スマホで撮るだけで査定ができるクルマ売却アプリ『DMM AUTO』が誕生

ECのミカタ編集部

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 片桐孝憲、以下「DMM」)は、クルマ売却アプリ「DMM AUTO」のiOS版の提供を2018年6月5日より開始した。

愛車の査定・売却をストレスフリーに

今回、提供が開始された「DMM AUTO」は、24時間365日どこでも、スマホひとつでスムーズに査定から売却まで完了できるという画期的なクルマ売却アプリだ。

アプリを起動して、「車体・走行メーター・車検証」をスマホ内臓のカメラで撮影して簡単な項目に答えるだけで、即座に査定結果がわかる。金額に納得し、売却を決定した場合は、必要事項を入力の上でクルマを引渡し、指定の書類を郵送すれば、アプリ内で登録した銀行口座に入金される仕組みだ。

まさに撮るだけでクルマの最適価格がわかり、その後は売却も可能な「撮るだけ査定」は、これまでの愛車売却の概念を打ち破り、ストレスフリーを実現し得るアプリと言えるだろう。

査定結果提示後7日間は買取価格を保証

DMM AUTOの特徴はこうだ。最短3分でスマホを使った査定ができ、24時間365日対応している点、リアルタイムに変動する中古車市場データに基づき、AIを使って最適価格が提示される点(査定結果提示後7日間は、買取価格を保証)、売却成立後は、クルマを引渡し、必要書類を郵送するだけで現金化までの手続きもシンプルに完結する点だ。

こうした一貫したスキームを構築することにより、普段いそがしいユーザーや、自動車の仕様に詳しくないユーザーでも手軽に愛車を売却することが可能になる。

「DMM AUTO」がもたらす新しい可能性

このように、クルマ売却アプリ「DMM AUTO」は、最適価格ですみやかにかつ手軽にクルマを売りたい人のためのアプリになっている。DMMは、膨大な情報記入や買取業者とのやりとりなど、これまでクルマを売却する際の課題であった「ユーザーの売却負荷」について、AIテクノロジーを駆使して解決するために、「DMM AUTO」を開発したのだ。

同社が提案するのは、テクノロジーによるクルマ売却を通じたクルマとの全く新しい付き合い方だという。いつでもどこでも最適価格で売れる体験を起点に、「クルマをライフスタイルに合わせて気軽に買い換える」カーライフサイクルを創り出すことで、ドライバー体験のイノベーションと中古車業界のさらなる活性化につなげていく方針だ。

「とにかく楽に納得して売る」ことに特化したアプリである「DMM AUTO」は、端に「便利なアプリ」に留まることなく、車の売買のあり方を変え、さらには自動車市場の枠を超えて、スマートフォンやAIを駆使した新しいビジネスモデルへと応用が可能なサービスと言える。こうした意欲的な取り組みは、もちろんEC市場全体にも新しい可能性をもたらすに違いない。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録