実店舗とECサイト、双方の在庫管理を一元化!【エスアイアソシエイツ×スマレジ】

ECのミカタ編集部

株式会社エスアイアソシエイツ(本社:東京都新宿区/代表:岩井淳行)は、2019年5月にバージョンアップした独自開発のショッピングカートシステム「EverCart(エバーカート)」に7月8日(月)、株式会社スマレジ(本社:大阪府大阪市/代表:山本博士)が提供するクラウドPOSレジ「スマレジ」との連携機能を追加した。店舗とECサイト双方での在庫管理を自動化する機能の提供を開始する。

2つのクラウドサービスが連携

「EverCart(エバーカート)」は、エスアイアソシエイツが独自開発したショッピングカートシステムだ。2019年5月にバージョンアップしたSaaS型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」に完全対応し、CMS機能が充実している。

一方スマレジが開発・提供している「スマレジ」は、iPad、iPhone、iPod touchなどで店舗販売する商品の在庫管理・売上分析などができる、クラウド型のiOSアプリ。

1店舗で基本的なPOSレジ機能だけであれば無料で導入・活用が可能だ。企業・事業者のニーズや用途に応じ、複数の店舗での活用や売り上げデータ、顧客の管理といった多彩な機能をリーズナブルな価格で活用できる。

在庫管理業務を自動化!

エスアイアソシエイツはスマレジから提供されたAPIを「EverCart」へ実装することにより、店舗とECサイトの双方での在庫管理業務を自動化する機能を追加した。

「スマレジ」のプレミアムプラン以上、「EverCart」を導入・活用していれば、追加やオプション費用なく活用することができる新機能だ。

すでにリアル店舗で「スマレジ」を活用している企業・事業者は、ECサイトの運営に「EverCart」を導入することで店舗とECサイト相互の在庫管理が自動化でき、大幅な業務の効率化とコスト削減が実現できる。

多くのシステムが活用される中、業務効率化とコスト削減は多くの事業者の要望である。今回の新機能追加は、特に小規模店舗や個人事業主にとって大きなサポートとなるのではないだろうか。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事