プレスリリース

EC・通販業界のプレスリリースやニュースリリース情報をまとめ、幅広くご紹介しています

SBIビジネス・ソリューションズの「請求QUICK」が 「BOXIL SaaS AWARD Summer 2023」請求書発行システム部門で 「Good Service」を獲得
総合フィンテックソリューション企業であるSBI FinTech Solutions株式会社の子会社で、バックオフィス支援サービスを提供するSBIビジネス・ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:夏川 雅貴、以下「当社」)は、月額無料から使えるクラウド型請求書発行システム「請求QUICK」が、スマートキャンプ株式会社 (本社:東京都港区、代表:林 詩音、以下「スマートキャンプ」)が今最もユーザーに評価されているSaaSを表彰する「BOXIL SaaS AWARD Summer 2023」の請求書発行システム部門において、「Good Service」を獲得しましたのでお知らせいたします。 「BOXIL SaaS AWARD(ボクシル サース アワード)」は、SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」を運営するスマートキャンプが優れたSaaSを審査、選考、表彰するイベントです。今回の「BOXIL SaaS AWARD Summer 2023」は、2022年4月1日から2023年3月31日までの1年間で新たに投稿された口コミ約16,000件を審査対象としており、「請求QUICK」は請求書発行システム部門で「Good Service」を獲得しました。また、その証となる「Good Serviceバッジ」がスマートキャンプから付与されました。 当社はこのたびの結果について、サービスの改善や操作性の向上、製品機能の強化といった平素の取り組みをお客様にご評価いただけたものであると考え、今後もクラウドサービスによってバックオフィス業務の効率化を促進するとともに、顧客満足度向上を目指した事業を展開してまいります。 <b><u>「Good Service」とは</b></u> 「BOXIL SaaS」上に投稿された口コミを対象に、各カテゴリで総得点の高いサービスに対してスマートキャンプから与えられる称号です。 <b>■ 「BOXIL SaaS AWARD Summer 2023」公式サイト</b> https://boxil.jp/awards/2023-summer/ <b>■ 「BOXIL SaaS」における「請求QUICK」の口コミはこちら</b> https://boxil.jp/service/7413/ <b>■ 「請求QUICK」は月額無料から使える中小企業のためのインボイス制度・電帳法対応ツール</b>  「請求QUICK」は、法制度対応と業務効率化を実現するクラウド型請求書管理システム(SaaS)をベースに3つのFinTech機能が組み込まれており、月額無料からご利用いただくことができます。金融機関とのAPI連携による自動明細取得機能で面倒な入出金の消込作業を大幅に効率化する「消込QUICK」、発行した請求書をクレジットカードでオンライン決済できる「クレカQUICK」、発行した請求書をWeb完結で資金化できるファクタリング機能「入金QUICK」という3つのFinTech機能を、すべて1つのシステムで提供しています。 また、さらなる利便性を追求し2023年9月には、これまでの「請求書発行」に関する機能に加え、受領した請求書のデータ取込から支払依頼書作成、承認、FBデータ(全銀協規定フォーマット)出力、出金消込、仕訳連携など「請求書の受取」に関する機能を現行の料金体系は維持しつつ標準搭載する予定です。 これにより、インボイス制度対応・電帳法対応にかかる請求書の発行機能・受取機能・電子保存を、1つのシステムで月額無料からご利用いただけるようになります。 <b>■ 「請求QUICK」はSaaS & FinTechで中小企業の経理財務DXを支援</b> 「請求QUICK」が1分でまるわかり!カンタン機能説明動画はこちら :https://sqkessai.sbi-bs.co.jp/ad/ad_01/ 無料登録はこちら : https://seikyuquick.sbi-bs.co.jp/trial/ 「請求QUICK」サービスサイト :https://seikyuquick.sbi-bs.co.jp/ ※リリースの記載内容は発表日時点のものです。その後、将来の製品改良などにより内容が予告無しに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。 続きを読む
楽天ふるさと納税の自治体さまへ、「EC-UP」を無料で利用できる 新規登録キャンペーンスタート。
楽天市場が運営する「楽天ふるさと納税」は、参加する自治体数が1,500を超える巨大ふるさと納税サイトです。 返礼品の総数も47万を超え、年々その数は増加傾向にあります。 その反面、出品をする自治体としては、返礼品の差別化やアピールの方法が非常に難しくなってきており、返礼品のアピール方法にもノウハウが求められるようになってきました。 楽天ふるさと納税では、仕様上、別の自治体返礼品への離脱が起こりやすいです。 ユーザーに視点に立った仕様ですが、出品する自治体としては、自治体ページ内で1つでも多くの返礼品を見てもらう事がとても重要な対策となります。 EC-UPは「楽天ふるさと納税ランキングで1位獲得した実績を自動でアピールする」「現在表示している返礼品と類似した返礼品を自動表示する」「新しい返礼品を自動表示する」といった、本来自治体担当者さまや協力企業さまが手作業で行う対策を、完全放置で運用でできるサービスです。 楽天市場内での導入実績は800を超えており、楽天ふるさと納税の自治体さまでもご活用いただけるサービスとなっています。この機会にEC-UPを無料でご活用いただき、返礼品への寄付にお役立てください。 【応募受付期間】 2023年6月1日(木)〜 先着100自治体さま限定 【キャンペーン対象】 楽天市場に出店している、ふるさと納税を行う自治体さま ※楽天ふるさと納税の自治体さまのみが対象となります。 【キャンペーン特典】 2024年3月まで完全無料 ※2024年4月以降、継続利用の場合は有料となります。中途退会やフリープランへの変更も可能です。 【登録条件】 1.楽天市場の機能である「CSV商品一括編集機能」を利用中であること 2.中間業者さまなど協力企業さまからのお申込みであること ※自治体さまからの直接申込は、お申込み可能ですが、キャンペーン対象外となります。 3.シンボルマークの宣伝利用を許可いただけること 【申し込み方法】 中間業者さまなど協力会社さまから、下記お申込みページよりお申込みください。 ▼EC-UP 公式Webサイト https://ec-up.jp/ ▼新規お申し込み https://ec-up.app/#/sign_up 続きを読む
「クリックポスト拡張機能 by GoQSystem」が2つの最新機能をリリース!
■「クリックポスト拡張機能 by GoQSystem」の2つの最新機能について 今回は2つの最新機能をリリースいたしました。 これにより、クリックポストの発送作業をさらに効率化することが可能になります。 1.PDFの出力レイアウトを「A6/A4の4枚刷り/A4の1枚刷り」の3パターンから選択することが可能になりました。 PDFの出力レイアウトを3パターンから選択することが出来るので、あらゆるPCやプリンターに柔軟に対応できます。 2.1ファイルの出力件数の制限が「無制限」になりました。 出力件数の制限がかかる事なく利用出来るので、大量の注文にも手間取る事なくラベルを発行できます。 ■「GoQSystem」について GoQSystemは通販業務を一元管理できるシステムです。全てのネットショップの受注・売上・在庫・商品データを1つのシステム内で管理できるため、業務効率を格段にUPすることができます。 【主な機能】 ・受注管理 各モール・カートの受注を取り込み、1つの画面内で一括・自動で処理を行うことができます。 ・売上管理 売上データの一元化・見える化が可能です。 ロイヤリティを自動計算して収支管理を簡単に行うことができます。 ・在庫連携 各モール・カートの在庫数を自動で更新することが可能です。 最短1分間隔で在庫連携が可能なため、売り越しを防ぐことができます。 ・商品管理 各モール・カートへ商品の出品・更新・複製を一括で行うことができます。 ・物流管理 各物流倉庫と連携し、出荷業務を自動化・効率化することができます。 <GoQSystemについて詳しく見る> https://goqsystem.com/ <お問い合わせ> https://goqsystem.com/contact <サービス資料ダウンロード> https://goqsystem.com/pamphlet <20日間の無料体験に申し込む> https://goqsystem.com/freetrial ■会社概要 株式会社GoQSystem 所在地:東京都中央区京橋1丁目6-12 NS京橋ビル5F 設立: 平成21年2月25日 事業内容:システム開発、デザイン事業、動画事業、ネット通販事業 代表者:代表取締役 藤本 卓治 公式サイトURL:https://goq.co.jp/ 続きを読む
通販一元管理システム「GoQSystem」が「日本郵便の送り状作成システム」とAPI連携を開始!
■通販一元管理システム「GoQSystem」が「日本郵便の送り状作成システム」とAPI連携を開始 これにより、日本郵便の送り状作成と伝票番号の取り込みが「GoQSystem」からワンクリックで可能になりました。「日本郵便の送り状発行システム」を経由することなく、GoQSystemの管理画面のみで完結することができるようになります。 (日本郵便のゆうパック・ゆうパケット・ゆうメールに対応) ■「GoQSystem」について GoQSystemは通販業務を一元管理できるシステムです。全てのネットショップの受注・売上・在庫・商品データを1つのシステム内で管理できるため、業務効率を格段にUPすることができます。 【主な機能】 ・受注管理 各モール・カートの受注を取り込み、1つの画面内で一括・自動で処理を行うことができます。 ・売上管理 売上データの一元化・見える化が可能です。 ロイヤリティを自動計算して収支管理を簡単に行うことができます。 ・在庫連携 各モール・カートの在庫数を自動で更新することが可能です。 最短1分間隔で在庫連携が可能なため、売り越しを防ぐことができます。 ・商品管理 各モール・カートへ商品の出品・更新・複製を一括で行うことができます。 ・物流管理 各物流倉庫と連携し、出荷業務を自動化・効率化することができます。 <GoQSystemについて詳しく見る> https://goqsystem.com/ <お問い合わせ> https://goqsystem.com/contact <サービス資料ダウンロード> https://goqsystem.com/pamphlet <20日間の無料体験に申し込む> https://goqsystem.com/freetrial ■会社概要 株式会社GoQSystem 所在地:東京都中央区京橋1丁目6-12 NS京橋ビル5F 設立: 平成21年2月25日 事業内容:システム開発、デザイン事業、動画事業、ネット通販事業 代表者:代表取締役 藤本 卓治 公式サイトURL:https://goq.co.jp/ 続きを読む
独⽴開業⽀援サイト「アントレ」にソーシャルPLUSを導入

