年間流通総額が10倍に!多彩なサービスへ成長した国内最大のハンドメイドマーケット『minne』

ECのミカタ編集部

年間流通総額が10倍に!多彩なサービスへ成長した国内最大のハンドメイドマーケット『minne』

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎、以下「GMOペパボ」)が運営する国内最大級のハンドメイドマーケット『minne(ミンネ) byGMOペパボ(以下「minne」)』」は、2017年の年間流通総額が100億円を突破したことを公表した。

国内最大級のハンドメイドマーケット『minne』

『minne』は、幅広いユーザーが手軽にハンドメイド作品を販売・購入・展示できる、国内最大級のハンドメイドマーケットだ。2017年11月末日時点で、作家数は39.3万人、作品数676万点、アプリダウンロード数は851万件に上る。

また『minne』の事業領域は、オンラインでの販売だけに留まらない。2日間で5万2,000人の動員数を記録した大型販売イベント「minneのハンドメイドマーケット2017」をはじめとする、作家による対面販売イベントやワークショップなどを全国各地で開催している。

さらに、作家向けの勉強会を開催したり相談を受け付けたりする場として開設したハンドメイドスペース「minneのアトリエ(世田谷・神戸・福岡)」を通じて、ハンドメイド作家という新しい働き方をサポートする取り組みも行っている。

年間流通総額が10倍!多彩なマーケットへ成長

国内最大級のハンドメイドマーケット『minne』

『minne』では、「CtoCアプリ」や「シェアリングエコノミーサービス」の認知拡大などにより、作家数・作品数・アプリダウンロード数ともに順調に増加し、作品の購入も大いに活性化した。2017年の年間流通総額は100億円を突破し、大規模なプロモーションを開始する前の2014年の実に約10倍となった。自他ともに認めるマーケットリーダーとして、ハンドメイド市場の拡大を牽引する存在と言えるだろう。

さらに「minneハンドメイド大賞」などをきっかけに、作家にスポットが当たる機会が増え、書籍化や企業とのコラボ、メディア露出など、作家の活動範囲が拡大しました。これらにより「minne」の作品への注目も高まり、年間100万円以上を売り上げる作家は1,673名に達し、2014年からの3年間で10倍超に増加した。

2014年時点では、アクセサリーの売上割合が過半数を占めていたが、カテゴリの追加・拡充、「minneハンドメイド大賞」によるハンドメイドの裾野を広げる活動やプロモーションなどにより、今や多種多彩なハンドメイド作品が取り扱われるマーケットへと成長している。

オリジナリティの高い作品が集まっているのが魅力

国内最大級のハンドメイドマーケット『minne』佐々木希さんを起用したTVCMでは、128名の作家による163点もの作品が登場することでも話題になった。

GMOペパボ社では、こうした継続的な活動を背景に、作家数・作品数が順調に増加しただけでなく、アイデアや個性を活かしたクオリティの高い作品が集まって『minne』が「自分だけの特別なもの」や「誰かに贈りたい特別なもの」と出会える場所となったことが、今回の年間流通総額100億円の突破につながったとしている。

また『minne』では、2018年1月11日(木)~24日(水)に、ハンドメイドイベント「渋谷ヒカリエ ShinQs ハンドメイドマーケット presented by minne」の開催を予定しており、100名以上の作家による1万点以上のハンドメイド作品を展示・販売を行う。また、2018年4月27日(金)~29日(日・祝)には、今回で3回目となる大規模販売イベント「minneのハンドメイドマーケット2018」を東京ビッグサイトで開催予定だ。

作家のオリジナリティの高い作品とユーザーとの出会い。こうしたクリエイティビティあふれる領域でこれだけの成果を達成したことは目を見張る。ECの持つ無限の可能性を示すとともに、同社の持つクリエイティビティへのリスペクトで同市場の盛り上がりをさらに牽引していくことだろう。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録