【WazzUp!×future shop】「あなただけの」パーソナライズな配信を可能に

ECのミカタ編集部

株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区/代表:星野裕子、以下フューチャーショップ)は、株式会社ファナティック(本社:東京都渋谷区/代表:野田大介)が開発、提供するLINEの自動配信ツール「WazzUp!(ワズアップ!)」との連携を開始。

今回の連携により、futureshopを利用するショップはタグを設定するだけで簡単に、WazzUp!を導入することができる。

連携でより効果的な「あなただけの」メッセージをお届け

フューチャーショップは従来よりLINE@を利用したメッセージ配信に対応しており、「あなただけの」メッセージを送ることを可能としていた。

しかし、会員の興味関心に合わせたメッセージの配信には運営上の課題があった。今回LINEの提供する自動配信ツールWazzUp!と連携することで、サイトの最新情報の提供、会員の興味関心に合わせたセグメント配信が自動で可能になる。

これまでよりさらにユーザー自身に向けた「あなただけの」情報を届けることができる。

LINEの活用方法も広がる

今回の連携により、EC事業者側もLINEの活用方法が広がる。商品検索の自動返信もおこなうことができる他、LINE経由でのかご落ちユーザーへのフォロー、再入荷のお知らせなどが可能になる。

フューチャーショップで実際にWazzUp!連携を体験した企業の中でも、古着などの1点モノを扱う企業ではファンとのコミュニケーションが取りやすくなり、運用しやすくなったと好評だ。

ニッチな商品を扱う中小企業なども、ユーザーにメッセージを発信するのに役立つだろう。

本サービスの導入コストは、LINEの有効友だちが10万人以下であれば「新着情報」などの自動配信は月額5万円(税別)、「かご落ち」「再入荷お知らせ」などの配信は月額3万円(税別)と、リーズナブルで取り入れやすいのも魅力だ。

パーソナライズ化の進むEC

EC業界では、大規模な広告配信を可能とする一方で、パーソナライズ化された情報発信が主流になりつつある。

欲しい情報を求めている人のもとに正しく届ける手法が発達してきているのも、ひとえにECが普及しているからだろう。

ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録