”出荷指示”不要!楽天・Yahoo!の注文もAmazonFBAで自動化!

福島 れい [PR]

株式会社Webの匠 代表取締役 田渕 健悟 氏

”「受注管理業務」「発送管理業務」を完全に自動化する”今回は、そんな夢のようなサービスを取材してきた。「1日の業務の大半を出荷業務に費やしている」、「週明けやセールなどの繁忙期は特に出荷作業が大変」などといった悩みをお持ちならこの”SHIPPInno(シッピーノ)” は必ず役に立つ。今回は株式会社Webの匠 代表取締役 田渕 健悟 氏に自動出荷サービス、シッピーノに込められた想いを伺った。

多店舗展開強化!AmazonFBAへ出荷指示を自動化

Amazonが提供するフルフィルメントサービス、FBAとFBAマルチチャネルをご存じだろうか?どちらも商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行して運営するものだ。この2つの違いは、”出荷指示”が必要か否かにある。FBAはAmazonマーケットプレイスで受けた注文を出荷指示なく、完全自動で出荷するサービスだ。一方、FBAマルチチャネルは楽天市場やヤフーショッピングなどAmazonマーケットプレイス以外の注文に対応しているが、”出荷指示”はECサイトが行う必要がある。

楽天市場やYahoo!ショッピング、自社ECサイトも同時に展開している方なら、誰しも思うのではないだろうか?「Amazonに限らず、全ての注文の出荷指示を自動で行えたら・・・」と。

そんなときに役に立つのが、”シッピーノ”だ。シッピーノとは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモールや自社ECサイトで発生する注文を自動的に取り込み、FBAマルチチャネルサービスのAPIを利用して、全て自動で出荷指示を行うシステム。つまり、出店しているモール、自社ECサイト問わず、すべての注文が自動で出荷指示が出され、出荷、在庫管理まででき、作業時間を大幅に短縮できるのだ。

シッピーノについて田渕氏は「注文を受けてから出荷完了までが自動化されれば時間に余裕ができる。その空いた時間を売り上げを上げるための生産的な時間として使ってほしい。」そう考えて開発したサービスだと熱く語る。その背景にあるのは、「意思決定をする立場にある人が手を動かして作業をしている。」という多くのECサイトが抱えている課題だ。

ECサイトが成長するためには、出店戦略や広告戦略など考えなければならないことが沢山あるにも関わらず、それをする余裕がないECサイトは少なくない。「売り上げの増加につながりにくい、もったいない時間をなくし、ECサイト成功の助けになりたい。」シッピーノにはそんな想いが込められている。

24時間365日、最短10分で出荷完了!

シッピーノの最大の魅力はこれまで出荷指示にかかっていた人手が一切かからなくなることだ。シッピーノを利用すれば、月額1万円からという低コストで、Amazonからの注文だけでなく、楽天などのモールや自社ECサイトなど、あらゆる注文情報を自動で取得し出荷される。つまり、出荷指示や出荷作業をしていた時間を商品の企画や多店舗展開など売り上げを伸ばす施策に充てることができるようになるのだ。

さらにシッピーノは人の手を介さないため、休暇や時間帯に関わらず24時間365

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

福島 れい

ECのミカタ編集部に所属するバドミントンと和服、旅好きの記者、通称れーちゃん。ミニ特集「アパレルECの未来(https://goo.gl/uFvr2C)」等、これからEC業界がどんな風に発展していくのか。に注目しながら執筆しています。2017年の執筆テーマは、”私にしか書けない記事をタイムリーに”。

福島 れい の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。