本日からポンパレモールJAPAN開始!越境ECの幕開け

ECのミカタ編集部

 株式会社リクルートライフスタイルが運営するオンラインショッピングモール『ポンパレモール』は、国内ECサイトの海外発送をサポートするtenso株式会社(以下、tenso社)と共同で、中国語圏・英語圏向けECサイト『Ponparemall JAPAN』の運営を本⽇2016年1月27日より開始した。

 これにより、『ポンパレモール』出店店舗は『Ponparemall JAPAN』を通じて、70万⼈以上の会員基盤を持つtenso社が運営する⽇本最⼤の海外転送・代理購⼊サービス『Buyee(バイイー)』の世界84の国・地域の会員向けに、新たに⼿数料や商品登録の⼿間など⼀切なしに、商品を紹介・販売ができるようになる。こうしてまた越境ECの新たな可能性が拡がることになりそうだ。

 Buyeeは、国内EC提携サイトとシステム連携し、多⾔語(英語、繁体中国語、簡体中国語、⽇本語)表⽰、海外ユーザーの代理で購⼊、海外発送や多⾔語カスタマーサポートなど、海外対応に必要なサポートを⾏っている。Buyeeが海外ユーザーの注⽂により代理で商品を購⼊するため、EC事業者は代⾦回収や不正利⽤を⼼配することなく、安⼼して海外対応を⾏うことができる。 また、海外ユーザーの決済⼿段がクレジットカードのみならず、PayPalやAlipayなどにも対応しているため、幅広い海外ユーザーに利用してもらうことができる。

 今回の取り組みを通じて『ポンパレモール』出店ショップは、全く⼿数料や⼿間なしに『Ponparemall JAPAN』出品が可能となった。個別の出店店舗では対応が難しかった商品情報の翻訳、決済、配送 、CS対応を『Ponparemall JAPAN』 が⾏うことで、出店店舗はこれまでと体制を変えることなく海外ユーザーへの販売可能性を⾼めることができる。 また、『Ponparemall JAPAN』に出品された商品は、 78万⼈以上の会員基盤を持つtenso社が運営する⽇本最⼤の海外転送・代理購⼊サービス『Buyee』の世界84の国・地域の会員(2015年12⽉末時点)が購⼊することができる。

『Buyee』は中国語圏・英語圏の会員が多く、これまで『ポンパレモール』では買い物ができなかった顧客にも、『Ponparemall JAPAN』を通じて商品を購入してもらうことが可能となり、更なる顧客確保と事業拡大に大きな一歩を踏出すことになった。

 越境ECに挑戦していくにあたって、今後全く障害無くスムーズにビジネスが進むとは限らず、むしろ様々なトラブルが待ち構えているかもしれない。そのトラブルに対して、どう対応してビジネスを展開していくか。EC業界が発展していく中で発生する課題の解決と可能性を、『Ponparemall JAPAN』にはみせてもらいたい。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。