ライフネット生命保険 TVアニメ「転生したらスライムだった件」とコラボ

ライフネット生命保険株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森亮介)は、TVアニメ「転生したらスライムだった件」(以下、「転スラ」)と共同プロモーションを開始したことをお知らせします。
「転スラ」の原作は、小説投稿サイト「小説家になろう」で伏瀬氏が発表した小説のコミカライズ(講談社『月刊少年シリウス』連載中/漫画:川上泰樹)で、シリーズ累計700万部突破の人気作品です。

■ストーリー
物語の主人公・サラリーマン三上悟は、ある日通り魔に刺され死亡し、気が付くと異世界でスライムに転生していた。三上は「リムル」という新しいスライム人生を得て、ドラゴンにゴブリン、ドワーフやオーガなど多種多様な種族と出会い、世界のあり方を知り、「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指すことになる。時にユーモラス、時にシリアスに展開する物語の先に待つのは、魔王の存在。一匹のスライムが身につけたスキルを駆使し、知恵と度胸で仲間を増やしていく転生エンターテインメント。

■「転スラ」×ライフネット生命
特設サイトライフネット生命と「転スラ」は、生命保険をわかりやすく伝えるショートストーリーを共同制作し、コラボレーション特設サイトを開設しました。全6話構成のエピソードを随時公開していきます。
ぜひご覧ください。

■共同プロモーションの目的
ライフネット生命は、「正直に、わかりやすく、安くて、便利に。」という「ライフネットの生命保険マニフェスト」に基づいて、インターネットを活用して、シンプルでわかりやすい商品・サービスの提供を追求して参りました。本共同プロモーションにおいては、人気TVアニメ「転スラ」とコラボすることで、「むずかしい」といわれる生命保険を、主に若年層向けにわかりやすく説明することを目的としています。

また、主人公が物語の冒頭で亡くなった後にスライムに「転生」し、転生後にさまざまな種族と出会い、協力しながら生きていくというストーリーが、当社のマニフェストに掲げている「多様性」という価値観とも合致したため、本コラボレーションに至りました。ライフネット生命と「転スラ」は、本施策を通して、読者の皆さまが、人生やその備えとしての生命保険について考えるきっかけを提供するとともに、多様性を大切にする社会を応援していきます。

TVアニメ「転生したらスライムだった件」
【放送情報】 2018年10月1日よりTOKYO MX、BS11、MBS他にて絶賛放送中
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録