『CROSS MALL』がAmazon FBAマルチチャネルサービスに対応 複数ECサイトでも受注から集荷までを完全自動化

ECのミカタ編集部

株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下「アイル」)が提供する複数ECサイト一元管理ASPサービス「CROSS MALL(クロスモール)」は、Amazonが提供するEC事業者向けの商品在庫保管・配送代行サービス「FBAマルチチャネルサービス」に対応した。

バックヤードにフォーカスした「CROSS MALL」

「CROSS MALL」はアイル社が提供する複数ECサイトの商品登録、在庫管理、受注管理、発注管理、仕入管理が可能な、月額制のASPサービスだ。要望を随時受け付け、顧客事業者ごとの運用提案や専任担当によるサポートなど、使いやすさを追求している。

ツールの提供に留まらず、ECを陰で支えるバックヤードの担当者に光を当て、クリエイティブなEC運営を支援すべく、ECバックヤードの表彰や交流・情報交換を行う「BACKYARD FES.」(や、ECバックヤード特化型メディア「B.Y」)など、バックヤードの担当者に有益な場やコンテンツを随時企画・運営している。

Amazon FBAへ一括で出荷依頼が可能に

Amazonが提供する「FBAマルチチャネルサービス」とは、自社のECサイトやオンラインショッピングモールサイトなど、Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行するサービスとなっている。

「CROSS MALL」が「FBAマルチチャネルサービス」に対応することにより、「CROSS MALL」に取り込まれた各ECサイトの注文データを、一括で「FBAマルチチャネルサービス」へ出荷依頼することができるようになる。

また、特定の条件で自動的に出荷依頼が可能な「CROSS MALL」の受注自動処理機能と組み合わせることで、確認が不要な注文は、設定により自動的に「FBAマルチチャネルサービス」での出荷が可能だ。

在庫も自動的に自社出荷として各ECサイトに送信

それに加えて「FBAマルチチャネルサービス」へ委託している在庫がなくなった場合は、自動的に「CROSS MALL」に登録されている在庫が自社出荷分として各ECサイトに送信されるため、販売機会の損失を防ぐのだ。

このようにEC事業者のバックヤードにフォーカスし、その担当者の業務を力強くサポートする「CROSS MALL」。これまでも複数ECサイトを一括管理するASPサービスとして大きな存在感を示してきたが、今回いよいよAmazon FBAマルチチャネルサービスに対応し、受注対応から出荷までを完全自動化することになった。

しかも同ツールの強みのひとつである、複数サイト対応のアドバンテージをそのまま発揮しており、マルチチェネルで展開するEC事業者の業務をさらに強力に支援することになりそうだ。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事