2023年05月31日(水) (株式会社ソーシャルPLUS)

独⽴開業⽀援サイト「アントレ」にソーシャルPLUSを導入

株式会社ソーシャルPLUS(所在地:東京都文京区、代表取締役:岡田 風早)は、株式会社アントレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:上⽥ 隆志)が運営する独⽴開業⽀援サイト「アントレ( https://entrenet.jp/ )」において、LINEを活用したCRM・ソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」をご導入いただきました。 これにより「アントレ」では、LINEのアカウント情報を用いて簡単に会員登録や再ログインが可能になりました。 また、LINEログインを利用して会員登録を行うと、会員登録の流れの中でLINE公式アカウントの友だち追加※1とLINEのID連携※2が完了します。LINEのID連携によってLINEのIDと「アントレ」の会員IDとの紐づけができるため、「アントレ」のLINE公式アカウントを通じて会員一人ひとりの興味関心や希望条件に応じたメッセージ配信が可能になります。 ※1 自動友だち追加機能:LINEログインの認証時に友だち追加のチェックをデフォルトでオンにする機能。LINEログインを活用した会員登録・ログインフローの中でLINE公式アカウントの友だち追加が促進できます。 https://www.socialplus.jp/line/add-friend ※2 LINEのID連携:LINEのID連携とは、自社サービスの会員IDとLINEアカウントを紐付けることです。ID連携を行うと、企業のLINE公式アカウントの友だちが自社データベース上のどの会員なのかを判別できるようになり、購買データや行動履歴をもとにユーザー単位でのセグメント配信やリッチメニューの出し分けが可能になります。 https://www.socialplus.jp/content/line-id-connect 【導入コメント】 「アントレ」ではこれまで会員登録にかかる手間を最小限にするために、最初の会員登録に必要な情報はメールアドレスのみに絞り、気軽にサービスを利用いただけるようにしていました。 今回、より会員登録時の利便性を向上し、会員様とのコミュニケーションを強化することを目的に、LINEログインの導入を決めました。 今回のLINEログイン導入により、タップ操作のみで簡単に会員登録が完了できるようにしました。LINEログインを利用すると、LINEアカウントに登録されているメールアドレスを使用して会員登録ができるため、ユーザーの方はフォームにメールアドレスを入力する必要がありません。会員登録フローが簡略化されたことで利便性が向上し、会員登録数の増加につながったと感じています。 また、LINEログインを行うと同時に「アントレ」のLINE公式アカウントへの友だち追加も促進できるため、会員登録数とともに友だち数も安定的に増えています。 今後はLINEログインを通じて友だち数とID連携数をさらに増やしていき、LINE公式アカウントを通じて会員一人ひとりにあわせた情報をお届けするために、セグメント配信を行っていきたいと考えております。 【新規会員登録は最短2タップで完了。フォーム入力不要でいますぐ簡単にサービスを利用開始できる手軽さが魅力。】 LINEログインで新規会員登録を行う場合、会員登録に必要なメールアドレスやパスワードの入力が省略でき、タップ操作のみで簡単に会員登録が完了します。 会員登録後は、興味のある独立情報を気になるボタンで保存し様々なビジネスを比較できるほか、新着情報やノウハウをLINEやメールで受け取ることができ、まずは気軽に独立準備に役立つサービスを利用開始することができます。 ----------------------------------------------------------------------------- ■独⽴開業⽀援サイト「アントレ」について 1997年2月より、独立のために必要な情報を集約した日本最大級の独立開業専門サイト。利用者の興味関心のある独立開業プランへの「資料請求&資料ダウンロード、説明会予約」機能を提供。先輩の成功談・失敗談や企業検索から説明会・個別面談会情報まで比較検討できるフォーマットで提供する点が特長。アントレの会員数は35万人を超え、230件以上のフランチャイズ・代理店・業務委託募集といった独立開業プランを紹介掲載することで、週2,500~4,000件の資料請求や説明会予約につながっている。(2023年3月現在) アントレWebサイト:https://entrenet.jp/ アントレマイチョイス:https://entrenet.co.jp/ ■「ソーシャルPLUS」について 「ソーシャルPLUS」はID連携を強みとする、LINEを活用したCRM・ソーシャルログインサービスです。会員IDとプラットフォームのIDを自然に連携し、顧客データに基づいたメッセージ配信等のCRM施策を実現可能にします。 ◆ソーシャルログインを手軽に導入! LINEやYahoo! JAPAN、Appleなど、6種のプラットフォームに対応しています。 詳細はこちら:https://www.socialplus.jp/sociallogin ◆LINE公式アカウントのCRM活用に! LINEログインを活用したCV導線の簡略化から、友だち追加の促進、会員情報に応じたセグメント配信に至るまで、ユーザー体験を重視したご提案が可能です。 詳細はこちら:https://www.socialplus.jp/line ◆ShopifyとLINEの連携活用なら、無料プランからスタート可能! Shopifyをご利用の場合、Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」のインストールベースで、より簡単にご利用いただけます。 詳細はこちら:https://crmplus.socialplus.jp 続きを読む
Snowflake Secure Data Sharingに対応

2023年05月30日(火) (Tangerine株式会社)

