【ペイパル第1四半期決算】収益は17%向上、29.75億ドルを達成。

ECのミカタ編集部

 ペイパル(PayPalHoldings, Inc.)は、グローバル決済におけるプラットフォームおよびテクノロジーリーダーである。同社は4月26日に、第1四半期(2017年1月1日〜3月31日)の決算・通期の業績を発表した。
 第1四半期では、収益は17%増の29.75 億ドルを達成。アクティブアカウント数(年に1回以上利⽤するユーザーの数)は 600 万件の増加。合計決済件数は23%増の17億件まで上昇。取扱⾼の総合計は、23%増の990億ドルとなった。

 ペイパルは、より自由・安全なお⾦のやりとりを目指し、デジタル決済のイノベーションに努めてきたフィンテック企業だ。
 同社は、幅広いプロダクトやサービスを提供している。まず、消費者向けには安⼼・便利なデジタルウォレットサービスだ。そして、ビジネスに対しては、シンプルかつ低コストな決済ソリューション。加えて、越境EC・訪日観光EC、モバイル・アプリ、シェアリングエコノミー、さらに次世代ショッピング&デジタルコマースまで、マルチに対応できる。

 現在ではネット決済のグローバルスタンダードとして、200を超える国・地域の2億300万⼈がペイパルを利⽤している。同社は世界をリードするオープンデジタル決済プラットフォームとして、昨年約61億件の取引を決済している。そのうち20億件はモバイル決済だった。
 そんなペイパルはこの度、2017年1月1日〜3月31日の決算・通期の業績を発表。収益は17%増加し、金額は29.75億ドルを達成した。

株式買戻しによる株主還元は次期への自信か

 ペイパルは4月26日、取締役会が自社株式の買戻しを、新たに承認したと発表した。同プログラムでは、50億ドルを上限に、自社の株式を買い戻すことができるようになる。これにより発行済株式の総

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。