FBA倉庫への配送コストを約60%削減。時間コストも削減する『FBA納品 by ECのミカタ』

利根川 舞 [PR]

右:株式会社グローバルトレードジャパン 販売促進部 デパートメントマネージャー 渡邉 陽介氏
1987 年11 月10 日石川県生まれ。グローバルトレードジャパン創業時より経営、管理に携わる。管理職としての職務をこなしながら、各部門の最前線の現場にも立ち、プレイヤーとしての職務も日々全うしている。

左:ECのミカタ株式会社 EC支援事業部 運営チーム FBA納品担当 岡田 大樹
メディア・コンサルティング部として、EC 支援事業者様の販促活動のサポートをする。その後、2018 年10 月新規事業であるFBA 納品 by EC のミカタの担当に就任。現在ネットショップ様やEC 支援事業者様の悩みを解決し、EC 業界の発展を目指している。

Amazon.co.jp への出品と同時にFBA を活用している企業が増えています。現在、FBA を活用している株式会社グローバルトレードジャパンの渡邉 陽介氏と『FBA納品 By EC のミカタ』を提供するEC のミカタ株式会社 岡田 大樹によるFBA 納品代行利用でのコスト削減について、対談をお送りします。

ECのミカタへの委托でコスト削減を実現

※ダンボール1箱あたりの配送料金

渡邉 弊社では日用品や食品など幅広いカテゴリの商品を販売しています。また、様々な商品を取り扱う中で、普段でしたら特定の方しか購入されないような、ニッチな商品にも注力しています。最近では藁人形が人気で、毎月コンスタントに売れています。また、ハロウィーンや肝試しの時期などには特に売れるんです。

Amazonで出品を開始したのは一年ほど前です。私や社内の人間が過去に「フルフィルメント by Amazon(以下FBA)」を使用していたことがあり、FBAの重要性を理解していたため、出品当初からFBAを利用していました。FBAで扱えない商品以外は基本的にFBAを使用しています。

岡田 『FBA納品 by ECのミカタ』の提供が始まった10月にお問い合わせをいただきましたが、どういう経緯でお知りになったのですか?

渡邉 当時、社内でコスト削減に取り組んでいました。その中でも、人件費などと比較した際に、フルフィルメントセンター(Amazonの物流拠点、以下「FC」)へ納品するための発送費用を削減できるのではないかと思い、配送業者の見直しをしていました。そういった状況の中、送料値上げの通知が届き、本格的に納品代行をしてくれる会社を探し始めることにしました。

納品代行を提供されている会社さんの候補を出した際に『FBA納品 by ECのミカタ』がありました。実は他社にお願いしようと気持ちは固まっていたのですが、もし他の大手配送業者で対応できないことに対応してもらえるならと思い、いくつかの要望を出しました。

たとえば、ある曜日は必ず集荷をお願いし、それ以外の曜日では連絡をしたら来てもらえるような体制や、ピンポイントな時間での集荷など。結構細かい条件を出したんです。

大手の配送業者の場合は、すでにあるルールに沿わなければ、委託するのが難しいこともありますから、今回も難しいかなと思ったのですが、当日か翌日には全部大丈夫ですという回答をいただき、正直面食らいましたね(笑)。小さいことから大きいことまで、柔軟に調整してくださるので、とても助かりました。

岡田 一般的に、大手の配送業者ですと、個人宅への宅配の帰りに集荷をしているケースもあり、配送業者が指定した日時でしか対応が難しい場合があります。しかし、弊社の場合は共同集荷の仕組みを採用しています。そのため、比較的柔軟に集荷日時の調整が可能なのです。

柔軟な対応力で時間コストも削減

渡邉 実際に11月から委託を開始しましたが、その後にお出しした要望に対しても柔軟に対応していただいています。そのおかげで、弊社側で細かいことを調整する手間が省け、時間的コストの削減という意味でも非常に助かっています。

実は遠方地域の場合、まだまだ大手配送会社の方がコストメリットは大きいのです。そのため、関東のあるサイズまではECのミカタさん、遠方は他社と配送先によって使い分けをしています。しかし、柔軟に対応していただけている点や、時間的コストの削減という点もあり、ECのミカタさんへのご依頼を増やしています。

岡田 ありがとうございます。お役に立てていて嬉しいです。

提供開始から半年。さらに“できること"を増やす

岡田 現在ご利用いただいている中で、『FBA納品 by ECのミカタ』へのご要望はありますか?

渡邉 そうですね、1つ目は現状お願いしている地域以外の料金についてです。現状、他の配送業者も併用していますが、他の地域ももう少し費用が下がると、全ての納品代行をECのミカタさんにお願いができるかなと。そうすると、弊社側で委託先の振り分けをする必要がなくなり、運用も楽になります。

岡田 配送料に関しては、少しでもEC事業者様の負担を減らしたいと考えておりますので、料金が変わった際には、すぐにお知らせしますね。

渡邉 また、荷受やピッキングなど、FBAに関わる全般の業務をお願いできたらいいなと思っています。弊社では「◯点セット」というようなセット組のパターンが複数あり、そのセット組をするためにもコストがかかっています。時間・人・場所を確保するための費用がアウトソースすることで削減できると良いなと思っています。

そしてこれは究極の理想ですが、販売しているページに合わせた納品プラン作成の代行など、弊社の手がかからない形になったら良いですよね。

出品代行をお願いしていても、弊社からある程度の指示を個別に出している状況ですから、ある程度自動化されたらとても嬉しいですよね。

岡田 渡邉さん、ありがとうございます。『チャーター便をやって欲しい』とご要望をいただいて、実現したように、『FBA納品 by ECのミカタ』としてできることを増やしていきたいと思っています。

また、私たちもサービスを開始して半年になりますが、スタートアップのEC事業者様や荷量が少ない方など、まだまだ対応できていないケースも多くあります。今後はそういった、まだ荷両の少ない集荷でも対応できるようにしていきたいです。

FCへの納品でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談下さい。

『FBA納品 by ECのミカタ』の詳細はこちら


記者プロフィール

利根川 舞

ECのミカタ 副編集長

ロックが好きで週末はライブハウスやフェス会場に出現します。
一番好きなバンドはACIDMAN、一番好きなフェスは京都大作戦。

ECを活用した地方創生に注目しています!
EC業界を発展させることをミッションに、様々な情報を発信していきます。

利根川 舞 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録