Snowflake Secure Data Sharingに対応

外部クラウド連携の第一弾は、カスタマーエンゲージメントプラットフォーム大手のBraze(東京都港区、代表取締役社長:菊地 真之、以下「Braze」)が提供するオンライン販促施策履歴データをSecure Data Sharingでリアルタイムで取得し、Store360が捕捉・管理する来店データと突合しオンライン販促施策の実店舗への来店効果を可視化できるソリューションをリリースしました。プレスリリースの概要を入力してください。 ■Store360でのSnowflake Secure Data Sharing対応の背景 Store360で取得する来店履歴や店舗での施策実施結果は顧客企業のCDP/CRM/MAツールなどのデジタル基盤とできるだけリアルタイムで連携することが求められています。これまでStore360への外部クラウドからのデータ取り込み、またはStore360が管理する来店履歴データの外部クラウドサービスとの連携は、CSVファイルでの送受信などETL機能の利用が必要でした。ETL機能は外部データ毎にファイル連携、ETLパイプライン・データマートの構築など手間とコストがかかっていました。また、データ連携のリアルタイム性、データを渡した側でのセキュリティ担保などの課題もありました。 Snowflake Secure Data Sharingを利用することで、外部サービスとの物理的なデータ移動やコピーが不要となり、共有目的に応じたパーソナルでセキュアなビューによりリアルタイムでデータにアクセスすることが可能となります。またデータ連携に必要な開発も不要となります。 ■外部クラウドサービス連携の第一弾はBrazeカスタマーエンゲージメントプラットフォーム Snowflake Secure Data Sharingを活用した連携第一弾は、カスタマーエンゲージメントプラットフォーム大手のBraze社が提供するオンライン販促施策結果データをSecure Data Sharingでリアルタイムで取得し、Store360が取得した来店データと突合しオンライン販促施策の実店舗への来店効果を可視化できるソリューションをリリースしました。Store360とBrazeとのデータ連携は、双方のSnowflake設定を変更することで容易にリアルタイムデータ連携が実現できます。 ■Store360 Insightでの分析ダッシュボード Store360にBrazeデータを取り込むことで、Eメールなどのオンラインキャンペーンの施策結果と、それによる実店舗への来店効果分析を一つのダッシュボードで分析することが可能になります。 ■Store360について 小売企業様向けにリアル店舗 DX を飛躍的に向上させる来店分析・顧客エンゲージメントプラットフォーム「Store360」にはOMO施策の「STORE360 UX」、オフラインデータ×データ・コラボレーション×AI 分析の「Store360Insight」があります。 Store360 UX は、小売店舗で消費者に求められるOMO関連の多彩な機能を簡単に小売公式アプリに追加することができます。来店消費者に対して高品質なリアル店舗体験やOMO体験を提供することにより、店舗でのアプリ利用を活性化し、顧客ロイヤリティとエンゲージメントを向上させると同時に顧客に寄り添ったサービス設計によるデータ取得が可能となります。またスタッフビーコン機能により、店舗スタッフの接客を可視化し、接客品質やスタッフのモチベーション向上を支援します。 Store360 Insight は、これまで不可視だったオフラインデータを取得、分析ツールです。店舗で取得される商圏データ・店前通行量・来店数・滞留時間などのオフラインデータの取得。また、消費に関する様々なデータとコラボレーションすることが可能です。それらを統合管理し、AI 自動分析することができるため、分析時間ゼロで施策などのコアなアクション業務に集中できる環境を提供します。 ■Tangerine株式会社について 当社は「場所」に付加価値を提供する会社です。その場所に訪れたユーザーの体験を豊かにするだけでなく、リアルな行動データを可視化する事でお客様のビジネスの成長に貢献いたします。リアル店舗での来店施策及び来店・購買分析サービス「Store360」の提供を通し、小売店・飲食店などリアル環境での業務課題をDXの力で解決支援します。 続きを読む
通販一元管理システム「GoQSystem」が「乗り換えサポート窓口」を開設!
■「乗り換えサポート窓口」について 通販事業者様からの「一元管理システムの急停止に伴い、早急に一元管理システムの乗り換えをしたい」旨のお問い合わせが急増していることから、「乗り換えサポート窓口」を開設いたしました。「乗り換えサポート窓口」では、主に下記の内容でサポートを行ってまいります。 1.初期設定からフロー構築・運用スタートまで専任のスタッフがフルサポート システムの初期設定からフロー構築・運用スタートまで専任のスタッフがフルサポートするため、システムに苦手意識がある方でもご安心ください。また、電話・メール・チャットなどで専属のスタッフに直通のサポート体制を整えております。 2.他社システムからの受注データの引き継ぎ 他社システムから「GoQSystem」へ過去の受注データを取り込むことができます。さまざまな形式に対応していますが、ご希望に合わせたカスタマイズも可能です。 【「乗り換えサポート窓口」へのお問い合わせはこちら】 ・お問い合わせフォーム:https://goqsystem.com/contact ・電話:03-4446-6259 ・メール:info@goqsystem.com ■「GoQSystem」について GoQSystemは通販業務を一元管理できるシステムです。全てのネットショップの受注・売上・在庫・商品データを1つのシステム内で管理できるため、業務効率を格段にUPすることができます。 【主な機能】 ・受注管理 各モール・カートの受注を取り込み、1つの画面内で一括・自動で処理を行うことができます。 ・売上管理 売上データの一元化・見える化が可能です。 ロイヤリティを自動計算して収支管理を簡単に行うことができます。 ・在庫連携 各モール・カートの在庫数を自動で更新することが可能です。 最短1分間隔で在庫連携が可能なため、売り越しを防ぐことができます。 ・商品管理 各モール・カートへ商品の出品・更新・複製を一括で行うことができます。 ・物流管理 各物流倉庫と連携し、出荷業務を自動化・効率化することができます。 <GoQSystemについて詳しく見る> https://goqsystem.com/ <お問い合わせ> https://goqsystem.com/contact <サービス資料ダウンロード> https://goqsystem.com/pamphlet <20日間の無料体験に申し込む> https://goqsystem.com/freetrial ■会社概要 株式会社GoQSystem 所在地:東京都中央区京橋1丁目6-12 NS京橋ビル5F 設立: 平成21年2月25日 事業内容:システム開発、デザイン事業、動画事業、ネット通販事業 代表者:代表取締役 藤本 卓治 公式サイトURL:https://goq.co.jp/ 続きを読む
デサントジャパン株式会社が運営する「DESCENTE STORE オンライン」にソーシャルPLUSを導入
今回のソーシャルログイン導入により、ユーザーはLINEまたはGoogle、Appleのアカウント情報を利用した新規会員登録と、再ログインが可能になりました。 新規会員登録時には、プロフィール情報をフォームに自動入力できるので、入力の手間を省き離脱を防ぐことによって、新規会員獲得に貢献します。 さらに、再ログイン時にはID・パスワードの入力が不要で簡単にログインできるため、リピート利用を促進します。 LINEログインで新規会員登録やリピート利用を促進。LINEの友だち獲得にも貢献 LINEログインを活用した新規会員登録では、LINEのProfile+機能(※1)で会員登録に必要な情報がフォームに自動入力されます。これにより、入力の手間を省きフォームからの離脱を防ぐことができます。 また、LINEログインの活用で、ECサイトへの会員登録時にLINE公式アカウントの友だち追加(※2)が完了するため、「DESCENTE STORE オンライン」に関心の高いLINEの友だちが自然に増えていきます。 ※1 LINE Profile+:LINE Profile+とは、ユーザーがあらかじめLINEアプリ上に登録しておいた氏名や性別、生年月日、住所の情報を、ユーザーの意志に基づき、 Profile+ に対応した外部サイトのフォームに自動で入力できる機能です。 https://www.socialplus.jp/line/profile-plus ※2 自動友だち追加機能:LINEログインの認証時に友だち追加のチェックをデフォルトでオンにする機能。LINEログインを活用した会員登録・ログインフローの中でLINE公式アカウントの友だち追加が促進できます。 https://socialplus.jp/line/add-friend ●DESCENTE STORE オンライン について 「DESCENTE STORE オンライン」はスポーツ用品を製造販売する、デサントジャパン株式会社が運営する公式オンラインストアです。 トップアスリートとの共同開発に基づいた機能性に優れたウェアやシューズなどのスポーツ用品を幅広く取り揃え、デサント、ルコックスポルティフ、アリーナなど多数のブランドを展開しています。 ‍Webサイト: https://store.descente.co.jp ●「ソーシャルPLUS」について 「ソーシャルPLUS」はID連携を強みとする、LINEを活用したCRM・ソーシャルログインサービスです。会員IDとプラットフォームのIDを自然に連携し、顧客データに基づいたメッセージ配信等のCRM施策を実現可能にします。 ■ソーシャルログインを手軽に導入! LINEやYahoo! JAPAN、Appleなど、6種のプラットフォームに対応しています。 詳細はこちら:https://www.socialplus.jp/sociallogin ■LINE公式アカウントのCRM活用に! LINEログインを活用したCV導線の簡略化から、友だち追加の促進、会員情報に応じたセグメント配信に至るまで、ユーザー体験を重視したご提案が可能です。 詳細はこちら:https://www.socialplus.jp/line ‍■ShopifyとLINEの連携活用なら、無料プランからスタート可能! Shopifyをご利用の場合、Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」のインストールベースで、より簡単にご利用いただけます。 詳細はこちら:https://crmplus.socialplus.jp 続きを読む
食品ネットショップ事業を柱に育てる!全てが学べる1dayセミナー

