【佐川】ワールドサプライが店頭在庫型EC事業『mozoPLU』へ館内物流業者として参画

ECのミカタ編集部

株式会社ワールドサプライは、店頭在庫型EC事業『mozoPLUS(モゾプラス)』へ館内物流業者として参画することが決まったことを公表した。

SC内の複数のショップ商品をECで買える

SGホールディングスグループで百貨店・大規模小売店向けの納品代行や店内配送を手がける株式会社ワールドサプライは、8月15日から稼働する店頭在庫型EC事業『mozoPLUS(モゾプラス)』へ館内物流業者として参画することが決まった。

店頭在庫型EC事業「mozoPLUS(モゾプラス)」は、ショッピングセンター内の複数のショップの商品をオンラインで注文することが可能だ。受け取り方法も、注文した商品をすべてひとまとめにして指定の場所まで配送、もしくは店頭受け取りや専用カウンターでの受け取りなど、購入者の都合に合わせて受け取り方法を選択することが可能なサービスとなっている。

館内物流をワールドサプライが担当

『mozoPLUS(モゾプラス)』は、ショッピングセンター内にテナントとして出店するブランドの販路をリアル店舗からオンライン上へ拡大するために構築したECサイトとなっており、名古屋市内にあるショッピングセンター「mozoワンダーシティ」に導入される。

同施設の館内物流はワールドサプライが受託をしており、施設内の物流供給の効率化を図るだけでなく、高いホスピタリティを備えることで施設スタッフの一員として丁寧な接客を実現し施設価値の向上、施設内における空間演出を提供するという。

新たな価値を提供

公表に際して同社では、次のように述べている。

「当社は、施設価値を高める取組みのほか、電子受領端末を用いた非接触の商品収受を行うなど、次世代技術を取り入れ安心安全な高付加価値サービスを提供しており、今後も施設オーナー様だけでなく、入居されるテナント様に向けても様々なニーズに対応できる企業として、新たな価値を提供し続けてまいります」

このように『mozoPLUS(モゾプラス)』では、同社が注文情報を元に各テナントからの商品受け取り・梱包・発送手配と、館内に設置された専用受け取りカウンター業務を担う。そのことでサービスの特徴である受取方法の選択肢を広げたユーザーの利便性向上に寄与するものとなっており、物流企業大手としてECの新たな可能性を切り拓くことになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事