「利益を上げるECサイトをつくります」成果報酬型で結果にコミット!売上UP企業を続々輩出する、EC事業の支援サービスとは

須崎 千春

ECサイトを運営する上で課題となる「人手」と「予算」。サイト制作、商品仕入れ、広告運用、発送業務など業務が多岐に渡るECサイトを「どう運営したらいいのか?」とお悩みの企業も多いのではないだろうか。また、利益があがらないまま運営を続けているECサイトも多く存在しているはずだ。そこで今回は、こうした企業の悩みを解決する成果報酬型のネットショップ運営支援サービス「ショップアシスト」を運営する株式会社エスアイアソシエイツに訪問。同サービスについて、マネージャーの瀧田新之輔氏と事業部長の岡本崇弘氏に話を伺った。

ECサイト構築〜運用までを丸ごとサポート!EC事業者を支援する「ショップアシスト」

――EC業界が盛り上がりを見せる中、人手不足やコスト削減をはじめEC担当者の悩みは多岐にわたります。「ショップアシスト」では、どのようなサポートを行っているのでしょうか?

瀧田:
ショップアシストでは、弊社で開発したカートシステム「エバーカート」を使ったサイトの構築から、その後の運用までを 一貫してサポートしています。ご購入者様への対応、商品登録やアクセス分析など、各事業社様の課題にあったご提案をするサービスです。

毎月、定例会を開催して1ヶ月の振り返りと翌月のアクションを一緒に考えたり、マーケティング企画も出します。状況を踏まえながら様々なサービスの紹介もいたしますし、 いろんな側面からEC事業社様をフルサポートできるのが「ショップアシスト」です。

弊社が運営スタッフとなり店舗の運営業務をおこなっていくので、事業者様は商品企画や売上向上のための施策検討に注力していただけます。


――商品発送やサイト構築のみなど、一部分の請負いではなくトータルサポートなんですね。

瀧田:
そうなんです。一部分ではなく「トータルサポートできること」を理由にショップアシストを採用していただくEC事業者様が多いですね。サイトの構築だけ、はたまた運用だけではないので「そこまでやるんですか?」と言っていただけます。

業務のそれぞれを複数の会社さんに委託するということは、窓口も複数になってしまいます。例えば、広告代理店にはプロモーションを、制作会社にはLPの制作を依頼するとなったとき、各社のやりとりがそれぞれ発生しますよね。このときにスムーズに進めばいいですが、大体はEC事業社様側で各社のコントロールが必要になってくる。A社にもB社にもC社にも連絡をしなければならないとなると、本来やるべき業務に注力することができません。多くのEC事業社様はすでにその大変さを味わっているからこそ、煩雑な窓口が一元化されるショップアシストが魅力的に映るのかなと。



ネットショップ構築から運用代行・戦略立案までをリーズナブルな初期費用と成果報酬型の月額費用で提供するネットショップトータルサポートサービスのショップアシスト。

――これからECサイトを立ち上げようとしているEC事業社様からは、どのような相談が多いですか?

岡本:
新しいECサイトを立ち上げるときには「自社にEC運営のノウハウがない」と悩むEC事業者様が多いです。最初から経験のあるEC担当を雇用するのも簡単ではないので、「何から手をつければいいのか分からない」「デザインはどうしたらいいの?」「商品が売れた後、お客様にどう接したらいいのか分からない」など、初歩の段階からつまづいてしまうEC事業者様が非常に多くいらっしゃいます。

そのため、「社外のEC事業部になってほしい」と私たちに相談してくださいます。世の中には良い商品がたくさんあるので、インターネットの力を使って良い商品をお届けするためにも、これからも協力していきたいです。

瀧田:立ち上げの際にサイトを構築するためにカートを選び、自分たちだけでは運用できないからとECサイトの運用会社を選ぶ。ショップアシストだとこの2つが1つにまとまっているので、ECサイト立ち上げを考えるEC事業者様に対して、お力になれると思います。

サービス利用料は成果報酬型!結果を出すノウハウを提供

――――ショップアシストの利用料金は「成果報酬型」だとお聞きしました。

瀧田:
基本的に、税込売上額の15%を成果報酬という形でいただいております。ただし、税込み売上が33万円を下回る場合は、最低月額費用として5万円をいただきます。

岡本:成果報酬型の利用料については「すごい安いね」と捉えていただける方と、「15%はちょっと…」となる方とやはり分かれてしまいますが、メーカー様や、卸をされているEC事業者様であれば「安いね」と言っていただけることが多いです。