2023年05月25日(木) (リライズコンサルティング株式会社)

食品ネットショップ事業を柱に育てる!全てが学べる1dayセミナー

コロナ禍で多くの企業がネット通販に進出したため、食品ECサイトの競争が激化しました。多くの人々が自宅で食事をすることが増え食品ECサイトの需要が高まりましたが、行動制限の緩和にともない、多くの人々が再び外食をするようになり、食品ECサイトの需要が縮小しています。 しかし、その中でも成長し続けている企業様は少数ではありません。 迫ってくる危機に対して、どうすべきでしょうか? 成長鈍化のEC事業のどこに注目すべきでしょうか?どう改善すべきでしょうか? 来店者数、購入率、客単価、売上金額、売上数量、商品別売上構成比、男性・女性割合など、多くの見るところがあるネットの世界ですが、“見るべきポイントとやるべきことを絞っている”のが、伸びる企業の特徴です。 この度、成功事例しかお見せしません「食品ネットショップ事業を柱に育てる!全てが学べる1dayセミナー」全国ツアーが決定しました! 是非この機会を掴んで、食品EC事業再生に注力していきましょう! ▼こんな方にオススメ! ・ネット通販に進出しようとしている企業様 ・ネット通販の売上を伸ばすために苦戦している企業様 ・広告投資回収に困っている企業様 ・モールに頼らず、本店ECを柱に育てたい企業様 貴社のビジネスの成長をサポートするために、 「食品ネットショップ事業を柱に育てる!全てが学べる1dayセミナー」 を全国6都市で開催いたします。 ▼以下のような内容を取り上げます: 1,売り物と売り方の時流・トレンド情報   ①エシカル消費へ対応しましょう!SDGsへの取り組み   ②時流に適応する開発すべき商品ジャンル   ③サービス力を高めましょう!「〇〇発送」が売れている 2,新規集客がうまくいかない方向けの速攻施策   ①誰でもできる「素人風」の動画集客   ②アフィリエイト記事を活用しましょう! 3,付加価値で客単価を上げる方法   ①惣菜が売れてる理由は「美味しい」だけじゃない   ②一手間をかけるだけで、グラム単価1.6倍にしても爆売中   ③まだお肉をブロックで販売していますか?   ④「〇〇しなくても良い」が売れている 4,投資回収のカギとなる「リピート客」を増やす方法   ①月間会員稼働率15%を達成したコスト¥0の施策   ②「低コスト・高効率」安定的に売上を伸ばす方法 本気で事業拡大したい方は是非セミナーへご参加ください。 WEBでは聞けない裏話も盛りだくさんご用意しています。 ・新卒女性社員に海鮮EC事業を任せて大活躍、4年目年商2.5億達成! ・地方飲食チェーン店がEC参入2年目1億円、3年目年商2.2億円達成! ・馬刺し専門店が頒布会導入、営業利益10%達成! ・ローストビーフ専門店が2年連続減収をたった半年で売上増へ好転! ・地方のパン屋さんがサブスク会員数800人突破! たった4時間で、スピーディーに結果につながります。 リライズのセミナーでは、一方的な講習より確実に思考が前に進めていけます。 ▼開催日程 各日13:00~17:00 6月5日(月)  東京 6月14日(水)  大阪 6月22日(木)  福岡 7月4日(水)  名古屋 7月12日(水)  金沢 7月24日(月)  仙台 8月24日(木)  東京 ▼ご希望の方はこちらから https://rerise-consulting.com/lp/23005/?utm_source=ec&utm_medium=2305 ※私たちは、経営者様に無料でEC診断を提供しています。※ 食品ネットショップ事業の課題と対策が目に見える!だから最速業績アップ出来る! リライズコンサルティングの高収益ECモデルは、「どんなチームを組むか」というところから始まり、全領域のバックアップを行います。 食品ネットショップ支援の事例豊富なリライズだからこそ、業種・業態別に様々な取り組み事例を提供可能! 他社の成功事例から最も自社の課題に即した取り組みをピックアップし、即実践しましょう! ▼資料ダウンロードはこちら▼ https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1oLd1eUqwbqf3auXtq6Q3UOgDyJZ2i-X2 EC診断では、現状把握と課題の洗い出しから次の行動に移ることを目的としています。こちらからの押し売りは一切ありません。 EC診断にご興味がある場合は、お気軽にお申し込みください。私たちはあなたのビジネスの成長を支援するために尽力いたします。 ▼EC診断ご希望の方はこちらから▼ https://rerise-consulting.com/contact.php?utm_source=ec&utm_medium=2305 続きを読む
ゼウス、端末決済サービスに月額課金機能を無料で追加~フィットネスクラブ・スクールなどの会費制サービスに最適な月額課金機能を提供~
ECショップやBtoB事業者向けにクレジットカードをはじめとする決済サービスを提供する株式会社ゼウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金子雄一、以下「当社」)は、多機能モバイル決済端末「Mr.Hunt01」を用いた端末決済サービスである「buddy」「Bizクレカ端末決済」「buddy for クリニック」に月額課金機能「buddy リピート」「Bizクレカリピート(端末)」「buddy リピート for クリニック」を追加しましたので、お知らせいたします。 <b><u>■ 背景と目的</b></u> 当社は、2022年9月より、あらゆる事業者のキャッシュレスニーズに応える端末決済サービスとして、BtoC専用サービス「buddy」、BtoB専用サービス「Bizクレカ端末決済」及び医療機関専用サービス「buddy for クリニック」を提供しております。提供開始以来、小売店やフィットネスクラブ、医療機関をはじめとする多種多様な事業者様からお問い合わせ・お申し込みいただく中で、「入会時に店頭でクレジットカード払いされたお客様に同じカードで月会費を請求できないか」、「会員様やリピーター様への請求をかんたんに処理したい」といったご要望を多くいただいておりました。このような背景のもと、当社では端末決済サービスに月額課金機能を追加するとともに、本機能を無料で提供することといたしました。 <b><u>■ 月額課金機能「buddy リピート」「Bizクレカリピート(端末)」「buddy リピート for クリニック」について</b></u> BtoC専用月額課金「buddy リピート」、BtoB専用月額課金「Bizクレカリピート(端末)」、及び医療機関専用月額課金「buddy リピート for クリニック」は、店舗の決済端末機を通じて登録されたクレジットカード情報を用いて、2回目以降の請求を当社の売上管理画面から事業者様がお好きなタイミングで処理できる月額課金機能です。本機能をご導入いただくことで、お客様はフィットネスクラブやスクールにおいて月額利用料や会費を毎回店頭でお支払いすることなく、スムーズにサービスをご利用いただけます。また、士業やレンタルオフィス、展示会販売などでは、受付時に予約金のみお支払いいただき、後日利用料をまとめて請求するといった使い方や、複数回のご利用分を月末にまとめて請求するなど、さまざまなシーンで便利にご活用いただけます。 クレジットカード決済導入により、現金管理や金銭授受の手間を省くだけでなく、未入金時の督促業務に係る煩雑な事務作業を軽減し、売掛金の回収率向上にも貢献いたします。さらに、月額課金機能は追加費用なしの無料で提供いたしますので、手軽に継続利用の利便性を享受いただけます。 ※月額課金機能のご利用には、オンライン決済のお申し込み・WEBサイト審査が必要となります。 <b><u>■ 料金プランについて</b></u> 各サービスの料金プランは添付の通りです。 <b><u>■ 多機能モバイル決済端末「Mr.Hunt01」について</b></u> 「Mr.Hunt01」は、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済をオールインワンで提供する多機能モバイル決済端末です。モバイル端末なので電波のある場所であればどこでも利用でき、飲食店におけるテーブル会計はもちろん、イベントや訪問販売、往診などの屋外でも決済手続きが可能です。「Mr.Hunt01」には動画マニュアルが搭載されており、必要な時にいつでも誰でも気軽に利用方法を確認できますので、スキルの均質化やスタッフへの効率的な研修が期待できるうえに、紙のマニュアルを管理する必要もなくなります。端末の修理・故障の場合においても、5年間の無料保証が付いており、24時間365日対応の事業者様・お客様向けカスタマーサポートセンターによるサポートもありますので、安心して決済端末をご導入いただけます。 BtoC専用端末決済サービス「buddy」につきましては、下記をご覧ください。 https://www.cardservice.co.jp/service/cat/mrhunt01/ BtoB専用端末決済サービス「Bizクレカ端末決済」につきましては、下記をご覧ください。 https://www.cardservice.co.jp/service/cat/bizcreca_mrhunt01/ 医療機関専用端末決済サービス「buddy for クリニック」につきましては、下記をご覧ください。 https://www.cardservice.co.jp/service/cat/clinic_mrhunt01/ 当社は、事業者様のニーズや運用に合わせたクレジットカード決済を提供して事業者様の業務効率化向上を図るとともに、今後もより一層、安心・安全で利便性の高いサービスを拡充し、すべてのお客様に充実したサービスを提供できるよう努めてまいります。 <b>【当社について】</b> 当社は、全国に14,000サイトを超える導入実績を誇り、1994年の設立以来、国内決済代行業界のパイオニアとしてECショップやBtoB事業者向けにクレジットカードをはじめとするオンライン・実店舗向け決済サービスを幅広く提供しております。事業者様への最適な提案、高品質なサービス提供、またHDI格付けベンチマークの「クオリティ格付け(センター評価)」において2年連続で応対品質の最高評価「三つ星」を取得した24時間365日有人対応のカスタマーサポートセンター運営などにより、法人、個人事業主、物販、サービス業をはじめとする、あらゆる業種・業態の事業者様からご支持いただいております。 続きを読む
「メルカリShops」直伝の売れるコツをご紹介!『「メルカリShops」で売れているショップ事例紹介セミナー』を開催
■セミナー概要 5月の「メルカリShops」と「GoQSystem」のAPI連携開始にあたり、「メルカリShops」の概要、売れているショップ事例の紹介やAPI連携スケジュールをご案内します。 当日は、「メルカリShops」担当者と「GoQSystem」担当者で質疑応答も実施しますので、お気軽にご質問ください! <こんな方におすすめ> ・今より売上を伸ばしたいと考えている方、販路拡大を検討している方 ・「メルカリShops」で売れているカテゴリーやショップの事例を知りたい方 ・「GoQSystem」で「メルカリShops」への出品を検討している方 <開催日時> 2023年6月7日(水) 14:00~15:00 ※本セミナーは無料です。 <申込・視聴方法> Zoomでのオンライン開催ですので、パソコンかスマホがあればどこからでもご参加できます。 また、ビデオはOFFでご参加できますので、お気軽にお申込みください。 https://mercari.zoom.us/webinar/register/WN_xOzW0YgWR6mZ5x0xR9gg2Q ■「GoQSystem」について GoQSystemは通販業務を一元管理できるシステムです。全てのネットショップの受注・売上・在庫・商品データを1つのシステム内で管理できるため、業務効率を格段にUPすることができます。 【主な機能】 ・受注管理 各モール・カートの受注を取り込み、1つの画面内で一括・自動で処理を行うことができます。 ・売上管理 売上データの一元化・見える化が可能です。 ロイヤリティを自動計算して収支管理を簡単に行うことができます。 ・在庫連携 各モール・カートの在庫数を自動で更新することが可能です。 最短1分間隔で在庫連携が可能なため、売り越しを防ぐことができます。 ・商品管理 各モール・カートへ商品の出品・更新・複製を一括で行うことができます。 ・物流管理 各物流倉庫と連携し、出荷業務を自動化・効率化することができます。 <GoQSystemについて詳しく見る> https://goqsystem.com/ <お問い合わせ> https://goqsystem.com/contact <サービス資料ダウンロード> https://goqsystem.com/pamphlet <20日間の無料体験に申し込む> https://goqsystem.com/freetrial ■会社概要 株式会社GoQSystem 所在地:東京都中央区京橋1丁目6-12 NS京橋ビル5F 設立: 平成21年2月25日 事業内容:システム開発、デザイン事業、動画事業、ネット通販事業 代表者:代表取締役 藤本 卓治 公式サイトURL:https://goq.co.jp/ 続きを読む
【PeecAI新プラン】無料プランを公開いたしました

