主婦が起業した自然食品販売のECサイト『ハッピーナチュラル』が定期便を拡充

ECのミカタ編集部

 主婦が起業した自然食品販売のECサイト『ハッピーナチュラル』が定期便を拡充

ECサイト『ハッピーナチュラル』の運営を行っている株式会社ナカヤマ(以下「ナカヤマ」)は、農薬不使用の野菜や自然食品をセットにした『ハッピーキッチン』をリニューアルし、予約販売の受付を開始した。

『ハッピーキッチン』をリニューアル

自然食品販売のECサイト『ハッピーナチュラル』の運営をはじめとした多彩な事業を手がけているナカヤマ(本社:岐阜県恵那市、代表取締役社長:田中孝夫)は、東海3県(愛知・岐阜・三重)で栽培された100パーセント農薬不使用の野菜や自然食品をセットにした『ハッピーキッチン』をリニューアルし、1月16日(火)より予約の受付を開始した。

また、完全無農薬の野菜や自然食品をセットにして、ニーズにあわせて選べる3つのコースが設定された定期便が、2月7日(水)正午まで期間限定で最大20パーセントオフになるキャンペーンも実施している。

主婦の立場から起業

主婦の立場から起業

ナカヤマのハッピーナチュラル事業部開設のきっかけは、同事業部代表の田中美帆氏の体験が元になっているという。田中氏は、2男2女の母親で幼少期から重い体調不調などに悩まされ、27歳のときに両親のすすめで参加した「半断食合宿」をきっかけとして、からだの不調のすべてを克服。

自然食の大切さを痛感して、自身でも楽しむようになる。4児を自宅出産し、全員を自然食で育てた。その経験をブログにつづっていたところ、1日あたり約20,000PVを集める大人気ブログとなり、ECサイト『ハッピーナチュラル』開設へとつながった。

起業後は、主婦のかたわら広告・宣伝なしで会員数約8,800人のECビジネスへと成長・発展させた。サイトでは、自身やスタッフが実際に使って本当に「からだと環境によいものだけ」を厳選して紹介・販売。約75パーセントの高いリピーター率を記録しているそうだ。4児の子育てをしながら、経営者としても忙しく働く日々を送っている。

ユーザーのニーズに応えた定期便の拡充 ​

ユーザーのニーズに応えた定期便の拡充 ​定期便の例

『ハッピーキッチン』定期便コース強化のポイントは、これまで野菜のみだったコースにに自然食品をプラスしたセットが選べるようになったことだ。安心・安全かつ新鮮な“旬の野菜”を手軽に食べたいというニーズに対応した結果だという。

なお定期便には次のものが用意されている。 「1.おすすめ9品目コース(旬の野菜+自然食品)3~5人用」「2.お手軽7品目コース(旬の野菜+自然食品)2~4人用」「3.野菜のみ7品目コース(旬の野菜7種類)4~5人用」だ。全3コースはすべて、「隔週(月2回)」と「毎週(月4~5回)」を選んで購入できる。

同社は、オーガニック、農薬不使用の畑で日々奮闘される農家が、今後もより活躍でき、安心して子供たちに食べさせられる野菜作りを応援している。今後も農家との連携を深めつつ、ユーザーのニーズに対応した食品を提供する方針で、今後のさらなる展開が注目される。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。