売れるネット広告つくーる 包括的サポートで台湾越境に進出

ECのミカタ編集部

売れるネット広告社(本社:福岡県福岡市)は、初めての海外展開サービスとして“台湾越境版”「売れるネット広告つくーる」の提供を開始したと発表。今回の提供を機に、台湾越境ECにチャレンジする通販会社を包括的にサポートする体制を整えたという。

 近年、台湾のECにおけるBtoC市場は右肩上がりで拡大しており、2015年では前年比116%の成長率である約2.3兆円の市場規模を記録しているという。これは、シンガポールやマレーシアなど他の東南アジア諸国を大きく引き離す圧倒的規模だ。

 さらに今後も引き続き拡大の見通しとなっており、5年後の2020年には、現在の1.6倍である3.8兆円にまで達すると予測されている。アジア諸国の中では最も将来性のあるEC市場だと見込んで、今回「売れるネット広告つくーる」の台湾進出を決めたとしている。

台湾越境版独自の機能も。「売れるネット広告つくーる」の主要機能

1.「申込フォーム一体型ランディングページ」の提供
 商品購入までの遷移を短くするために、ランディングページからショッピングサイトのカートにつなぐ構造をやめ、ランディングページと「申込フォーム」を“一体型”にした。ランディングページの中に申込フォームを設置して、購入者がこれに記入したら“申込確認画面”、その次に“注文完了ページ”、というシンプルな構造にすることで、たった“3つ”のページ遷移で商品を購入できるようになり、“カゴ落ち”を防ぐ事で劇的にランディングページのコンバージョン率が上がるとしている。

2.「確認画面でアップセル(R)」機能
 「確認画面でアップセル(R)」とは、申込確認画面で上位商材のオファーを出して、購入者に定期購入や本商品を促すという売れるネット広告社が一番強みとしている“最強の売れるノウハウ”の施策の1つ。一番効果的なアップセルオファーのタイミングは購入者が申込フォームを記入した後、つまりは申込確認画面だという。面倒なフォームを記入して申込確認画面まで辿り着いた購入者に、ここぞというタイミングでアップセルオファーを出すことで高いアップセル率を誇っている。

3.ワンクリックで申込みが可能となる「フォローSMS(R)/MMS」を搭載
 台湾越境版独自の新たな機能として、「フォローSMS(R)/MMS」機能を搭載した。台湾はメールよりも、携帯番号でやり取りを行うSMS/MMSの文化が強く根付いていると言われている。この機能により、台湾の見込み客をとりこぼすことなく効率の良いCRM活動を行うことが可能になるという。

包括的なサポートで安心の台湾越境ECサイト運営を

 他にも“台湾越境版”「売れるネット広告つくーる」では、ランディングページのフォーム部分など台湾語表記にすることはもちろんのこと、台湾現地からの決済にも対応している。現在は、“クレジットカード”と“後払い”の決済サービスを利用できるという。

 また、台湾現地の慣例に沿った効果的なランディングページの制作と、台湾メディアでの広告運用も包括的にサポートしてくれる。顧客対応に関しても台湾現地のパートナーと連携しているので、台湾ECに精通したローカルスタッフが高精度な顧客対応を実現してくれる。

 商品内容の問い合わせだけでなく、支払い方法や発送状況の確認など、幅広い問い合わせに対応ができる。また、日本国内の通販会社とのやり取りは日本語にて行うことが可能なので、安心して台湾越境EC展開を行うことができるとしている。

 台湾は、街中やドラッグストアなどの店頭に日本製の商品が溢れているほどの親日国家でもあり、EC市場の成長も十分に見込める。今回発表のあった“台湾越境版”「売れるネット広告つくーる」はかなり手厚いサポート内容となっているので、これから台湾進出を考えているEC事業者はチェックしておいて損は無いだろう。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。