独身の日に向けて、タオバオへ出店代行をするサービスが開始

ECのミカタ編集部

株式会社ナセバナルは、中国最大のECモールサイト『タオバオ』への出店代行サービス『チャイナ・ドリーム・サポート』をHDCorporation合同会社(以下「HDC」)に業務委託し全国サービスの開始をしたことを公表した。

会員数約5億人の『タオバオ』

『タオバオ』は、中国・馬雲のB2BのプラットフォームAlibaba(アリババ)が出資し設立されたECサイトで、会員数は約5億人と世界1位の会員数を誇り、2016年のグループ年間流通総額は56兆円(Amazonの約3.5倍、楽天市場の約20倍)を誇る世界最大級のECサイトだ。

この『タオバオ』に、商品画像と説明文を用意するだけで出店できるサービスが『チャイナ・ドリーム・サポート』だ。出店手続きから商品出荷に至るまで、全てフルサポートし、中国市場の商習慣についての知識が無くてもローリスク・ハイリターンを狙いつつ、人口13億人の巨大市場である中国市場へ参入することが可能となるとしている。

中小企業の支援を通して「日本を元気に」

同社は次のように続ける。今後、日本は高齢化、人口減少によって市場が縮小してくのは避けられない情勢だ。そのような中、有望な市場となるのだ「中国」だ。

日本の商品の品質に対して同国の消費者から高い関心と支持を得ており、多くの日本の事業者にとって、引き続き大きなビジネスチャンスが眠っている。一方で、日本には知られざる逸品がたくさんあるにも関わらず、そのままではせっかくの技術やアイデアも中国など世界の消費者につなげることはできない。

同社は、そうした生産者、事業者と中国市場への橋渡しをし、日本の活性化の一助を担っていくことが使命であるとしている。

クライアントは商品画像と説明文を用意するだけ

HDC社では、他にも同様のサービスはあるとしつつ、その多くは中国人が個人で行っていることが多くサポートの面で課題があるとしている。

その点で同社は、関西・九州においては同社が事業所を置く初の専門事業者となり、出店手続きから商品の発送に至るまで(同社物流倉庫での梱包代行を利用した場合)のほぼ全てを行うので、クライアントは商品画像と説明文を用意するだけで良いという。すでに大阪、東京を中心に70社以上の出店サポートをしてきた実績もあり、大きな自信を見せている。

一例として、Webサイト制作などの出店作業は中国支社(広州)に在籍する高いスキルを有するスタッフがデザイン・製作を行い、よりクオリティの高いショップを構築可能としている。

料金プランも事業者のニーズに合わせて3つのプランが用意されている。初期費用と月額費用に加え、販売手数料は売上の4%~10%だ。販売代行をするだけでなく、過去の実績に基づいた売上アップの提案や分析代行も行うという。

タオバオ・アリババへの出店に関するセミナーも開催

HDC社では、サービス開始にあわせてタオバオ・アリババへの出店を検討中、興味のある事業者向けにオンラインセミナーを実施する予定だ。

[セミナー開催日程]
11月28日(水)13:00~15:30

同社も指摘する通り、購買意欲旺盛な巨大な人口をかかえる中国は、引き続き越境ECの面でも極めて魅力的な市場だ。一方でそこへの越境ECを行うには、言語対応や販売スキームの構築など、特に中小EC事業体にとっては多くのハードルがあるのも事実だった。

今回の新サービスによって、その対中国、特にタオバオへの出店が協力に支援されることになる。同プラットフォームへの進出を目指す事業者にとっては、有力な選択肢となることだろう。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録