オンラインクローゼットアプリ「XZ」が三井不動産とOMOサービスを共同開発 「ららぽーと」でお客様の手持ち服を活かしたコーデ提案実験を開始

ECのミカタ編集部

株式会社STANDING OVATIONが運営する、AIコーディネート提案アプリ「XZ(クローゼット)」は、手持ち服を活かす着回しコーデ提案エンジンを活用したEC・店頭接客のOMOソリューションを三井不動産株式会社と共同開発。「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」にオープンした「LaLaport CLOSET(ららぽーとクローゼット)」にて実証実験を開始した。

これまでの接客では把握しきれなかったお客様の手持ち服を見える化することで、”個客”に合わせた質の高い接客・提案ができるようサポートする狙いだ。

手持ち服を活かしたコーデ提案エンジンの実証実験開始

株式会社STANDING OVATION(所在地:東京都渋谷区・代表取締役:荻田 芳宏)が運営する、AIコーディネート提案アプリ「XZ(クローゼット)」は、手持ち服を活かす着回しコーデ提案エンジンを活用したEC・店頭接客のOMOソリューションを三井不動産株式会社と共同開発。2021年3月18日に「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」にオープンした「LaLaport CLOSET(ららぽーとクローゼット)」にて実証実験を開始した。

XZはかねてより、三井不動産株式会社が運営する、三井ショッピングパーク公式通販サイト「Mitsui Shopping Park &mall(アンドモール)」との取り組みを実施しており、AIスタイリストがお客様の手持ち服を使った着回しコーデを提案して商品購買率を向上させる施策を行ってきた。

2021年3月18日に「ららぽーとTOKYO-BAY」にオープンした「LaLaport CLOSET」では、「LaLaport CLOSET」内の新品商品(テナント横断のMIXブランド)と手持ち服を組合せた着回しコーデを提案して、店舗での試着を促し、「&mall」での購入につなげる。

※参加ショップ(第1弾):UNITED ARROWS green label relaxing、BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS、ビーミング ライフストア by ビームス、nano・universe、アーバンリサーチストア、NATURAL BEAUTY BASIC、rienda、RODEO CROWNS WIDE BOWL、Ezick)

お客様の手持ち服を見える化、手持ち服を見ながらの接客体験

「LaLaport CLOSET」では、訪れたお客様の手持ち服をタブレットで閲覧しながら接客を行うことができる。これまでの接客では把握しきれなかったお客様の手持ち服を見える化することで、”個客”に合わせた質の高い接客・提案ができるようサポートする。

表示される手持ち服は、過去に「&mall」で買い物した購入履歴だけではなく、「ららぽーと」施設内で当日購入した商品や、当日着用している服、持ち込んだ服を代行登録してデジタル化するサービスも展開する。

また、持っている服に似ているアイテムを手持ち服としてその場で登録することもできるため、「ららぽーと」施設内や「&mall」で商品を購入したことがないお客様でもサービスを利用できる。

「LaLaport CLOSET」内の新品商品+手持ち服を使ったコーディネート提案(ブランド横断MIX)

「LaLaport CLOSET」内にある商品についたQRコードを読み込むと、XZのAIスタイリストがブランド(テナント)横断MIXの新品商品とお客様の手持ち服を組合せたコーディネートを提案。新品商品と手持ち服を一緒に組合せて表示することで、自宅のクローゼットの中にある手持ち服と合わせたときの着用イメージが沸きやすくなる。

AIスタイリストは、新品商品と手持ち服を組合せたコーディネートを”瞬時”に”豊富”に提案することで”接触を軽減する接客”をサポートし、お客様は手持ち服に合う商品を買い足すことで着回しのバリエーションを増やすことができる。

コーディネート提案では、「LaLaport CLOSET」内にある商品と「&mall」内にある商品を使用しているため、店頭に在庫がある商品はその場ですぐに試着することができる。

気になってはいるがその場で購入に至らなかった商品は、QRコードでお客様に商品情報を提供する。後日ゆっくりと手持ち服との着回しコーデを確認してもらうことで、購入の再検討や、あと買いの促進につなげるという。

ショッピング中「いいな」と思う服を見つけたものの、「手持ちの服で、これに合うものはあっただろうか」「手持ちのどの服と組み合わせたらいいんだろう」と思案してしまった経験は誰しもあるのではないか。思案したが答えが出ず、購入をやめてしまったことがある人も多いはずだ。

これまでのアパレル店舗は、店頭にある商品を組み合わせたコーディネート提案に熱心だったが、消費者は「できるだけ手持ちの服を活用したい」と考えるのもの。

その消費者心理をうまく突き、手持ちの服が活躍するコーディネートを提案をすることは、売上アップはもちろん、ショップの付加価値向上にもつながるのではないだろうか。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事