『SNAPBOARD』でアパレルブランドのコーディネートサイトをオムニチャネル化

ECのミカタ編集部

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区)は、独自の集客向上サービス『SNAPBOARD(スナップボード)』から、株式会社オーセンティック(本社:東京都渋谷区)のアパレルブランド「CUBE SUGAR」のコーディネートサイトを新しくリリースした。このコーディネートサイトはSNAPBOARD初のオムニチャネル対応となっている。

 「SNAPBOARD」はECサイトやホームページの集客に欠かせない店舗スタッフのコーディネートスナップを「投稿しやすく、管理しやすく、評価しやすく」するマーケティングサービスだ。

 「SNAPBOARD」を使うと、販売員ごとにECサイトへの送客数や、送客後の販売額を把握できるため、販売員のモチベーション向上につなげることができる。これまでの実店舗とECサイトが競い合う関係から、実店舗とECサイトが協力して集客・販売を高める好循環を実現してくれるのだ。

 また、販売員のECサイト上での露出が増えることから、販売員のファンが販売員目的に実店舗に来ることにもつながる。実店舗とECサイトの垣根を越えたオムニチャネル化を、販売員のマインドを変えながら進めることができるツールだと言える。

AMS社の「PRAMS」と連携することで可能になったネットとリアルの相互集客

 そうした強みを持っている「SNAPBOARD」が進化するために連携をしたのがAMS社のオムニチャネルプラットフォーム「PRAMS」だ。この連携によってネットとリアルの相互集客が可能になり「SNAPBOARD」のオムニチャネル化を実現したというわけだ。

 そして「SNAPBOARD」のオムニチャネル化の第一弾としてアパレルブランド「CUBE SUGAR」のコーディネートサイトが新しくリリースされた。常に先端のファッションを意識する販売員のコーディネートスナップが閲覧できるようになっただけでなく、自分好みのコーディネートを見てECサイトで購入したり、店舗で実際の商品に触れるといった流れを生み出すことに成功している。

「SNAPBOARD」がオムニチャネルに対応することで拡がる「良い循環」

 スタッフとユーザーのコミュニケーションの場としても有効である上に、ECサイトへの送客数や、送客後の販売額を把握できるため、店舗としても管理しやすく、評価しやすいツールに仕上がっている。

 いま、世の中の流れがどうなっていて、現場ではどういう問題や課題があって、それをどのように解決に導くか。それを具現化したような画期的なツールだ。事業者・スタッフ・消費者それぞれがしっかりとメリットを感じることができるシステムになっていて、良い循環が生まれている。これは多くのアパレル事業者に取り入れてみてもらいたいツールだなと感じた。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録