『資生堂×アリババ戦略連携オフィス』を新設 新商品開発から販売開始までの期間を数ヶ月間短縮へ

ECのミカタ編集部

アリババグループと資生堂グループの中国子会社、資生堂(中国)投資有限公司は(以下「資生堂」)は 2019年3月31日、戦略業務提携の締結を発表した。資生堂はアリババグループの天猫新商品開発センターと連携し、中国市場向けの新商品開発や、中国の消費者のニーズに適したサービス提供を行っていくとしている。

日系企業初の取り組み

業務提携を推進するために、中国浙江省・杭州市のアリババグループ本社付近に、「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設した。これは全世界の化粧品業界および日系企業において初めての取り組みとなるという。

オフィスには資生堂の専任チームが常駐し、商品開発・Eコマース・ブランドマーケティング・CRMなどにおいて、アリババグループと連携していくことにしている。資生堂の優れた研究開発能力と、アリババグループの持つデータテクノロジーと消費者インサイトを融合することで、消費者のニーズに適したイノベーティブな商品と高品質なサービスの提供を目指す。

新商品開発から販売開始までの期間を数ヶ月間短縮

資生堂×アリババ戦略連携オフィス

「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」によって、天猫新商品開発センターとの提携を通し、資生堂の新商品開発から販売開始までの期間を数ヶ月間短縮できるようになるそうだ。同時に、スタンダードな商品開発プロセスを確立し、生産ラインの改善やマーケティング戦略の構築に役立てていく計画だ。

資生堂とアリババグループが共同で開発した製品第一弾として、ヘア・ボディケアブランド「アクエア(AQUAIR) 」より、シャンプー(Mild and Refreshing Scalp Shampoo)およびトリートメント(Essence Oil for Split Ends)を2019年9月より、天猫で独占販売を開始する。また2019年内に資生堂のベビー用スキンケアブランドも天猫で販売を開始する予定となっている。

『戦略連携オフィス』の設立は両社にとって大きな節目

資生堂×アリババ戦略連携オフィス オープニングセレモニー

天猫 FMCG(日用消費財)責任者である胡偉雄(フーウェション)氏は、今回の公表に際して次のようなコメントを出している。

「天猫は、資生堂と親密な協力関係を続けてきました。今回の戦略業務提携の締結と、『資生堂×アリババ戦略連携オフィス』の設立は、両社にとって大きな節目となるでしょう。我々はこれからも協力関係を深め、中国の消費者に喜ばれる商品・サービスをより多く提供していきます」

資生堂は中国の消費者にとって極めて人気のブランドとなっている。2018 年 11 月 11 日(通称:独身の日)に、アリババグループが開催した「11.11 Global Shopping Festival」において、資生堂は「中国の消費者に選ばれる越境 EC ブランドランキング」で1位を獲得した。

また2019年3月4日に開催された「Tmall Beauty Summit」においても、資生堂の「アネッサ(ANESSA) 」は日焼け止め部門の年間賞を、「エリクシール(ELIXIR)」はアイクリーム部門の年間賞を受賞した。

2018年、天猫のコスメカテゴリーにおける売上高は昨年同期比60%以上増加し、年間購入者数は3億人以上で、他のEコマース・プラットフォームを大きく引き離している。

こうした中国国内の消費者のニーズを取り込むためにも、『資生堂×アリババ戦略連携オフィス』の設立は、まさに両社にとってさらに市場でのポジションを確かなものにする上で大きな節目となりそうだ。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事