2023年05月24日(水) (DeFactory株式会社)

【PeecAI新プラン】無料プランを公開いたしました

本日、23年5月19日に、PeecAIの無料版のプランを公開いたしました。 以下、無料プランの概要となります。 ※月商300万~以下のブランド様においては、ご利用を頂いても成果は出る可能性が限りなく低いため、インストールをご遠慮くださいますようお願い申し上げます。 ▼有料版との違い ・カスタマイズ機能(機械学習×手動併用)の有無 ・レコメンド設定機能の制限 ▼プランの比較 特に無料版は、Shopifyのレコメンドを活用頂きたい方向けで、ハードルが低い形で、ご利用が可能でございます。 一言で、無料版でできることを説明しますと、 ・オーバーレイ型のレコメンド(以下スクリーンショット)表示を ・詳細ページのみに対して ・月間1,000表示 ※詳細ページに、レコメンドが1,000回表示される 行うことが可能というものになります。 レコメンド1,000回の表示の平均CVRが0.08~0.3%(※)なので、平均的に、1,000回のレコメンドで、月間で1~3個は購入されるアプリとなります。 ※商材、単価などによりCVRは変動いたします。 成果が出ているサイト様では、全売上のうち、約1.5%がレコメンド経由の売上となっています。 ※月商500万円のブランド様であれば、7.5万円の収益が、レコメンド経由で販売できたことになります。 (=手間をかけずに、利益率が1.5%改善したことになります。) ※ブルーシャワーが、PeecAIのレコメンドとなります。 ▼レコメンドイメージ(デモサイト) https://demo.peec-ai.com/demo/store ▼成果事例 Shopifyレコメンド「PeecAI」の3つの強みと成果についてご紹介! https://bizdev-tech.jp/shopify_recommend_peecai/ ▼アプリインストール https://apps.shopify.com/peec-ai?locale=ja 続きを読む
週休三日制を見据えた新たな挑戦 ―アクルが「水曜日の午後一斉休日」を導入―
■「水曜日の午後一斉休日」とは 当社は、完全週休2日制(土・日)に加え、月に1~2日水曜日の午後1時からを全社一斉休業とすることで、全社員がリフレッシュや学習など自由に使える時間としました。 ■制度導入の背景・目的 当社では、コロナ禍でフルリモート・フルフレックスの働き方が定着し、一定の成果を得られていることから、次の働き方改革として「水曜日の午後一斉休日」の導入に至りました。 ・ブルーマンデーがない職場をつくろう 月曜日の出社が憂鬱ないわゆる「ブルーマンデー」は、フルリモート・フルフレックスの環境でも同様に起こりうることです。ブルーマンデーという概念を壊し、月曜日から生き生きと働けるようにするにはどうしたらいいか。この問題意識から水曜日の休みという発想が生まれました。 ・週休3日制導入に向けた段階的な取り組み 週に1日休みを増やすことで、「お客様の対応はどうするのか」「忙しいのに業務が回らなくなるのでは」といった懸念の声もありました。そこで、まずは月に1~2回水曜日の午後を休みにすることで、サービスの質や生産性を落とすことなく、お客様への浸透と更なる生産性の向上を図り、最終的には週休3日制に移行していきます。 ・社員の人生を豊かにするために使う水曜日の午後休み 水曜日の午後を休みにすることで、単に休みが増えるだけでなく、より有意義な時間の使い方をしたいという考えもあり、あらためて時間の使い方について全社員に問いました。「自分の中で常々”これをやりたい”とか”こういうことができたらプラスだ”と思いつつも取り組めていないことはないですか」と。つまり、時間管理のマトリックスでいう第二領域(※)の「緊急性は低いけれども重要度の高いテーマ」に使う時間として水曜日の午後を有効活用してはどうかと社員に提案しています。 (※)第二領域:スティーブン・R・コヴィー著「7つの習慣」で紹介されている概念で、緊急度と重要度でタスクを分類したときの「緊急ではないが重要」という領域を指す。 ・人として成長できる場の提供 当社では、人としての成長は幸せの第一歩と考え、成長につながる場を提供したいという思いから、これまでも時間や場所にとらわれない働き方や、副業、書籍購入制度、資格取得補助制度などを推進してきました。「水曜日午後一斉休日」においても、時間の使い方に制約を設けていませんが、社員がより成長や幸福感を実感できるような時間の使い方、例えば、やりたかったけどなかなかやれなかった勉強や、健康づくり、リフレッシュの時間などを推奨しています。 ■制度導入の効果 2月の第1回目の休暇終了後のアンケートの結果、「休みを何に使いましたか」という設問では、リラックス(68.4%)、学び(42.1%)、健康・エクササイズ(31.6%)、趣味(15.8%)、家族(15.8%)という回答が上位に並びました。 ※添付ファイル1つ目参照 社員の声としては、「計画通りに3時間勉強、3時間健康に費やせたため100点です」 「ブルーマンデーが軽減された」 「土日は家族のための時間で、平日に自分のことを考えられる時間は非常にありがたい」 といった前向きなものが寄せられ、社員のストレス軽減、リフレッシュ効果、モチベーションの向上につながっていると考えられます。今後も定期的にアンケートを実施し、制度導入の効果を検証していきます。 ■アクルの働き方 ・フルリモート・フルフレックス制(原則オフィスへの出社なし。カフェ、海外、地方、ワーケーションなど、時間と場所にとらわれない働き方。時短勤務も可能。) ・副業可 ・書籍購入制度 ・資格取得補助制度 当社は、従前より働き方改革に取り組んで参りましたが、アクルならではの次の働き方改革として「水曜日の午後一斉休日」を導入しました。月に1~2回水曜日の午後を休みにすることで、サービスの質や生産性を落とすことなく、働く社員の成長・幸せにつながる職場環境の構築、そこから生まれる新たな発想を実行に移し、更なるお客様サービスの向上を目指していきます。 続きを読む
株式会社イ-・ロジット、東大発・米国物流ロボティクスベンチャー RENATUS ROBOTICと資本提携契約締結
 EC需要が急速に拡大する一方、2024年問題(*)により労働時間の制約が加わり、物流業界における人手不足の問題が深刻化することが予想されています。RENATUS社との資本提携により、同社が持つ最先端自動倉庫システムと、EC物流としてトップクラスの実績を誇る当社の物流オペレーションノウハウを掛け合わせることで、日本国内における「RENATUS」 の展開およびイー・ロジットのオペレーション自動化の加速を狙いとした本格的な業務連携の検討を進めてまいります。  また、その足掛かりとして、当社のフルフィルメントセンターにおいてRENATUS社の自動倉庫システム「RENATUS」の導入を予定しております。物流業界で求められるAI・ロボティクス技術を現場に導入することで、作業生産性の向上、倉庫活用の高密度化、大幅コスト削減、ひいては「完全無人自動倉庫」の実現を目指します。 続きを読む
