広告運用支援ツール『AdNote』がオンラインサインアップに対応し最短即日の運用開始が可能に

ECのミカタ編集部

株式会社ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote(アドノート)」がオンラインサインアップに対応したことを公表した。

手続きはオンライン上で完結

「AdNote」は、約20種類の豊富な広告運用レポートを自動作成する機能に加え、広告媒体ごとの予算配分を簡単に予測、シミュレーションできる機能を搭載した、広告運用担当者の業務負荷を削減する支援ツールだ。

ブレインパッドは、これまで、アカウント数2万件、キーワード数6億件という国内最大規模の運用実績を誇る運用型広告最適化ツール「L2Mixer(エルツーミキサー)」の開発・導入・運用を行ってきた。そして、これまでの実績とノウハウを活かし、新たに広告運用支援ツール「AdNote」を自社開発し、2018年2月より提供を開始している。

今回その「AdNote」が、Webから簡単に申込み手続きができるオンラインサインアップに対応したことで、トライアルから本契約まで数営業日かかっていた利用申込み手続きがオンライン上で完結するため、最短で即日という、スピーディーな利用開始が可能となった。加えて、クレジットカード決済や、オンラインでの管理者権限の設定もできるようになっている。

広告運用支援ツール『AdNote』の特徴

同社は、『AdNote』の特徴を次のように取りまとめている。

◆1.
約20種類の広告運用レポートを自動で作成、必要なレポートのみを出力することが可能

「AdNote」は、日次・週次・月次のレポートをはじめ、アカウント別やキャンペーン別のレポートなど約20種類のレポートを毎日自動で作成できる。レポートはExcel形式でダウンロードでき、必要なレポートのみを出力することも可能だ。また、各項目の表示名の変更なども柔軟に行える。

◆2.
広告媒体ごとの予算配分を予測し、おすすめの費用配分を表示するシミュレーション機能

「AdNote」には、広告運用の予算配分を自動で計算し表示する「シミュレーション機能」が搭載されている。「予測」「おすすめ」の2通りの機能があり、「予測」は、過去の実績をもとに予測モデルを作成し、今後想定されるコストや広告表示回数・クリック率などを算出する機能だ。「おすすめ」は、予測結果から各広告媒体のより最適な費用配分や、実際に配分した場合の想定効果などを表示する機能となっている。

この「シミュレーション機能」には、ブレインパッド独自のアルゴリズムが搭載されており、精度の高い「予測」と「おすすめ」により、「仮に来月の予算を2倍にしたらどうなるか」のような広告出稿計画の作成に活用できる。

◆3.
Google AdWords 、Yahoo!プロモーション広告など主要広告に対応

「AdNote」は、 Google AdWords 、Yahoo!プロモーション広告、facebook(近日対応予定)の主要な広告媒体に対応している。

さらに高まった「AdNote」のアドバンテージ

なお同社では現在、「AdNote」では最大2ヶ月の無料トライアルを実施中だ(無料トライアルは、申し込みをした月とその翌月が無料となる)。

トリプルメディア(ペイドメディア、アーンドメディア、オウンドメディア)の中でもペイドメディア、つまり広告の果たす役割は引き続き大きなものがある。特にネット上で展開する広告は、より精度の高い効果測定が可能であり、EC事業を展開する上でも有用性が高い。

一方で、多岐に渡る広告施策を日常的に追い続けるのはリソースの面からも一筋縄ではいかない。特に、アドテクノロジーを活用して、広告枠、入札額、ターゲット、クリエイティブ(制作物)などを変動させながら出稿方法を最適化する運用型インターネット広告であればなおさらである。

そこで、「AdNote」のような広告運用支援ツールが力を発揮する。今回、オンラインサインアップに対応し、スピーディーな運用開始が可能となったことで、さらにそのアドバンテージが高まったことになる。EC事業、そして広告運用をする際の参考にしてみてはいかがだろうか。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録