“爆買い”の次は“越境EC”が熱い。eBay Japanが越境ECを調査

ECのミカタ編集部

 イーベイ・ジャパン株式会社(以下「イーベイ・ジャパン」)は、世界最大規模のマーケットプレイス「eBay」への出店を通じて販路拡大を目指す日本企業をサポートしている。

 同社は、「国内のEC出店者におけるECの海外展開(以下:越境EC)意向」に関する調査を、ECサイト出店に業務として携わっている全国20~59歳の男女412人を対象にアンケートを実施した。

 アンケートの結果、「出店意向の継続的な増加および、越境ECに対する抵抗度の低下」「越境EC非出店者と出店者間での使用ECサイト数の大きな違い」などが明らかになり、「越境ECサイト決定基準および、ECサイト選択基準」の調査結果から、知名度の高さ、利用者の多さを出店サイト選定のポイントとして重要視している事が判明した。

越境EC出店の意向度が大幅に上昇

 越境EC出店の意向度は2014年51.4%、2015年55.5%と横ばいであったが、2016年は67.2%と大幅に向上している。
 約7割のEC取り扱い企業関係者が越境ECに対して前向きに検討しており、「出店してみたい」と意向度が特に高い層の増加が見受けられた。

越境ECへの抵抗度は減少傾向

 今回の調査結果によると、全体的に日本国内の「越境ECへの抵抗度」は前年より5.2%減となっており、越境ECの浸透が進んでいる事が見受けられた。
 大手企業でも越境ECへの抵抗度が連年減少傾向にあり、海外進出に寛容になっている傾向が推測される。

日本における越境ECの利用状況

 世界32か国28,000人の消費者を対象にした別調査で、ECにおける消費者の支出額を国別でみたとき、日本は、アメリカ、中国に次ぎ3位であった。
 しかし、各国の消費者の過去一年のEC利用における、国内・越境ECそれぞれの占める割合を見ると日本は越境ECが世界で最も進んでいない国の一つとなっており、「越境ECのみを利用した」と答えた消費者は0%であった。
 ECの利用率の高さに対し、越境ECの利用が明らかに低いのが今の日本の特徴であると言える。

越境ECの賛否と越境ECサイト選びの基準

 越境ECに対して「抵抗を感じている」と回答した主な理由が「言語や文化、常識の違いによるトラブルやコミュニケーションへの不安」「国内と比べ、取引や輸送などに時間が掛かること」「取引相手、輸送などへの信頼がないこと」「保障制度が充実していないイメージがある」「詐欺被害や情報漏洩への恐れ」などの、言語・文化の壁や、時間・距離によるデメリット、国外に対する信頼の無さが大きく影響している。

 これに対し、「抵抗を感じない」と回答した主な理由は「トラブルのサポートがされていると聞いている」「実際に取引していてセキュリティなどに問題を感じない」「システムやサポートが整った所があれば発展の見込みがある」「越境EC事業者向けの支援サービスが活況を呈してきているため」「社内に国際関連部署があり言語の不安が無い」「既に海外貿易を行っており、その延長線上の感覚」であった。

 サポートへの期待や社内環境が整っていること、取引経験による信頼などが抵抗を感じさせない理由となっている。

 他にも、越境ECに対して抵抗を感じない理由として、「インターネットの特性を活かしたいから」「グローバルな時代に合わせていきたい」「良質な日本製品は、海外で需要があると考えられるため」などがある。
環境や時代へ適応したいという意識や日本製品の自信が越境ECへの抵抗を軽減している。

 また、越境EC出店者は「ユーザーとして利用した事があること」「知名度が高いこと」「信頼性が高いこと」を出店する越境ECサイトを決める基準としている。

 今回アンケートを行ったeBayに対するブランドイメージは「知名度が高い」「利用者が多い」「ユーザーとして利用した事がある」という結果となっており、越境ECサイト出店において重要視されているポイントをeBayが抑えていることがわかる。

越境EC出店者の傾向

 越境EC出店者が利用しているECサイト数は「5サイト以内」が56.3%、「12サイト」が14.6%、「16サイト」6.8%であった。

 越境EC非出店者の91.9%が「5サイト以内」と回答したのに対して、越境EC出店者は多数のサイトを同時運営している現状が明らかになった。

 越境EC出店者は挑戦的また効率的に商品の販売を実施していると考えられる。

 今回のアンケートから、出店意向の継続的な増加および、越境ECに対する抵抗度の低下、越境EC非出店者と出店者間での使用ECサイト数の大きな違いがあることが判明したとともに、今後は「取引や輸送の保障」「複数サイトの一元管理ツール」などの越境EC事業者向けの支援サービスの需要が高まると考えられる。

 全世界で見てもECが非常に発展している日本であるからこそ、国内だけでなく国外にも進出し、世界のECを牽引していく存在になりたい。

これからの越境ECとそれを支援する企業の発展に期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録