世界貿易の現状から考察する越境ECの可能性と未来【ジェトロ調べ】

ECのミカタ編集部

 日本貿易振興機構(ジェトロ)が2017年版のジェトロ世界貿易投資報告を発表した。その報告書によると、2016年の世界貿易(商品貿易、名目輸出額ベース)は、前年比3.1%減の15兆6,201億ドル(ジェトロ推計)となり、2年連続で減少したという。

 連続でマイナス成長を記録するのは、1981-83年以来。貿易数量(輸出ベース)は0.2%減と横ばいで、2010年以降で最も低い伸び。世界貿易額は2015年第3四半期を底に減少率が縮小傾向で、2017年通年ではプラス成長に転じる見通しだという。

 そして貿易量の伸び率が世界のGDP成長率を下回るスロートレード現象

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。