今こそ、ECをスタートさせたい店舗は必見!複数店舗で簡単にEC運営ができる『モール型のECサイト構築』を解説!

野中 真規子 [PR]

コロナウイルスの影響による巣ごもり消費や、販売を実店舗からネットに切り替える事業者の増加など、ECへの関心は今まで以上に高まっている。

ネットショップ構築サービス「MakeShop」のGMOメイクショップ株式会社(以下、GMOメイクショップ)にも、新規立ち上げについて日々多くの相談があるが、中でも急増しているのが1つの事業者が複数出店するモール展開のニーズだそう。

そうした要望にぴったりだという同社の「モール型のECサイト構築」について、GMOメイクショップの笹崎 淳史氏にお話を伺った。

商店街や地域のメーカーなど、複数店舗でのEC出店が急増中!

ーーコロナウイルスによる影響で、小売店のあり方は大きく変わりました。GMOメイクショップさんに寄せられている相談にはどんなものがありますか?

自粛ムードの中、これまで実店舗メインで販売していた事業者さんが新たな選択肢としてネット販売を検討されたり、これまで業務が忙しくEC開設に踏み切れなかったメーカーさんが時間的な余裕ができたことなどからスタートの意志を固められたりするケースが増えています。

とくに目立つのは、複数店舗を1つのモールのように運営したいというニーズです。商店街では通販ノウハウのある店舗さんとそうでない店舗さんがおられますし、1店舗1店舗で運営するより、複数店舗をモールにしたほうが品揃えもよくなります。

そこで地域に密着している制作会社さんなどある程度サイト構築やデザインを理解している立場の方が、複数店舗さんからの要望を受けてモール型のECを始めたいと、弊社にご相談いただくことが非常に増えました。ほか地域活性を目指す自治体の商工会議所さんや、融資先である小売を守るためにと地方銀行さんからもお問い合わせいただいています。

そうしたご要望に対しておすすめしているのが、弊社の「モール型のECサイト構築」サービス。今月だけでも数十件のお問い合わせをいただき、月に
5〜6件のペースでご導入も決まっています。

店舗が行うのは商品登録と受注管理だけ! シンプルに運営できる

GMOメイクショップ株式会社 笹崎 淳史 氏
※三密を避けるためオンライン取材を実施した。

ーー「モール型のECサイト構築」の強みとはどんなところでしょう。

複数の店舗さんやメーカーさんから商品を集めてモールのように展開できることです。

モールというと楽天市場のようなサイトをイメージされるかもしれませんが、楽天市場は巨大なモールの中に独立した店舗が1つ1つ入っていて、商品登録や受注管理などのほか、店舗のデザインの更新やマーケティングなどは店舗さんごとに行う必要があります。

いっぽう弊社の「モール型のECサイト構築」では、店舗さんは単純に商品登録や配送管理の画面のみを操作すればよいだけなので、宣伝やデザインを気にせず、シンプルに店舗の運営ができます。

デザインやプロモーションなどの施策は運営元の会社さんのほうで行っていただくことになりますので、ある程度知識や経験のある方が代表して運営されることをおすすめしています。

ーーEC未経験の店舗さんでも使えるのでしょうか。

操作はSNSやブログ感覚で簡単にできますのでご安心ください。
各店舗さんやメーカーさん向けには、その店舗専用の管理画面をご提供しますので、そこで商品登録配送処理をしていただくだけです。

①簡単!商品登録

②簡単!配送処理

「モール型のECサイト構築」資料より

商品を陳列してレジで売る代わりに、ネットで登録して受注、発送すればよく、実店舗販売のような物質的なやりとりの煩雑さもなくなります。店舗ごとの管理画面は他店舗からは見られないようにしていますので、セキュリティ上の心配もありません。

モールの立ち上げも「MakeShop」と同様、とても簡単です。管理画面から基本的な会社情報を入力し、支払い方法や配送方法、送料などの諸設定をするだけで、通常ですと数日で立ち上がります。あとはデザイン的な部分をどれだけこだわるかによって、スタートまでの期間は変わってくると思います。

「モール型のECサイト構築」の資料DLはこちら

販売数量が増えても追加費用なし! 定額制だからコスト面も安心

GMO MakeShop(公式)サービスページより
https://www.makeshop.jp/

ーー22000店舗に導入実績のあるMakeShopのシステムということもあり、使いやすさは安心できますね。導入にあたっては、コストやサポート面も気になります。

コストは定額制で、MakeShopの利用料金のみ。販売手数料もかかりません。モールとなると販売される店舗さんが多くなりますが、販売数量によって金額が変わることもありませんのでご安心ください。

サポートは、通常のMakeShopでもコールセンターで電話対応をさせていただいていますが、「モール型のECサイト構築」については専用サポート窓口を設け、ベテランの担当者2名を配属してより手厚くサポートさせていただいています。

実際にご導入いただいた企業様からは、「こんなにスムーズに立ち上げられると思わなかった」「わからない点もすぐ教えてもらえるので安心」というご感想を多数いただいています。オリジナルの機能でも十分便利にお使いいただけますが、+αでカスタマイズも承っています。

地方の事業者さんにもお使いいただき、地域活性化をお手伝いしたい

https://www.cloudec.jp/service/directdelivery/
「モール型のECサイト構築」サービス名は「メーカー直送システム」

ーー「モール型のECサイト構築」は、どのような事業者さんにおすすめですか?

とくに地方の店舗さんや制作会社さん、銀行さんなどにお使いいただき、地域活性化を積極的にサポートしたいと考えています。これからネットショップを始めたいけれど、ノウハウがないので難しいとお考えの方に、ぜひご検討いただきたいですね。現在とくにお問い合わせが多いのは、食品やドリンク、アクセサリー、アパレルの店舗さんやメーカーさんです。

ーー今後の展望をお聞かせください。

「モール型のECサイト構築」とは別の話になりますが、急増している店頭受け取りサービスへのニーズにお応えして、弊社では複数店舗ごとにカスタマイズできるサービスも構築中です。

「モール型のECサイト構築」やこうしたサービスでまずは展開してみて、自社のショップが持ちたくなれば「MakeShop」で単独に立ち上げていただくこともできるのは、弊社ならではの強みです。

また新型コロナウィルス感染拡大防止対策の導入支援として、6月末までで先着5社様限定で「モール型のECサイト構築」の導入費用を最大20万円キャッシュバックするキャンペーンを実施します。これからECサイトを立ち上げる事業者様の負担となる導入費用の一部をご支援しネット販売をはじめていただくことで、少しでも新型コロナウイルスが経済に与える影響の緩和や、感染拡大防止につながることを願っております。

まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

「モール型のECサイト構築」の資料DLはこちら

【新型コロナウイルス対策支援キャンペーン】モール構築システム導入費用を最大20万円キャッシュバック!
https://www.magazine.makeshop.jp/campaign-directdelivery/


記者プロフィール

野中 真規子

ライター。著書(電子書籍)『片付けられない、という「思い込み」をなくして、今すぐ片付けるための本』(ハウスキーピング協会)が好評発売中。ECのミカタにおいては、ECサービスのお話から伝わる本質的なメッセージを受け取り、拡散することが歓びです。

野中 真規子 の執筆記事