GW中はAmazonマケプレのプライムマークが【非表示】に。対応策は?

ECのミカタ編集部

Amazonは2019年のゴールデンウイーク期間中(4月27日~5月6日)について、マーケットプレイスのPrime対象商品について、Primeマークを非表示とする旨のアナウンスを各出店者向けに行った。

Amazon公式から気なるアナウンスがなされる

2019年のゴールデンウイークは新天皇の即位とそれに伴う新元号「令和」への改元という時代の変わり目にあたる記念すべきものとなりそうだ。政府の方針もあり、今年のゴールデンウイーク(以下「GW」)は10連休(4月27日~5月6日、以下「期間中」)という超大型連休となる。

ここまでの大型連休ともなれば、各EC事業者にとっても改元の祝賀ムードもあり、また行楽などの需要も高まることから格好の商機となることは間違いない。そんな商機を前にAmazonから気になるアナウンスがAmazon出店事業者に向けてなされた。

Primeマークがマケプレのみ非表示に

当のアナウンスは、Amazonの担当者よりメールによってなされた。主な内容は次の通りだ。

◆【メールアナウンスの内容】

・今年のGW期間は4月27日~5月6日の10連休

・ユーザーにPrimeマーク付の商品を安心して購入してもらいたい

・GW期間中マケプレのPrime対象商品については、Primeマークを非表示とする

・ついては期間中につき売上を維持・向上させるためにFBA出荷による販売に切り替える事を強く勧める

◆【Amazon側が挙げるFBA利用のメリット】

また同一のメール内でFBAのメリットについても次のように述べている。

・365日年中無休で出荷

・お急ぎ便に加えて、配送日時指定が利用可能なため多忙なゴールデンウイーク中も安心して配送

・翌日配達の注文受付時間が14時以降も可能

・FBA在庫保管費/返送/所有権放棄の手数料が無料になるプロモーション実施中

上記を文面通り読み取れば、今年のGW期間中につきマーケットプレイスに出品している事業者のみPrimeマークが非表示になり、FBAを利用している事業者は同マークが非常時とはならないことになる。

つまり異例とも言える今年のGW大型連休の機をとらえて、マケプレ出店者にFBA利用をうながす同社の戦術ともとらえることができるのだ。

多くの出品者にとっては「寝耳に水」か

それを裏付けるように同一のメール内で、Primeマークが非表示になることのデメリットとして「ショッピングカートボックス獲得率の低下」「プライムマーク非表示による購入転換率の低下」の2点を挙げた上で、Primeマークが外れることで「大きく販売機会を減少させる可能性がありますのでご注意ください」との内容で注意喚起している。

Amazonマーケットプレイス出店者にとっては、まさに寝耳に水の案内と言えるかも知れない。当該メールの内容からしてマケプレ出品者側からすれば、AmazonペースでFBAへの加入を迫られているとの印象を持つことも充分に考えられるからだ。

巨大なECプラットフォームとして市場に君臨するAmazon。同社に匹敵する競争相手が限られる中で、いささか強気のプロモーションを行っているのだとすれば、出品者との信頼関係醸成とAmazon自身の価値向上の文脈からも、各方面に波紋を呼び起こす手法と言えるかもしれない。

しかしGWという商戦に何もせずに指を咥えて見ているだけを良しとしない事業者も多いのではないか。

そこで関連リンクに、配送料金を抑えつつFBAを活用できるサービスを掲載しておいた。GWまで時間は残されていないが、それまでに様々な情報収集を行うことが求められるだろう。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事