EC事業者向けデータ変換・連携サービス「ECコネクター®」は、「ショップサーブ」への出荷情報データ連携に対応しました。
この連携により販売管理システム等から出荷情報(配送業者、お問い合わせ番号、発送予定日)を「ECコネクター®」に取り込み、カートシステムへ連携可能なデータ形式に変換し、自動連携することが可能です。 データ連携時「ショップサーブ」の発送ステータス更新にも対応しています。 ■「ショップサーブ」とは 「ショップサーブ」は株式会社Eストアーの23年間 、D2C専門、GMV1.5兆円、累計11万社のノウハウが凝縮されたECシステム。最高水準の高速安定とセキュリティー、業界トップのAPI数で強力な連携と柔軟なカスタマイズが可能。 「ショップサーブ」の詳しい情報はこちら:https://shopserve.estore.jp/ ■ 「ECコネクター®」とは EC事業に必要な、異なるサービスやシステム間のデータ変換・連携を簡単にできるサービスです。店舗・ブランド・チャネル(各モール・自社EC)ごとに取得している各種情報から基幹システムや倉庫管理システム(WMS)、マーケティングシステム等に対してのデータ変換と連携を行います。 「ECコネクター®」の詳しい情報はこちら:https://www.ec-connector.com 連携事例はこちら:https://www.ec-connector.com/work/ ■お問い合わせはこちら 担当:堀 support@ec-connector.com 【株式会社久について】 所在地:東京都港区南麻布1-5-9-3F 代表:工藤暢久 事業内容:ECコンサルティング、ECサイト構築、EC運用代行等EC総合支援/ECシステム開発 URL:https://www.qinc.co.jp/ 続きを読む
EC事業者必見!最新SEO対策×LP改善術セミナー【free web hope×ALL WEB CONSULTING共催セミナー】
▼セミナーのお申込みはこちらから▼ https://ecnomikata.com/seminar/38974/ ▌セミナー内容 【第一部:EC事業者が押さえるべきSEO対策のポイント徹底解説】 14:00~14:25 株式会社ALL WEB CONSULTING ECサイト専門のコンサルティングを行ってきた当社が過去多くのサイトで行ってきたSEO対策の知見をもとにどうすれば検索順位が上がるのか、どのようなコンテンツが好まれるのかなどECサイト特有のSEO対策について徹底解説します。 最新のSEO対策の動向からすぐに実行できるSEO対策の具体的なポイントまで詳しく解説。自社ECサイトで集客に課題を感じている方やスタッフの教育を行いたい方など是非ご参加ください。 このセミナーを受けた後、貴社のネットショップは超戦略的なショップに生まれ変わります。 【第二部:最新のLP活用術!成功事例もあわせて徹底解説】 14:25~14:50 株式会社free web hope ランディングページの制作意図と改善によってCV数がどう変化したか、その過程と成果の数値をリアルに公開するセミナーです。 累計1,000件以上のランディングページを制作運用してきたfree web hopeの制作ノウハウ、LPOのノウハウを包み隠さずお話します。 ▌登壇者 ●株式会社ALL WEB CONSULTING 代表取締役社長兼ECコンサルタント 江守義樹(えもり よしき) ECサイト支援に特化した株式会社ALL WEB CONSULTING代表取締役社長。過去に1,000サイト以上のECサイトで売上向上支援やデータ分析を手掛ける。その豊富な知見を活用し戦略的なSEO対策、サイト制作、コンサルティングなどECサイトのスペシャリストとして活動中。 主な実績 ・EC出店から1年で月商数千万規模まで成長 ・95%以上のECサイトで売上向上 ・過去1,000サイト以上のECサイトでのサイト分析・売上向上支援 ●株式会社free web hope コンサルタント兼インサイドセールスリーダー 親川 太貴(おやかわ たいき) 大学卒業後、新卒で総合人材サービス大手パーソルキャリア株式会社に入社。その後、株式会社free web hopeに入社しコンサルタントとして100社以上のweb集客をサポート。toCでは人材系(会員募集)やスポーツジム、不動産関連の案件を多く手掛ける。現在はインサイドセールス部署の立ち上げとリーダーも兼任。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 株式会社free web hopeについて ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ランディングページ制作に強みを持ち、12年間累計制作1,000本以上、中小零細企業から上場企業までLPを制作実績あり。 BtoB、BtoC、サービス・物販問わず多数の集客ノウハウを提供しています。 <会社概要> 会社名:株式会社free web hope 所在地:東京都中央区東日本橋2-22-1 クロスシー東日本橋ビル3F 代表者:代表取締役社長 相原 祐樹 URL : https://marketing.fwh.co.jp/ 事業内容: メディアプロモーション事業 インターネット広告事業 ウェブサイトの制作・運営事業 自社運営媒体の企画・開発・運営 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 株式会社ALL WEB CONSULTINGについて ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 弊社ではネットショップ支援を主軸に置いたサービス展開をしているマーケティグ会社です。 モール系ECから自社ECまで過去数百サイト以上の売上向上支援、サイト分析を行ってきました。 その豊富な知見を活かし集客対策からコンサルティング、サイト構築までワンストップで行えるのが私たちの強みです。 「貴社が超えられなかった壁を超える」、そのための支援を行っております。 ▌会社詳細ページ https://ecnomikata.com/support_company/841/ <会社概要> 会社名:株式会社ALL WEB CONSULTING 所在地:東京都港区南麻布3-4-5 エスセナーリオ南麻布203 代表者:代表取締役 江守 義樹 URL :https://allweb-consulting.co.jp 事業内容: -ネットショップ(ECサイト)の運営支援及びコンサルティング -ネットショップ(ECサイト)運営支援ツールの開発・ご提供 -ネットショップ(ECサイト)の運営代行 -ECサイト制作 -商品撮影・商品登録代行 ・SEO対策 ・広告運用代行 ・インフルエンサーマーケティング ▌ 本件に関するお問合せ 株式会社ALL WEB CONSULTING セミナー運営事務局 TEL:03-6276-8654(代表) MAIL:support@allweb-consulting.co.jp URL:https://allweb-consulting.co.jp 続きを読む
「配送料カスタム.amp」に「代引き」機能が新たに搭載

