Amazon スポンサーブランド広告 予算消化ルールに変更あり!

アグザルファ株式会社

こんにちは!
アグザルファのAmazon専門コンサルタントです!

ここ最近、Amazonブランド登録を行われている出品者も増えてきたことから、スポンサーブランド広告(以下、SB広告)を運用されているケースも増加してきております。

※SB広告って何?という方はコチラの記事内「スポンサーブランド(SB)広告の利用」で簡単にご紹介しておりますのでご参考ください!

この記事にたどり着いたあなたは、ここ最近のSB広告の消化予算に疑問を感じられてアクセスいただいたのではないでしょうか?

そうです。

SB広告は2月より一部の予算仕様が変更されております!

Amazonからは新着情報や重要なお知らせなどはございませんでしたが、1月29日以降、広告キャンペーンマネージャーへアクセスした際、以下のようなメッセージが表示されております。

※現在、アカウントによっては表示されなくなりました。

Amazon スポンサーブランド広告についてのお問い合わせはこちらから!
https://bit.ly/2omhn4b

また、上記メッセージが表示されていた際に記載されていたヘルプも合わせて見ていきましょう。

■広告ヘルプ

参考)Amazonセラーセントラル 広告ヘルプ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 日の予算 】
1 日の予算とは、1 日ごとにキャンペーンに費やす金額のことです。1 日の予算額は、暦月の 1 か月間にわたって平均化されます。任意の日に費やす金額は、1 日の予算より少ないこともあれば、1 日の平均予算より最大で 10% 多くなることもあります。このシステムによって、トラフィックの多い日にはメリットが得られます。月末時点の広告費が、設定した 1 日の予算にその月の日数を掛けた金額を超えることはありません。毎月の請求限度額を超える請求がなされないよう、請求書では超過配信の調整が行われます。キャンペーンが 1 日の予算に達すると通知されます。たとえば、予算が 1,000 円で、初日に 900 円分のクリック数を獲得した場合、2 日目に最大 1,100 円分のクリック数を獲得することができます。これにより、2 日間の合計支出が 2,000 円になり、平均は 1 日あたり 1,000 円になります。※ヘルプ記載内容抜粋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

…さて、どういう意味でしょう?

表示内容だけでは具体的にどのように変わったのか理解しづらいため、具体例を交えながら疑問とその答えをひとつずつ紐解いていきましょう!

疑問① 予算の平均化とはどのように計算されるの?

1 日の予算額は、暦月の 1 か月間にわたって平均化されます。
※ヘルプ記載内容抜粋

予算の平均化とはどのように計算されるのでしょう?

■回答
⇒現時点ではAmazonの仕様上、1日の予算は「内部的に」1日の予算×月日数で計算されます。

あくまで内部的なので表面上は確認できませんが、その合計予算額が1か月間で使える予算として認識されることとなります。

疑問② 予算の繰り越しってどうなってるの?

例えば、キャンペーン予算が1日1000円で2月1日~28日まで1日毎に900円分ずつ消化していった場合、2月29日には100円×28日=3800円分(2800円(繰り越し分)+1000円(当日予算分))の予算が消化される可能性はあるのでしょうか?

■回答
⇒いいえ。1日当たりに多く使える1日の予算は設定額の「+10%」までとなります。

上記例の場合ですと2月29日の予算で消化される可能性のある予算上限は「1,100円」までとなります。

疑問③ 超過配信の調整ってなに?

月末時点の広告費が、設定した 1 日の予算にその月の日数を掛けた金額を超えることはありません。

毎月の請求限度額を超える請求がなされないよう、請求書では超過配信の調整が行われます。
※ヘルプ記載内容抜粋

との記載について、「請求書では超過配信の調整が行われます。」とは具体的にどのようなことでしょうか?

もし予算を超過していた場合はAmazon側で超過分を負担してくれるのでしょうか?

■回答
⇒1日の予算が1000円の設定であった場合、「3月」であれば31日あるため、1か月間で使える予算は31,000円とシステム上認識されます。

広告経由のクリックが多く、日々上記の「+10%」の補正がかかり「1か月の広告費が3万1千円」を超えることがあり、この超えた分の広告費は、広告費が請求となる前に調整がされれば、そのまま調整金として請求額と相殺され、もし請求後に調整がされた場合には、翌期間に無料の広告費としてAmazonから付与されます。

疑問④ 適用されているキャンペーンは?

今回の仕様変更は2019年10月8日より前に作成された1日の予算設定があるスポンサーブランド広告キャンペーンが対象と記載されていましたが、2019年10月9日以降に作成されたスポンサーブランド広告キャンペーンには既に本挙動が適用されているのでしょうか?

■回答
⇒2019年10月9日以降に作成されたキャンペーンの場合は変更が適用されております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここ最近、運用しているSB広告の予算消化に変化を感じられた方は、以前との変化を考慮して予算や入札額なども見直しを行い、さらに効率的な運用を目指して参りましょう!

少しでも、本記事が皆様の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取り扱い商品が売れるのかわからない・・・
他では売れるのにAmazonでは売れない・・・
検索順位が上がらず集客できない・・・


そんなお悩みを抱えていましたら、
Amazon専門コンサルのパイオニア企業 アグザルファ株式会社へお気軽にご相談ください!


Amazon スポンサーブランド広告についてのお問い合わせはこちらから!
https://bit.ly/2omhn4b


【 Amazon出品に関する知識・対策を公開中! 】


1)Amazon DSPとは?広告の特徴と開始方法まとめ!
https://ecnomikata.com/column/25042/

2)新たなレビュー獲得施策!?Amazon Vine 先取りプログラムを解説!
https://ecnomikata.com/column/24938/

3)プロモーション活用で転換率アップ!?Amazon出品「1点購入でもう1点プレゼント」を解説!
https://ecnomikata.com/column/24871/

4)あなたの出品商品は安全ですか?AmazonにおけるPSE審査を解説
https://ecnomikata.com/column/24752/

【 Amazon年間イベントスケジュールを公開中! 】


Amazon出品者必見!Amazon年間イベントスケジュールまとめ
https://ecnomikata.com/knowhow/24831/


著者

アグザルファ株式会社

【Amazon専門コンサルのパイオニア企業】
2011年より業界初のAmazonコンサルティングを開始。
パイオニア企業として長年にわたり多くのクライアントの売上を拡大してきた確かな実績や知見を蓄積。

商品やカテゴリ問わず、Amazonデータの解析や競合調査をもとに、1社1社に合わせた最適な施策を実施し、競合との差別化で売上拡大の実現に繋げます。

個人から大手企業まで多くのクライアントのサポート実績があり、月商10倍や無名ブランドを有名ブランドに育てるなど、着実に成功事例を創出。

【Amazon内の受賞実績多数】
年間の優秀な出品者や商品に贈られる「Amazonマケプレアワード」や「Amazonランキング大賞」を当社クライアントが多数受賞。

【メディア掲載多数】
「日経MJ」や「日本ネット経済新聞」、Amazon関連書籍をはじめ、多くのメディアで当社のコンサルティング実績が掲載。AbemaTVの番組「AbemaPrime」にAmazonの動向について代表比良がゲスト出演しました。


https://www.axalpha.com/