ピッキングから梱包までの未来を創造するソリューションプロバイダー

ECのミカタ編集部 [PR]

株式会社タクテック 副社長 山崎 整
大手マテハンメーカー、ブランド時計メーカーのロジスティクス現業、WMS パッケージベンダーを経て当社へ入社。物流現場と物流システムを熟知したマテハンエンジニアリングとしてゲートアソートシステム拡販に従事。

ピッキング作業におけるミスをゼロにした「GAS(ゲートアソートシステム)」で知られる株式会社タクテックは、その他にも比較的コストをかけずに物流センターの作業を効率化できるツールを次々と開発。単独での販売はもちろん、ピッキングから梱包までのソリューションを拡充しています。同社の副社長 山崎 整氏にお話を伺いました。

商品を探す時間を大幅にカット

弊社は物流センター内の作業を効率化する設備を作るマテハンメーカーです。我々の製品は物流工程の一部を担うものですが、本当なら入荷から保管、出荷まで物流の工程を全部サポートしたいのです。しかし、それをやるには会社規模的に難しい。そこで物流の中でも出荷の部分をとことん効率化したいと考え、多彩なツールを開発してきました。

たとえば『GAS(ゲートアソートシステム)』は、商品をスキャンすると、該当する棚のゲートが開いて、そこに商品を投入していくしくみです。少ない面積で、直感的にスピーディーに商品を用意することができます。間違いがないので検品もいらず、ピッキング後にそのまま梱包ラインに移行できます。

また、2年前に開発した無線LEDタグ『STOC』は、指示によりLED点滅する単純なデバイスです。物流の現場では、1つの注文リストごとにピッキングを行うシングルオーダーピッキングが基本作業です。しかし、よりピッキング効率を上げるためには、複数件を同時に作業する、マルチオーダーピッキングが有効なのですが、該当オーダーへの商品投入ミスが多くなります。

そこで役立つのが『STOC』です。該当商品のバーコードをスキャンすると、該当するカゴに設置された『STOC』が光り、入れ間違いを防ぎます。

また、あらかじめ1つの商品番号につき1つの『STOC』を紐付けた上で、商品ラックなどに『STOC』をつけておく方法もあります。注文書にある商品番号のバーコードをスキャンすると、必要な商品がセットされたラックの『STOC』が点滅します。考えずにピッキングができるので、作業時間を大幅にカットできます。ボタン電池3つで1年使うことができる点や、無線ですので配線工事が必要ありません。

袋が自動的に開き、両手で商品を入れられる梱包機

開発したばかりの製品を2つご紹介します。ひとつはオリジナル梱包機。特にアパレルECはビニール袋での出荷が多いのですが、ビニール袋に商品を入れる際にもたつきやすい。そこで袋が自動的に開き、スタッフが両手で商品を入れることができれば作業が簡単になると考えました。梱包機でも大規模なものは数千万円と高額になり、導入が難しい企業さんも多い。そこで4人分くらいの小規模なものを設計しました。

アイデアのヒントになったのは、ほうれん草を束ねる機械です。若手が偶然YouTubeで発見した機械は梱包機としくみが似ていると感じ、製作会社に頼んでアパレル用の梱包機に改造してもらいました。

現場のコミュニケーションや改善に使えるスマホシステム

もうひとつは、アンドロイドスマホをハンディターミナル代わりに使うシステムです。スマホは今や誰もが使い慣れているツール。これを物流センターで働く人全員に渡して使ってもらうのです。

全員が端末を持つことでコミュニケーションツールとしても活用していただけます。たとえば休憩時間の告知は館内放送ではなくスマホでメッセージを送る。スタッフが作業中にわからないことがあれば、スマホでマネージャーに連絡を取って問い合わせるなど、無駄な労力や時間をカットできます。

さらにこのシステムでは、スマホで作業の履歴を取ることで、現場改善のシミュレーションもできます。たとえばスタッフの動線履歴を取り、現状のロケーションでは効率が悪いとわかれば、より効率的な動線を考えてシミュレーションし、動線変更をするようなことも可能。これまでは経験と勘で決めていたことも、きちんとデータを取って進められるので、確実に作業効率を上げることができるようになるのです。

ピッキングから梱包まで現場に最適なしくみを提案

最近では『GAS』の後に梱包ラインまで用意し、セット販売も行っています。このほか、送り状を自動発行して箱に貼り付けるアプリなども提供しています。「今はそんなに出荷量がないから物流はシステムいらない。」と思う事業者さんも多いと思いますが、成長すると物流システムは必須となりますので、物流の知識は得ておいたほうがいい。いきなり『GAS』を導入するには予算的に厳しいという場合なら、『STOC』を使ってピッキングするだけでも、効率は大幅に上がります。

セール時だけ試してみて、使い勝手がよければ導入していただく手もあります。そうして一度でもシングルオーダーピッキングを脱した物流システムを経験しておけば、実際に物量が増えたときにも物流システムをスムーズに導入することができるでしょう。

実際の物流現場を拝見しながら、ご要望や予算、面積などの状況も見ながら最適な物流システムをご提案することができます。

成長する企業は皆、物流を大切に考えている

通販において、お客様の商品を梱包し届ける物流は、いわば店舗の顔です。弊社のお客様でもある大手アパレルEC企業の社長は「ECは商品、サイト、集客、物流の4軸が揃わないと伸びない」と断言しています。

物流は、もはや生活に欠かせないライフライン。弊社はそれを念頭に置きながら、今後も物流システムの改革にチャレンジし、人が少なくても、外国人でもできるわかりやすい物流のしくみを作っていきたい。そのことがEC業界への、ひいては社会への貢献になると考えています。

【タクテックの出荷ソリューション 3つのポイント】
①ピッキングから梱包まで、最適な方法を提案
②間違いのない『GAS』、手軽に導入できる『STOC』
③自動梱包機や、作業を効率化できるスマホシステムなども


<ECのミカタ通信 2018 Autumn vol.16より抜粋>

ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事