ホテル・旅館向け客室単価設定ツール「メトロエンジン」を運営するメトロエンジン株式会社は、11月の新機能・アップデート情報をリリース

​メトロエンジン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:田中良介、以下:メトロエンジンは、ホテル・旅館向け客室単価設定ツール「メトロエンジン」の新機能・アップデート情報をお知らせします。
2018年11月時点で提供開始されたおもな新機能・アップデート情報は以下のとおりです。

■ 予算対比実績表がご覧いただけるようになりました。

宿泊施設の予算対比実績表がご覧いただけます。指定した施設や部屋タイプ、期間に応じたグラフが表示されます。グラフ内では、日別の予約数・予算数値・実績(収入)をご覧いただけます。


■ 宿泊者情報の分析データを一覧できるようになりました。

予約した宿泊者情報の分析データでは、日本人および外国人予約客の一人あたりの平均客室単価および平均泊数や、邦人/外国人の売上構成比、国籍別割合、男女別割合などをグラフでご覧いただけます。



■ 予約チャネルの比率をご覧いただけるようになりました。

施設のホテルフロントシステムに集計されている、ゲストがどの経路から予約したかを示す予約経路の比率をグラフでご覧いただけます。

「旅行代理店/OTA比率」および「個人予約/団体予約比率」のグラフがあり、グラフ上の各予約チャネルをクリックすると、予約チャネルの内訳もご覧いただけます。


■ 予約チャネル別の売上構成比をご覧いただけるようになりました。

予約チャネル別の売上構成比をグラフおよびリストでご覧頂けます。
■会社概要
メトロエンジン株式会社は、民泊事業者向けに民泊やマンスリーなど物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール「民泊ダッシュボード」を提供。ホテル・旅館向けには、リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価の設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」の提供を行うなど宿泊事業者向けのサービスを提供しています。

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録