期間限定!5万円でベトナム進出が可能!新価格適用&商品露出拡大で売りやすくなった「e-jan」に注目

野中 真規子

アーバン・コーポレーション株式会社 経営企画部 小島聖加氏

越境ECの新たな市場として注目されているベトナム。現地でいち早くECを展開してきたアーバン・コーポレーション株式会社(以下、アーバンコーポレーション)は、日本の商品を販売するショッピングモール「e-jan(イージャン)」において、このたび利用料を変更し、広告や販路拡大のオプションも追加した。

その背景には成長の著しいベトナム市場において、まだ知られていない日本の商品をより広めたいという思いがあるそうだ。サービスの詳細について、同社の経営企画部 小島聖加氏に伺った。

初めての海外進出でも安心のECモール「e-jan」の利用料が大幅見直し!

前回の記事でもお話した通り、今、ベトナムのEC市場は非常にさかんになってきています。インターネット環境が整備され、30歳以下の人口は日本より1千万人多く、10、20年後に向けてのユーザーの増加も見込めます。さらに親日家が多く、日本の商品は大人気。たとえ製造は海外であっても日本企業が品質を管理し、日本人が日本で買っている商品は安心感を持たれ、よく売れています。

アーバン・コーポレーションでは、こうしたベトナム市場の可能性に早くから注目してきました。そしてベトナムはもちろん、海外進出が初めてという企業様でも簡単に商品を販売できるようにと立ち上げたのが、ECショッピングモール「e-jan」です。

「e-jan」ではこのたび、出品料金を特別価格にて、ご提供を行います。

初期費用を100,000円、月額費用は10商品まで2,000円、30商品まで5,000円、50商品まで8,000円となります。
また2020年の1月から7月の末までの期間限定で、初期費用を100,000円から50,000円の特別価格に設定させていただきました。

さらに期間限定で10商品までの2,000円の月額費用は12ヶ月無料となりますので、商品数が10商品未満の場合は初期費用の50,000円のみで、ベトナムへの海外進出をスタートしていただけます。

「e-jan」新料金プラン表
(こちらは期間限定価格となります)

商品数が少ない場合でも、気軽に海外進出にチャレンジしてほしい

これまでアーバン・コーポレーションでは、ベトナム現地ではまだあまり知られていない、質の高い日本の商品を広めていきたいという思いで「e-jan」を展開してまいりました。その中で、少量の出品数からスタートしたいという企業様からのお問い合わせも多数ありました。

今回の価格見直しの背景には、そうした企業様にもより気軽に海外進出にチャレンジしていただきたいという考えがあります。

「e-jan」に出店されている企業様を見ていますと、1年、2年、3年と商品を継続的に露出し続けることで現地での人気が出て、売れていくというパターンが多くあります。成功するためにはロングスパンでの出品を考えていただきたいので、初期費用を抑え、月額費用は12ヶ月分一括でいただく仕組みを採用しました。

商品が売れた場合には別途販売手数料をいただきますが、ベトナムでの販売価格は関税、輸送料などとのバランスを見ながら設定しますので、商品によって変わってきます。また化粧品や食品などについてはベトナム独自の基準である「安全宣言」の取得が必要となり、登録料もかかります。

なお安全宣言については、弊社が検査に通して取得が決定してからの出品となりますのでご安心ください。

Facebookでの市場調査や、商品ページに誘導するバナー広告も

品質が良くても、今はまだベトナムでの知名度が低い商品を現地で売っていくためには、まず商品の魅力を広く伝えて知名度を上げていく必要があります。弊社ではそのための広告オプションと販路拡大オプションをご用意しています。

広告オプションは、web広告を主体としたパッケージプランが2通りあり、まずひとつはFacebookを利用したテストマーケティング広告です。

ベトナムでは、実はFacebookで商品を販売することが、一般的に行われています。ユーザーはFacebookにアップされた商品の動画や写真、説明を見て、メッセンジャーや電話で問い合わせをして購入する流れがスタンダートなのです。ですからベトナムで商品を販売するには、Facebookページで多くの「いいね!」を獲得しておくと有利となります。

