世界中の翻訳者への支払いをPayoneerで。リアルタイムで現地通貨に

ECのミカタ編集部

 オンライン決済のリーディング企業であるPayoneerの決済システムが、日本最大級のクラウドベースの人力翻訳プラットフォームGengo(ゲンゴ)内で採用されることが決定した。今回の連携で、Payoneerの決済プラットフォームによって、Gengoを利用する世界中の翻訳者への報酬の支払いに際し、200以上の国や地域に150以上の通貨で送金することができるようになる。

 Gengoは、2008年に日本でサービスを開始し、現在、140カ国以上で2万1,000人以上の翻訳者を擁している。楽天、Tripadvisor、JTB、Airbnb、Huffingtonpost、Beams、PARCO、Alibaba、Quizupなどの国内外の著名企業を顧客に持ち、世界中に存在するGengoの翻訳者のさまざまなニーズに対応するグローバルな決済サービスが必要とされている。そ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/15461/