2023年05月19日(金) (株式会社and.d)

「配送料カスタム.amp」に「代引き」機能が新たに搭載

■「代引き」機能について Shopifyを活用したECサイトで、細かい配送条件ごとに配送料の指定を可能にするShopify専用アプリ「配送料カスタム.amp」にて、新たに「代引き」の配送料設定機能を追加しました。 本機能を利用することで、ストア運営者は「代引き」を配送方法の選択肢として追加することができます。お客様が「代引き」を選択した場合、商品注文時に商品代金の他に、代引き手数料を含めた送料の表示が可能となります。これにより、個別に代引き手数料を再計算して、お客様に通知する必要が無くなります。本機能を通じて、お客様は、商品注文時に正しい支払い金額を把握でき、スムーズな代引き決済を実現します。 また、総務省が公表している情報によると、インターネットで商品を購入する際に選ばれる決済方法として、「クレジットカード払い」や「コンビニエンスストアでの支払い」に次いで高いのが「代引き(26.2%)」となっています*1。引き続き高い需要のある「代引き」を導入することで、「商品を直接確認してから支払いをしたい」や「クレジットカードの情報を登録したくない」などのお客様ニーズに対応することに繋がります。 「配送料カスタム.amp」を通して、よりお客様が安心して商品を購入できる配送環境作りをお手伝い致します。 ■「配送料カスタム.amp」とは? 配送地域や発送方法、注文量などのさまざまな条件に応じてストア運営者が自由に配送料金を設定できるようにするShopifyアプリです。 それぞれのストアの運営状況に合わせた配送料の設定を実現します。 <配送料カスタム.ampで実現できること> ・エリアごとの配送料設定(都道府県/地方区分/郵便番号/離島・沖縄) ・小型便・クール便など商品タグごとの配送料設定 ・商品重量ごとの配送料設定 ・宅配業者(カンガルー置き配便)のシステムとの連携 ・代引き配送料設定 ・配送料のシミュレーション 今後もさまざまな条件での配送料の設定ができるよう、新機能の開発にも順次着手しております。 14日間の無料期間もございますので、ぜひ一度お試しください。 ▶︎アプリ詳細ページ:https://apps.shopify.com/amp-custom-delivery-charge-prd?locale=ja ※【Shopifyアプリ「.amp」シリーズ】 「.amp」シリーズはand.dが開発を手掛けるShopifyアプリです。日本でShopifyを活用しているECサイトでのUXを改善するために必要なアプリを開発、提供しています。 #配送日時指定.amp https://apps.shopify.com/d?locale=ja #複数配送先指定.amp https://apps.shopify.com/multiple-ship?locale=ja #テイクアウト&デリバリー.amp https://apps.shopify.com/amp-takeout-delivery #送料無料バー.amp https://apps.shopify.com/shipping-bar-1?locale=ja #購入データエクスポート.amp https://apps.shopify.com/amp-5?locale=ja #レコメンド.amp https://apps.shopify.com/woolly-recommend-app?locale=ja #ポイント&メンバーシップ.amp https://apps.shopify.com/andd-loyalty?locale=ja #配送料カスタム.amp https://apps.shopify.com/amp-custom-delivery-charge-prd?locale=ja #チケット&予約管理.amp https://apps.shopify.com/amp-ticket-reservation-app?locale=ja ※1 情報通信白書 令和3年版https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/html/nd242120.html# 続きを読む
RoomClipショッピングが「ネクストエンジン」と受注情報の連携開始

2023年05月19日(金) (ルームクリップ株式会社)