「e-jan」のFacebookページは、すでに48,000のいいね数を獲得しており、注目商品の情報も随時発信しております。Facebook広告のプランでは、そこで商品のご紹介をしたり、ユーザーの反応をみたりすることができますので、出品前のテストマーケティングの場としてお使いいただけます。ユーザーからのお問い合わせがあれば、現地の言語や商習慣を踏まえ、現地スタッフが対応いたします。

また今後はベトナム国内のインフルエンサーに出演してもらい、ライブコマースも始める予定です。

もうひとつはご出品後の広告オプションです。これはFacebookやライブコマースで商品をPRし、バナー広告から商品ページに誘導していくものです。Facebookやライブコマースが商品説明を目的としているのに対し、こちらはダイレクトに商品ページに誘導し、購入してもらうための広告となります。

上記の広告オプションはいずれも、「e-jan」に出品もしくは出品予定の企業様を対象としていますが、このほかFacebook広告、バナー広告、ライブコマース、サンプリングなどは単体オプションもご用意しておりますので、お気軽に相談いただければと思います。

さらに今、現地の化粧品クチコミサイトとコラボして、販促活動にご利用いただけるサービスも進めています。ベトナム人に親しまれているサイトでの露出を増やすことで、効果的に商品の知名度を上げていくことができます。

ショールームや大手モールへの委託出品など販路の拡大も

販路拡大オプションは、「e-jan」以外の媒体を含めた販路をご紹介するサービスです。

ベトナムではECにおいて代引きでの取引がほとんどですが、それは「実際に商品を手にとってから買いたい」という意識が強くあるからです。そこで弊社では、リアル店舗での販路もご用意しました。
2020年1月6日、「e-jan」のベトナムのショールームがオープンし、ベトナム現地でのリアル店舗でも商品の販売が可能となりました。

現地ショールームの様子

このショールームでは、カフェをイメージしたスペースが用意されており、ベトナムユーザに日本の商品を楽しんで頂くイベントも計画しています。

またベトナムEC最大手の「shoppee」や「Lazada」にもe-janを通して、販売することが可能となります。

オリンピック開催国である日本の商品は注目されている!

「e-jan」のユーザーは35歳以上の女性が多く、ヘアケア商品や化粧品、スキンケア商品のほか、茶そばなどの日本的な食品も人気です。コスメ商品は、ベトナムでも多くの商品が販売されていますが、品質の高い日本のコスメもひけをとらず、コンスタントに売れています。

また富士山や歌舞伎をイメージさせるもの、漢字が入ったTシャツなどのいわゆるインバウンド商品も人気です。こうした商品をお持ちの企業様は、ぜひベトナム進出を積極的に検討していただきたいと思います。

今、日本は来年オリンピックが開催されることからも、ベトナムで非常に注目されています。とくに前回のオリンピックではベトナム人選手がメダルを獲得したことから、国全体でオリンピックに対する熱量が高まっています。このタイミングで日本の商品をPRすることは非常に有効ではないでしょうか。

ベトナムでの販売価格は、関税や輸送量も加味して設定していきます。そのため、日本での販売価格より高くなる場合がありますが、弊社では、必要な認可は正しく取得した上で出品し、商品の品質や魅力をきちんと伝え、ブランディングしていきます。

ベトナムでは、個人が日本で買った商品を転売する、いわゆるハンドキャリー商品の販売も多いのですが、品質も販売ルートも信頼できる商品としてしっかりと差別化していきます。

化粧品や食品の場合は、安全宣言(販売認可)の取得が必要となりますので、まずはFacebookなどでテストマーケティングをしてから出品を検討されてもいいと思います。あるいは少ない商品数からスタートし、広告などを利用しながら知名度を上げていく方法もあります。
豊富なオプションから、お客様のお考えにあった方法を検討していただければと思います。

今年は、オンラインセミナーなども開催し、海外進出を検討される企業様と直接お話できる機会も増やしたいと考えておりますので、引き続きアーバン・コーポレーションや「e-jan」に注目していただければ幸いです。

「e-jan」の資料ダウンロードはこちらから


記者プロフィール

野中 真規子

ライター。著書(電子書籍)『片付けられない、という「思い込み」をなくして、今すぐ片付けるための本』(ハウスキーピング協会)が好評発売中。ECのミカタにおいては、ECサービスのお話から伝わる本質的なメッセージを受け取り、拡散することが歓びです。

野中 真規子 の執筆記事