Amazonが2例目のAmazon Robotics導入施設を開業。導入FCは西日本を眼下に収める大阪府茨木市に開設

ECのミカタ編集部

アマゾン茨木FC 外観イメージ(同社資料より)

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、国内2拠点目となる「Amazon Robotics」を導入した新たな物流拠点「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」を開業する予定であることを公表した。

延床面積が約19,300坪のAmazon最新FC

AmazonがあらたなFC(フルフィルメントセンター)の開業に関するアナウンスを出した。今回、発表があった新たなFCの開設地は、大阪市や吹田市の北部に位置し、大阪市中心部はもとより、京都府方面や兵庫県方面ともアクセスが良好な大阪府茨木市だ。なお、稼働開始は2018年9月を予定しているとのことだ。

<アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)概要>

名 称: アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)
所在地: 大阪府茨木市松下町2-1
延床面積: 約19,300坪(約64,000㎡)
稼動予定日: 2018年9月

ロボットを投入し効率化と迅速化を実現

Amazon では、ユーザーからのニーズに対応することに注力しているが、その上で、一層の品揃え強化を図るために日本のFC ネットワークの規模を拡大している最中だ。

また、FC ネットワークの拡大により、Amazon マーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援するとともに、ユーザーへの迅速な配送を提供することも目指している。

そうした施策の中で、導入されているのが「Amazon Robotics」だ。「Amazon Robotics」には、商品棚の下にロボットが入り、棚を持ち上げ、FC 内を移動する革新的なテクノロジーとなっている。ロボットが商品棚を作業員の前まで運ぶことにより作業員が歩く必要がなくなり、入荷した商品の棚入れ時間とユーザーが注文した商品の棚出し時間の削減につながっている。

広がりを見せる物流現場でのロボット導入

アマゾンジャパン合同会社の社長であるジェフ ハヤシダ氏は、今回の新FC開業に向けて、次のようにコメントしている。

「国内で2拠点目となる『Amazon Robotics』導入の物流拠点を大阪府茨木市に開業することができ大変嬉しく思います。西日本を含む全国のお客様に、より快適なオンラインショッピング体験を提供したいと考えています。今後も、地域社会に根ざしたFC づくりを展開してまいります」

Amazon独自の配送拠点であり、現在、国内に9ヶ所あるFCだが、その中でも日本ではじめて「アマゾン川崎 FC」に倉庫ロボットAmazon Roboticsが導入され注目を集めた。2016年の初導入以来、同社では、実際のFCでの稼働状況を検証してきたものと見られる。

その実績をもとに、いよいよ西日本で初となるFCへのAmazon Roboticsが導入される運びとなったわけだ。物流の現場での人手不足が叫ばれる中、Amazon独自の配送プラットフォームは、ロボット技術を活用しながら一層その価値を高めることになりそうだ。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。