資生堂の人気6ブランドが中国向け越境ECアプリ『ワンドウ』で販売開始

ECのミカタ編集部

日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社(代表取締役CEO:翁 永飆、所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、資生堂ジャパン株式会社(代表取締役 執行役員社長:杉山 繁和、所在地:東京都中央区 以下「資生堂ジャパン」)が展開するコスメティクス「アクアレーベル」「インテグレート」「マキアージュ」「リバイタル」、ヘアケア「アデノゲン」、美容食品「ピュアホワイト」の合計6ブランドの一部商品を中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」にて2019年3月1日(金)より販売を開始する。

GPSで「日本国内販売モード」に切り替わる

インアゴーラは、日本企業が国内外のEC市場により簡単に参入できる環境づくりを追求し、様々な事業を展開中だ。インバウンド事業では、昨今の訪日中国人観光客の購買行動の変化に伴いニーズが高まっているオンラインインバウンドに着目し、2017年8月より「豌豆公主(ワンドウ)」の日本国内オンライン免税サイトを展開している。

「豌豆公主(ワンドウ)」の日本国内オンライン免税サイトは、「豌豆公主(ワンドウ)」アプリを利用中の中国人ユーザーが訪日すると、GPS自動判定により「日本国内オンライン販売モード」に切り替わるサービスで、ユーザーはJANコードの読み込み機能で商品検索が簡単になり、さらに商品の説明や口コミが中国語で確認できるため、より豊かなにショッピング体験を楽しめる。

資生堂に中国越境ECの知見を評価される

インアゴーラは、2018年6月以降、資生堂ジャパンの「アネッサ」「アクアレーベル」「インテグレート」「エリクシール」「dプログラム」「HAKU」「マキアージュ」「マジョリカ マジョルカ」を「豌豆公主(ワンドウ)」の日本国内オンライン免税サイトで販売してきた。

今回、インアゴーラの越境ECにおける専門ノウハウと中国および中国人のユーザーに対する知見が評価され、日本国内オンライン免税サイトに加え、中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」での販売の開始に至ったのだ。

資生堂ジャパンの新たなヒット商品創出をサポート

インアゴーラ社は今後について次のように述べている、中国人消費者のトレンドに即したデジタルマーケティングや中国のSNSを活用した情報拡散および販売チャンネルを用いて、資生堂ジャパンが中国国内で新たなヒット商品を展開できるようサポートするとしている。

購買意欲旺盛な巨大な人口を抱える中国市場。その消費者が日本製品に向ける関心には根強いものがある。特に日本製のコスメ関連商品への人気は高いものがあり、近年同様に人気が高まりつつある韓国のコスメブランドと熾烈な競争が続いている。

こうした状況の中、日本製品に特化した越境ECプラットフォームである「豌豆(ワンドウ)」を展開するインアゴーラで資生堂ジャパンの人気6ブランドの販売が開始されたことは、同社の対中国での展開が強化されるだけでなく、「豌豆(ワンドウ)」の価値をさらに高めることになりそうだ。

 


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事