またサイト構築費として初期費用50万円をいただいています。カスタマイズが必要な場合は別途費用をいただきますが、まずは初期費用内で構築できるベーシックなサイト内容でのスタートがおすすめです。

オープンソースの無料ECサイト構築パッケージもありますが、機能やデザインを変えようとするとスタマイズ費用がかさみ、膨大な金額になってしまいます。 なので「初期費用がかかったとしても必要な機能が揃っていた方が、結果的に安く抑えられる」とショップアシストを好意的に受け入れてくださるEC事業者様が多いですね。

――初期費用が発生するといっても、トータルで考えると費用を安く抑えることができるんですね。企業様の売上向上にはどのようなサポートをされているのですか?

岡本:
創業時から自社でECサイトを運営していることもあり、15年間培ってきた運営ノウハウがあります。自社で開発したシステムを使って、メルマガもお客様ごとに個別に打つ、クーポンを細かく提供するなど、施策は様々です。

瀧田:そのほかにもEC事業社様に対して、「自社サイトオリジナルの特典をつけられないですか?」などのご提案もしています。取り扱っている商品の限定カラーを出すなど、自社サイトだけの特別感を出す取り組みをしましょうと。モールに出店されている競合ショップも多いので、自社サイトならではの差別化を図ることで売上げに繋げています。

岡本:そして、結果が出てきた段階でEC事業社様から「広告予算を増やしたい」とご相談をいただくこともあります。「オリジナル商材の販売をスタートしたい」「バックヤード業務の見直しをしてほしい」など、ショップアシストの枠を超えた相談をいただくこともありますが、売上を向上させるためにお手伝いする内容は本当に幅広いですよ。

ECサイト立ち上げ、運営のフルサポートを行う「ショップアシスト」。今後の展望は?

――「ショップアシスト」の今後の展望をお伺いできますか?

瀧田:
今までの実績もふまえながら、さらにお客様に提案できる売上げ向上施策の追求をしていきたいと思っています。また、他ソリューションとの連携も深めていきたいと考えています。やはりEC運営において分析・CRM・顧客対応なども重要なので、ご提案の幅を広げていきたいですね。

――二人三脚での取り組みになると思うのですが、どのようなEC事業社様に相談にきていただきたいですか?

岡本:
やはり自社商品に対する情熱を持った方々に出会いたいですね。「お金を払うので好きにやってください」と丸投げするEC事業社様よりも、「どうやって売上げを上げていけばいいのか、一緒に考えてほしい」と相談してくださるEC事業社様の方が、成果は出やすいんです。熱い想いが全てではないですが、それが商品や運営面にもつながってくる。そしてその想いを具現化するのが私たちの仕事だと思っています。

弊社の成果報酬型サービスは、ある程度の自信があるからこそできる仕組みです。売上げが上がるとお客様にも喜んでいただけますし、嬉しいですよね。引き続きWin-Winの関係を築いていきたいです。

「ECサイトを運営するお手伝いをしてほしい」「ECサイトを立ち上げるので、商材の相談をしたい」など、まずは気軽にご相談いただければと思います。

「3社限定!初期費用半額キャンペーン」ショップアシスト×ECのミカタ

ショップアシストでは今回のECのミカタへの掲載をふまえ、ECサイトをこれから立ち上げようと考えている事業社様必見の「3社限定!初期費用半額キャンペーン」を実施。

ECサイトの構築から運用までをフルサポートする「ショップアシスト」へ、ECのミカタを通してご相談いただいた企業様の中から3社をご優待し、初期費用(サイト構築費用)50万円(税抜)が、25万円(税抜) になるという。

この機会にぜひ「ショップアシスト」を検討してみてほしい。

※半額対象は基本料金の50万⇒25万とし、カスタマイズ・デザイン費用は含みません
※弊社審査基準を満たすお客様に限ります
※審査基準は非公開となります

EC運営に関するご相談はこちらから!


記者プロフィール

須崎 千春

1992年生まれ 北海道出身。朝ごはん巡りが大好きなフリーライター。
ビジネス系の書籍やWeb記事の執筆をメインとし、「ECのミカタ」ではECサイトを運営する会社での勤務経験を活かし、企業インタビューを行なっている。

須崎 千春 の執筆記事