KDDIの本気を見た!Wowma!新出店プラン受付開始!入会金・月会費0円キャンペーンも

石郷“145”マナブ(編集長)

 KDDI株式会社(代表取締役社長:田中孝司、以下KDDI)とKDDIコマースフォワード株式会社 (代表取締役社長: 八津川博史、以下KCF)は、自ら運営するショッピングモール「Wowma!」と「Wowma! for au」で、自ら思案した出店プランを持って、新たな風を送り込もうとしている。

 先ほど、改めてKDDIとKCFが発表した、受付を開始した新しい出店プランが「コミコミ出店プラン」と「シンプル出店プラン」と呼ばれるものだ。

 その中でも、特に注目したいのが「コミコミ出店プラン」。これはいわゆる成約手数料に、決済手数料をそのまま、コミコミにしてしまうというプランだ。その成約手数料は4.5% ~ 9.0%で、料率は出品カテゴリ・売上に応じて決定することになる。※ちなみに、その内訳は、最後の表に示した。

 なお、通常で言えば、入会金10,000円(税抜)、月会費4,800円(税抜)がかかるが、今なら、3月15日から提供している入会金・月会費を「0円」とするキャンペーンを「やってみようWowma! 0円キャンペーン」を実施(2018年3月31日まで)しているので、成約手数料しかかからないことになる。

 しかも、ここに上記でもあるように、決済手数料も込みになっているというわけだから、事実上、店舗にとってみれば、決済手数料は無料ということになるのだ。

 様々なショッピングモールを見ていても、決済手数料はさすがに徴収するのが通例で、その意味では、KDDIとKCFは、両社が成約手数料分を自ら負担するというわけで、ECにかける覚悟を見て取れる。

 今回、新出店プランおよび「やってみようWowma! 0円キャンペーン」を提供することで、「Wowma!」における出店店舗数の拡大を通じ商品ラインアップの拡充を図りたいとしている。これにより、多くのお客さまがどれだけ「Wowma!」を訪れるのか、KDDIとKCFの挑戦はまさにここから始まる。

 参考までに、成約手数料の内訳は下記に示したので、店舗のジャンルに合わせて見てもらえるといいだろう。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

ECのミカタ 編集長。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録