世界中の翻訳者への支払いをPayoneerで。リアルタイムで現地通貨に

ECのミカタ編集部

 オンライン決済のリーディング企業であるPayoneerの決済システムが、日本最大級のクラウドベースの人力翻訳プラットフォームGengo(ゲンゴ)内で採用されることが決定した。今回の連携で、Payoneerの決済プラットフォームによって、Gengoを利用する世界中の翻訳者への報酬の支払いに際し、200以上の国や地域に150以上の通貨で送金することができるようになる。

 Gengoは、2008年に日本でサービスを開始し、現在、140カ国以上で2万1,000人以上の翻訳者を擁している。楽天、Tripadvisor、JTB、Airbnb、Huffingtonpost、Beams、PARCO、Alibaba、Quizupなどの国内外の著名企業を顧客に持ち、世界中に存在するGengoの翻訳者のさまざまなニーズに対応するグローバルな決済サービスが必要とされている。そこで、迅速、安全で柔軟な決済システムを世界で提供するためのパートナーとして、Payoneerとの連携を決めた。

 今回の連携で、Payoneerの決済プラットフォームによって、Gengoは世界中の翻訳者に対応した支払いを、迅速かつ低コストで提供できるようになる。また、日本国内外のPayoneerユーザーはGengoからリアルタイムで支払いを受け、現地通貨で取引できるようになった。

世界のボーダレス化とそこで戦っていくためのマインド

 国際決済の複雑さや規制を気にすることなく、世界中のユーザーにオンラインでの簡単な決済を可能にしているPayoneerの技術と、135を超える国々の2万1,000人以上の認定翻訳者が存在するGengo、お互いのニーズがピタリとマッチングした今回の提携。世界のボーダレス化を促進する良い起爆剤であるように思う。

 世界中の「国々」「通貨」「事業」などの垣根を簡単に超えていける現代。まだまだ見たことも聞いたこともないような画期的なサービスが登場するのだろう。そういった新しい価値観に柔軟に対応し、活用していけるような視点と感性は持ち合わせておいたほうが良いだろう。それが現代ビジネスマンの必須スキルなのかもしれない。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。