用も可。BtoBサイトを始めるならMakeShopで簡単に

ECのミカタ編集部 [PR]

GMOメイクショップ株式会社 法人営業部 部長 笹崎淳史氏

 4年連続流通総額ナンバー1を誇るASPカート「MakeShop」をベースとして、簡単にBtoBサイトを開設できることはご存知だろうか。しかもMakeShopであれば、BtoCサイトとBtoBサイトを併用することもできる。そんなMakeShopの「BtoBオプション」について、GMOメイクショップ株式会社(以下、GMOメイクショップ) 法人営業部 部長 笹崎淳史氏にお話を伺った。

MakeShopなら「BtoBオプション」を追加するだけ

 2004年からサービスを開始したMakeShopは、”誰でも簡単にネットショップを立ち上げられる“というコンセプトのもと、企業に合わせたプランをコストを抑えて提供しており、導入社数を順調に増加させている。特に2016年は、プロモーションに力を入れたことで更にMakeShopに対する認知が高まり、多くの企業に利用してもらえたという。

 そんなMakeShopをベースとして、BtoBサイトを簡単に開設できる機能が「BtoBオプション」だ。同機能は、2013年頃にMakeShopのオプション機能としてリリースされたものであり、特別な作業をせずとも卸売りサイトや会員限定サイトを開設できる機能である。

 どれほど簡単に開設できるのかというと、MakeShopにBtoBオプションの機能を追加するだけ。追加作業は、時間がかかったとしても2~3営業日だという。また、BtoBオプションであれば、他社だと数百万円はかかる初期費用が約30万円程度であり、月額費用はMakeShopの利用料金のみ。ベースはMakeShopのASPカートであるため、導入後のバージョンアップも費用を必要としない。

 ここまで簡単にBtoBサイトを開設できるASPカートはそれほどない。ましてや、ECパッケージを使ったり、自社で開発しようとすれば時間もコストも手間もかかる。MakeShopであれば、普段使い慣れている管理画面ですぐにBtoBサイトを始められるのだ。このBtoBオプションには、どのような機能が備わっているのだろうか。

BtoB取引に欠かせない4つの機能とは

 BtoBオプションはMakeShopをベースとし、主に4つの機能を備えている。「会員グループ別価格表示機能」は、取引先ごとに表示する掛け率やポイント付与数を自動で切り替えるようあらかじめ設定することが出来る機能だ。BtoB取引を行うEC企業にとっては、一番必要な機能だろう。

 そして、取引先ごとに選択できる決済方法に制限をかけることができる「会員グループ別決済制御機能」も、BtoBならではの機能だ。例えば、BtoBの取引は後払い決済を用いることが一般的であるが、新規顧客に対して後払い決済を用いるのは代金未払いのリスクが懸念される。しかしこの機能を使えば、新規顧客には後払い決済を選択させないという設定が簡単に出来るのだ。

 その他にも、商品注文時や会員登録時に法人名・部署名を入力させる項目を追加することが出来る「法人名入力機能」や、取引き先ごとに商品や商品カテゴリーの閲覧制限をかけることができる「会員グループ別商品表示制御機能」と、

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。