RoomClipショッピングが「ネクストエンジン」と受注情報の連携開始

【連携開始の背景】 2021年3月からスタートした「RoomClipショッピング」は、RoomClipに投稿されている投稿写真、実際にアイテムを利用しているユーザーの生活シーンなどを参考にしながらアイテムを購入できるソーシャルコマースプラットフォームです。購入可能な商品は10万点を超え、暮らしのアイデアの情報収集だけでなく、そのアイディアを支えるアイテムを購入して実現するところまでサポートしています。 ユーザーの多様で豊かな暮らしの実現のため、これまでも多くのショップ事業者に出店いただいてきました。より多くのショップ事業者に出店いただきやすい環境をつくるため、今回、既に在庫情報を連携していたネクストエンジンと、新たに受注情報の連携を行う運びとなりました。 今回の受注情報の連携により、RoomClipショッピングに出店するショップ事業者は、ネクストエンジンとRoomClipショッピング間で在庫情報と受注情報を連携し、一元管理することができるようになります。具体的には、ネクストエンジンとRoomClipショッピングどちらかで受注ステータスの操作を行うことで、ステータスを連携することが可能となります。 ネクストエンジンを既に利用しているショップ事業者や、在庫管理・出荷管理のオペレーション負担軽減を重視しているショップ事業者にとって、よりRoomClipショッピングを利用しやすい環境が実現します。 【利用に際しての注意点】 ・利用する際は、RoomClipショッピングに出店後、RoomClip内の管理画面およびネクストエンジンにてアプリ購入(https://base.next-engine.org/apps/4000/detail/)が必要となります。 ・ネクストエンジンと連携する情報は在庫情報・受注情報となります。登録商品情報の自動連携は含みません。 【詳細情報について】 詳細については、RoomClipショッピングの特設サイトをご参照ください。 https://biz.roomclip.jp/shopping 【RoomClipショッピング 概要】 「RoomClipショッピング」は、住生活関連商品(インテリアホームファッション、雑貨、日用品、家電、DIY、 他)に特化した国内初となるソーシャルコマースです。世界的にも大きな成長が期待されるソーシャルコマース市場において、これまで「RoomClip」運営で培った資産にEC機能を融合し、新たな購買体験を提供します。 「RoomClipショッピング」:https://roomclip.jp/shopping/ 【RoomClipについて】 家具や家電、雑貨などインテリアの写真を投稿・閲覧できる、住生活の領域に特化した日本最大級のソーシャルプラットフォームです。スマートフォンアプリとインターネットのウェブサイトを展開しています。現在月間ユーザー数は600万人、写真枚数は500万枚を超えます。RoomClipは日本で最も「実際に人が生活している部屋の写真とデータ」が集まっているサービスです。雑誌やテレビなど年間に100以上の媒体でRoomClipユーザーが紹介されています。 【ネクストエンジン 概要】 ・URL:https://next-engine.net/ ・自社ネットショップ運営の現場から生まれたシステム ・受注、発注、仕入、在庫〜分析等、ネットショップに必要な機能を集約 ・登録店舗数45,116店舗 (2023年3月時点 上場企業、楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗等含む) ・必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能 ・「ネクストエンジン」と連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームを提供 【NE株式会社 概要】 名称 : NE株式会社 代表者 : 代表取締役社長 比護 則良 所在地 : 〒250-0011神奈川県⼩⽥原市栄町2-12-10 Square O2 設立 : 2022年5月2日 親会社 : Hamee株式会社(100%) 事業内容 : EC支援・SaaS事業、コンサルティング事業 企業サイト: https://ne-inc.jp 続きを読む
さらなるEC業務効率化へ!当社倉庫管理システム「L-Spark」と「ECコネクター®」が標準連携
━━━━━━━━━━━━━━━━  <span style=font-weight:bold;>連携概要</span> ━━━━━━━━━━━━━━━━ この連携により、カートシステムや受注管理システムの各種データを「ECコネクター®」に取り込み、「L-Spark」へ連携可能なデータ形式に変換し、受注・商品・在庫データを連携することが可能です。 <span style=color:#c7000a; font-weight:bold;> 「L-Spark」と標準連携していないシステムのデータ連携や、「L-Spark」の標準機能で対応できない複雑なデータ連携などにも対応できるようになります。</span>(事前に調査が必要です) 受注コネクター、商品コネクター、在庫コネクターでご利用が可能です。 また、「L-Spark」でCSV連携している他システムやサービスも「ECコネクター®」を利用することで、API連携やRPAを使用した自動化などを行うことができます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━  <span style=font-weight:bold;>活用事例</span> ━━━━━━━━━━━━━━━━ <span style=color:#c7000a; font-weight:bold;>「ECコネクター®」を経由することで、当社サービスとの以下連携・自動化を実現します。</span> ●「ネクストエンジン」(※)の受注データを当社「L-Spark」に連携 ●「ネクストエンジン」の商品データを当社「L-Spark」に連携 ●当社「L-Spark」の出荷情報を「ネクストエンジン」やカートシステムに戻す ●当社「L-Spark」の在庫情報を「ネクストエンジン」やカートシステムと共通化 ●当社「L-Spark」で標準連携していないサービス・システムとの連携(要事前調査) ●CSVでの手動連携作業を、APIやRPAを使用して自動化する など (※)「ネクストエンジン」…複数のオンラインショップの商品登録、在庫管理、受注処理を一元化・自動化することができる、業界最大級のクラウド型ECプラットフォーム。 ━━━━━━━━━━━━━━━━  <span style=font-weight:bold;>「L-Spark」とは</span> ━━━━━━━━━━━━━━━━ 「L-Spark」は、当社が提供する物流代行サービスにて適用している倉庫管理システム(WMS)です。 EC物流受託35年以上のノウハウをつぎ込んだ独自開発のシステムで、WMSの三大機能である在庫管理(入荷、検品、保管、ピッキング、出荷等の在庫管理)、 出荷指示データからの伝票類出力、出荷進捗管理に加え、送り状のオンデマンド印刷機能、物流KPI分析機能、動画再生システム等が備わっています。 <span style=color:#c7000a; font-weight:bold;>【当社「物流代行サービス」サイト】</span> https://www.scroll360.jp/service/fulfillment/logistics/ ━━━━━━━━━━━━━━━━  <span style=font-weight:bold;>「ECコネクター®」とは</span> ━━━━━━━━━━━━━━━━ EC事業に必要な、異なるサービスやシステム間のデータ変換・連携を簡単にできるサービスです。 店舗・ブランド・チャネル(各モール・自社EC)ごとに取得している各種情報から基幹システムや倉庫管理システム(WMS)、マーケティングシステム等に対してのデータ変換と連携を行います。 <span style=color:#c7000a; font-weight:bold;>【「ECコネクター®」サービスサイト】</span> https://www.ec-connector.com/ 続きを読む
マルチ後払い決済サービス「届いてから払い」 EC・通販事業者さま向け新サービス「販促オプション」
■「販促オプション」導入概要 「販促オプション(ビジネスモデル特許出願中)」は購入者さまのマイページ(決済画面)にバナー広告が表示できる新サービスです。 購入者さまは商品購入後、ハガキで届く請求書の二次元バーコードを読み取りマイページへログインします。「販促オプション」では、決済画面であるマイページに購入者さまが興味をお持ちのバナー広告を表示できます。 商品ページ(ランディングページ)へ誘導することによって定期購入への引き上げが見込め、事業者さまのLTV(Life Time Value)向上に貢献します。 ■「販促オプション」の特長 〈EC・通販事業者さまに最適〉  購入者さまの興味ある製品をPRすることによって、単発購入顧客に対し、リピート購入への引き上げが見込めます。 〈表示可能な広告は10種類〉  期待する効果に沿ってバナーのカスタマイズが可能です。 〈導入が簡単〉 すでにお持ちの商品ページ(ランディングページ)が活用できるため、手間をかけずに導入できます。 ■「届いてから払い」とは  ▶「届いてから払い」:https://www.ato-barai.com/todopay/lp/ 「届いてから払い」とは、ECサイトや通販などでのお買い物の際、商品を受け取った後でお支払いができる「後払い決済サービス」です。 「商品がきちんと届くのか不安だ」「代引きだと宅配BOXを使えない」といった商品購入への“あしかせ”を取り除き、EC・通販事業者さまの売上アップに貢献します。 コンビニ現金払い、銀行振込、郵便振替に加え、クレジットカード、PayPayなどのスマホ決済、キャリア決済も利用可能。さらには、電子バーコード方式と同じく、マイページを使った後払い決済が可能です。 商品代金は株式会社キャッチボールが100%保証。購入者さまの利便性だけでなく、事業者さまにとっても安心・便利な決済サービスです。 ■マルチ決済のメリット 〈カゴ落ちを防ぐ〉  ECサイトでのカゴ落ち率は、一般的におよそ7割発生し、これは売上の約2.5倍もの機会損失になるといわれています(※1)。そのため、「届いてから払い」の豊富な決済手段は、カゴ落ち防止対策になります。 〈購入者さまのメリット〉  商品が届いてからお支払いできるため、安心してお買い物していただけます。また、購入者さまの好きな方法で好きな場所でお支払いできます。 ※1:出典:Baymard Institute 2023「48 Cart Abandonment Rate Statistics 2023」  (URL:https://baymard.com/lists/cart-abandonment-rate) 続きを読む