11月上旬に「Yahoo!ショッピング LIVE」リリース。商品の魅力を動画で具体的に伝えよう

ECのミカタ編集部

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、国内最大規模のインターネットショッピングモール「Yahoo!ショッピング」の出店事業者(以下、ストア)を対象に、スマートフォン版「Yahoo!ショッピング」アプリ上でリアルタイムの動画形式で商品紹介、販売が可能なライブ配信機能「Yahoo!ショッピング LIVE」を、11月上旬より無料で提供開始すると発表した。

 動画配信の流れはしばらく止まりそうにない。「Yahoo!ショッピング LIVE」は、従来の商品画像や説明テキストでは伝えるのが困難な、商品実物の動きや色合い、大きさなどの魅力を、リアルタイムの映像を通して、ストアが直接ユーザーに発信することを可能にしてくれる。

 また、視聴するユーザーからコメントや「いいね」投稿などを受け付ける機能を実装しているため、実際のユーザーの反応をみながら、臨機応変なアドリブを効かせたデモンストレーションを行えるのが特徴だ。

 「Yahoo!ショッピング LIVE」を通じ、従来のネットショッピングでは実現が難しかった“リアルのお店でお買物をしている感覚”を提供できるため、商品購入への心理的ハードルはグッと下がるだろう。

 すでに「Yahoo!ショッピング LIVE」を導入するストアが複数決定している。11月11日(土)の「いい買物の日」当日は、「コパ・コーポレーション Yahoo!店」のチャンネルが登場。

 日本国内でいち早く「実演販売士」という言葉を作り、多くのスター販売士を輩出しつづけている実演販売業界のリーディングカンパニーである同社所属の「レジェンド松下」さんと「ムッシュ中島」さんが出演し、「Yahoo!ショッピング LIVE」を盛り上げる予定だという。

ユーザーと接点を持つ手段として動画は非常に有効

 動画配信が流行っているとはいえ、経験のない事業者には少々ハードルが高いかもしれない。ただ、参入するならば早いほうが良いのは間違いない。そして、そのような事業者のための動画配信をサポートしてくれる会社やサービスも増えてきている。そうしたサービスを利用してみるのも良いかもしれない。

 動画はユーザーにとっては商品の魅力が伝わりやすく、この「Yahoo!ショッピング LIVE」はいいね!やコメントからユーザーからの反応も感じられるため、一方通行の配信ではなく相互コミュニケーションが取れる。

 ユーザーとのOne to Oneの関係構築が叫ばれている昨今、こうした新たな機能を使いこなせるかは今後の売上等に大きく影響してくるだろう。どの切り口からユーザーと接点を持つか。動画は一つ面白いコンテンツになりうると思う。正式リリースが待ち遠しい限りだ。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。